ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫山形

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

フクロを介護のお風呂サービスに送りだし、麺活して東京に帰ります。レンタカーは午後1時まで。あまり時間がありません。
というわけで、まずは近場の「麺場 くうが?」さんへ。
2017年の7月にオープン。寒河江本店には行ったことがありますはこちら山形店は初めて。



イメージ 2

イメージ 3

エソにぼし醤油 650円

こちらのお店は「エソ煮干し」が売り。
エソはカマボコなどの錬り製品に使用される小魚。このエソ煮干しやノドグロの煮干しを使用し、牛骨と合わせたWスープが優しく深く美味い!
煮干しのうま味、甘味が感じられます。
麺はデフォで200gの太麺。細麺にも代えられます。
モチモチの歯応えの麺がけっこうボリューミー(^^)。
分厚いチャーシューが2枚も乗って、これで650円!
コストパフォーマンスも優れてます。
11時半を過ぎると近隣のサラリーマンやカップル等、客が入ってきてほとんど満席になりました。
人気店ですねぇ♪
美味しくいただいてごちそうさまでした。

もう1軒、行けるかな(^^v

この記事に

水車生そば@天童

イメージ 1

イメージ 2

山形へ帰省。
お袋を病院に連れて行ったりネームの直しをしたりして、翌日妻と山形駅で合流。
そのまま天童の「水車生そば」さんへ向かいました。
妻の希望です(^^)
僕は5年ぶり、妻は初めてになります。

なんと創業が文久元年(1861年)というから驚きです。
山形のご当地ラーメンの一つ「鳥中華」発祥のお店といわれています。




イメージ 3
イメージ 4

鳥中華 700円 + 大盛り 100円

久々の鳥中華、こんなに美味かったっけ(^^)。
初めての妻も美味いと感激しています。
優しい甘味に天かすがコクを添えます。
プリプリの中華麺にスープがよくからみますねぇ♪



イメージ 5

イメージ 6

それと「寒中引き抜きそば」730円もいただきます。
2月一杯までの限定。
なんと将軍家献上品なのだそう。
モチッとした独特のコシ、もちろん蕎麦粉100%。
汁も江戸前とは違うたまりっぽい柔らかい味。
これまた美味いです!
広い店内はほぼ満席、美味しくいただいてごちそうさまでした。

この記事に

中華そば 一休@仙台

イメージ 1

楽しい仙台の夜を過ごして翌日、ホテルのチェックアウトを済まして新幹線に乗る前のランチです、
ラーメン好きの夫婦ですのでもちろん美味しいラーメン屋さんを物色します。
美味しいラーメンはもちろんなのですが、仙台に来たからにはやはり仙台らしいラーメンが食べたいというのが人情。
ところが「仙台ラーメン」というご当地ラーメンは存在しません。
はて、仙台のラーメンって…?
昨今のラーメンブームに乗って仙台でもラーメン店は大流行。レベルの高い美味しいラーメン店は健在するのですが、しかし、それは全て東京でも食べられるものばかり。というか、東京で流行ったので仙台でも流行るだろうという風にも見えます。
仙台も大都会ですからそれなりのパイはありますからねぇ。

で、色々探してみると意外と味噌ラーメンを出すお店が多いことに気づきます。なるほど「仙台味噌」か!
江戸時代仙台藩の武家屋敷でもわざわざ仙台から味噌を取り寄せていたという仙台味噌。それを使った味噌ラーメン、ありました。
仙台に来るまでそのお店が候補に上がっていたのですが、見つけてしまいました。ものすごく仙台らしいラーメンを(^^)。

というわけでやってまいりました「中華そば 一休」さん。
仙台駅から徒歩約15分、榴ヶ岡駅から徒歩2分です。
荷物をガラガラ引いてやってまいりました(笑)。
ラーメン王山本氏の色紙発見♪


イメージ 2

まずは妻が頼んだ「塩中華そば」値段失念。700円くらい(^^)。



イメージ 3

イメージ 4

そして僕が頼んだ「せり中華そば(醤油)」値段失念。800円?900円?
仙台発の名物といえば「牛たん」に「ずんだ」。そして「せり鍋」。
その「せり」を使ったラーメンを発見してしまいました。しかも冬限定。1年中食べられる仙台味噌ラーメンはまた次の機会にして、今回はせり中華です(^^)。



イメージ 5

醤油味のスープがせりの食感と風味を際立てます。
やはり「根っこ」の甘味旨味がたまりませんね。
厨房を見ると女性スタッフが大量のせりを洗っています。根は歯ブラシで傷つけないよう丁寧に洗っています。妻が「なるほどー」と感心しきり。
また麺が細くしなやか。前日食べた「みずさわ屋」までとはいきませんが長さもほどほど。この高加水の細く長くしなやかな麺を仙台ラーメンとして特徴付けしちゃえばいいのにね(^^)。

妻の頼んだ塩もこれまた絶品。柔らかい旨味が口の中に広がります。こちらも絶品です。
美味しくいただいてごちそうさまでした。
ガラガラ引いて仙台駅に戻ります(^^)。

東京に帰って原稿だー!

この記事に

居酒屋おかん@仙台

「中華そば みずさわ屋」をあとにして仙台市内の宿に向かいます。
昔は山形から仙台市内に入るときは国道48号線、いわゆる作並街道を東進し仙台市内を一望しながら広瀬川を迂回し八幡町から中心部に入って行ったものです。
ところが今は青葉山トンネル一本で、あっという間に仙台駅前に着いてしまいます(^^)。
車を返しホテルにチェックインしてしばし仙台駅前を散策。
通ってた東北文理という予備校は河合塾になってるのかな。
勾当台公園から三越、一番町を通ってホテル方向へ。ダイエーはイオンになっているのですね。
妻が働いてる頃、出張で仙台にきたとき先輩とここのダイエーでサクランボを大量に買ってホテルで食べた思い出があるそうです(^^)。安くて感激したのだそう。


イメージ 1

いい腹ごなしができたので夕食に出掛けます。妻が予約した居酒屋さん「おかん」です。
仙台なのになぜ「おかん」(笑)。店員さんが男性ばかりなのに「おかん」。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

仙台名物の「セリ鍋」もあったのですが、昼に食べた油揚げとラーメンがまだ腹に残っていて食べられそうにありません。
そこでチマチマと一品料理の肴をいただきます。

石巻で上がったお魚の刺身や金華さばも美味しかったのですが、特に美味しかったのが「セリのおひたし」。
葉や茎の食感を楽しんで、さらに根っこがまた旨い(^^)。
お腹一杯になってごちそうさまでした。

呑み足りなかったので、もう一軒行きますか、妻よ。

この記事に

イメージ 1

国道48号線を仙台にむかってひた走り、旧道に逸れて仙山線陸前落合駅前を右折。しばらく進むと右側に行列が見えてきます。
「中華そば みずさわ屋」さんです。
宮城県のラーメン本を眺めて、夫婦二人で食べたい!と意気投合したラーメン店です。
それだけラーメンの画に訴求力があったのです(笑)。



イメージ 2

並んでる間に店員さんが注文を取りにきます。
来る前にすでにネットで調べていた妻が(笑)ぼくに助言をくれます。ランチセットがお得なようです。
手慣れた店員さんの手で行列がさばかれ、あっという間に店内に案内されました。



イメージ 3

イメージ 4

妻が頼んだ 中華そば の「ランチセット750円」。
「バター肉ご飯 小」と「中華そば」 です。
このなみなみと盛られた麺とスープ、そそりますねえ(笑)。
山形のラーメンシーンに通じるところがあります。




イメージ 5

長〜〜〜〜い!
後ろにピントが合ってしまったのはご愛嬌(^^;
加水高めの細ストレート麺は柔らか目。
この麺に少々甘めの魚介が優しく効いたスープがよく絡む。
ずずずずーっと啜っても啜っても終わりが無い(笑)。

バター肉ご飯もボリュームたっぷり。二人で分けてちょうどいいくらい。チャーシューもゴロゴロ入ってバターの風味が食欲をそそります。




イメージ 6

イメージ 7

こちらがぼくがオーダーした「柔らかバラ肉そば 900円」。
ド迫力の面構え(^^)。
超分厚いトロトロのバラ肉チャーシューが5枚?6枚?
口の中でトロリと溶けます。旨い!
妻が1枚手伝ってくれたおかげで食べ切れました。
しかし、この長い細麺は旨いですねー!
自家製麺なのだそう。
お腹一杯になってごちそうさまでした。

さあ、仙台市内へ入ります。


この記事に

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事