ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫’09ベトナム旅行記

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

さよならベトナム

2009年4月12日(日)最終日

「チェー」というベトナムの食べ物。
ガイドブックによると、
寒天やフルーツ、緑豆、ハスの実など色取り取りの具材の入った
あんみつ風のスイーツとのことだそうです。

チェーを求めて街中をさまよい、
かみさんが予約したエステ&マッサージのお迎えまで30分。

最後の最後、期待を込めて
怪しげなビルの上階の喫茶店風のお店にも聞き込みに入りますが、
ありません。

結局、「チェー」はお目にかかることも食べることもできませんでした^^;。


街中の人に聞いた反応をみると、
ガイドブックで紹介されてるほど一般的な食べ物ではないのかもしれません。
そんな印象を受けました。





結局昼食を取ることも出来ずにエステのお店へ。

予約したのは「デップマイ・エステティック&スパ」という
日本人の女性がマネージャーをしているお店。
無料送迎が嬉しいです♪


ホテルのチェックアウトから飛行機の搭乗まで時間があるので、
エステで時間を過ごす日本人観光客は多いのではないかと推察されます。


我々も3時間半のコース、
夫婦二人並んで施術してもらいました。


僕はもちろん生まれて初めての体験。

あまりの気持ちよさに、
施術10分後にはイビキをかいてました^^;。


コースが終了して冷たいシントーで一服♪
「シントー」とは果汁にコンデンスミルクと氷を入れたジュース。
とても甘くて美味しいです♪


施術してくれたベトナム人女性スタッフにチップを渡そうとするんですが、
なかなかそろわず、
日本人女性マネージャーがスタッフを呼びに右往左往。


そのときチーフ格のベトナム人女性が英語でまくし立ててきました。

「私達は日本の習慣に慣れてないので、失礼があったら申し訳ありません」
みたいなことを言ってたと思います^^;。

スタッフを集めてくださいと言ったところから勘違いされたようです^^。

「違う、違う」と言って、
スタッフ達にチップを渡して退散です^^。


とても気持ちよかったですよー!





夕食は夫婦で相談したうえ、
ホテルの隣りのフレンチ「ル・メコン」へ。
ガイドブックによると1989年創業の老舗で、
素材を生かした料理が自慢だそうです。
イメージ 1

エステでサッパリしたので、
遠出して汗をかくのも嫌だったし、
フランス統治下の影響のフランス料理にも興味あったのでこちらへ。




絶品のフランスパン♪
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



店内では生演奏も♪
日本の曲も演奏してくれました^^。
イメージ 5




                     お口直しのシャーベット♪
イメージ 6


メインの牛テールの煮込み^^
よく見えませんが、かみさんは大好きなエビ^^。 
イメージ 7


デザート♪
イメージ 8





美味しいフレンチでした^^。

帰国後分かったのですが、
このお店での食事がベトナムで一番高価だったようです^^;。



           食後はホテルの右隣りのザンジバーで一杯。
イメージ 9




午後9時10分、お迎えがホテルへ来ました。

空港へ。
搭乗手続きを済ませていよいよ帰国です^^。


        空港内待合室。
        10分後の出発の韓国行きの乗客と同じ待合室です。
イメージ 10





2009年4月13日(月)朝 無事成田到着 ^^
ちょっとご機嫌斜めになったときもあったけど、
楽しいベトナム(ホイアン・ホーチミン)の旅でした♪


さあ!かみさん、次はどこ行こうか♪

この記事に

ベトナム旅行最終日

2009年4月12日(日)最終日

どんな辛いこと楽しいことにも、
やはり最後ということはあるのですね。

ホーチミンの夜を迷走した翌日、
楽しかったベトナムの旅も最後の日を向かえてしまいました^^;。

ホテルでの朝食。
たいしたもん食べてないですね^^;。
フォーには飽きてしまったのか?
イメージ 1




部屋に戻って荷造りの準備。
チェックアウトは12時ですが、
ホテルへの迎えは午後9時10分、
フライト時刻は午前0時10分。
チェックアウトから随分時間があります。

あまりにも時間があるので、
かみさんがエステ&マッサージのお店に予約を入れます^^。
イメージ 2





チェックアウトまで時間があったのでホテルの近所を軽く散策。

こちらのお店はモーブというブティックなのですが、
ツアー会社にもらったサービス券を持っていくと
お茶かコーヒーと換えてもらえるというので寄ってみました。

何故ブティックが…?と思ったのですが、
店内を物色してたかみさんはワンピースを購入^^;。
お店の狙い通りですね^^。
他にも同様な日本人客がいました。
日本人女性のデザインによる商品が並んでるようです^^。
イメージ 3

実はベトナムの食べ物で我々夫婦が興味を抱いていた
「チェー」というあんみつ風の食べ物が未食だったので、
これのおススメの店はないかお店のスタッフに聞いてみたのですが、
要領を得ません^^。




お店を出てメーリン広場へ。
このサイゴン川を見下ろす銅像は
チャン・フン・ダオという元を破った英雄だそうです。
イメージ 4





ホテルへ戻ってチェックアウトです。
このときも「チェー」の美味しい店を聞きましたが、
こちらでは地図を指してちゃんと教えてくれました^^。


そのあとは国営百貨店でお土産の物色です。
チリソースやインスタントのフォー、アロマ蝋燭とかを購入し、
ホテルのチェックアウト時に教えてもらった「チェー」のお店に向かいます。


いよいよチェーとのご対面♪

と思ってお店に行きますが、着いたところには「両替」のお店が…?。
間違えたかと近辺を探し回ってもありません^^;。


もしや…

「チェー」と「チェンジ」を間違えられた!?

いや、間違いなくそのようです。


試しに「両替」のお店に行って「チェーはある?」と聞くと、
「ここだよ、チェンジOK!」と言うので
ガイドブックのチェーの写真を見せて「違う違う、チェー」と言うと
やっぱりありません^^;。


さあ、ここから夫婦二人で「チェー難民」です♪
チェーを捜し求めてあっちウロウロ、こっちウロウロ…

喫茶店のようなお店にも入って聞いてみたんですが、
やっぱりありません^^;。


ガイドブックを見ると、
街のいたるところにチェーの屋台があるような錯覚を覚えてしまいますが、
まるで見当たりません><




ああっ、チェーが食べたい!

でも見つからない!

予約してたエステ&マッサージの時間が迫ってくる!



我々は「チェー」が食べられるのでしょうか?

この記事に

2009年4月11日(土)ディナー

夕方ホテルで仮眠を取ってる間、
スコールがあったようです。
そういえばホテルに戻る頃、空がゴロゴロ鳴ってました。


ホーチミンを中心としたベトナム南部は
5月頃まで乾季なのですが、
Belltreeさんによると、
地元の人が言うには一足早く4月下旬頃には雨季に入ってしまったのではないか
ということです。

レストランに向かう途中、
市民劇場や人民委員会庁舎が見事にライトアップされてます。
奇麗ですねー^^。
ここでもウェディングドレス姿の花嫁さんがカメラを前にポーズをとってました^^。
イメージ 1

イメージ 2



方向感覚には自信があるので、
レストランまで歩きます^^。
15〜20分くらいですか、
一本裏道に入ると薄暗いので不安になりますが、
それでもちゃんと到着です♪
ベトナム海鮮料理のレストラン「ソングー」。
イメージ 3




ホーチミン到着時、
車でホテルまで送ってくれた現地ガイドさんに
美味しい店を訪ねたところ出て来た名前が「ソングー」でした。
迷わずディナーはここにしようと決めました^^。
お店のスタッフが撮ってくれた一枚です♪
イメージ 4




手長海老のニンニク蒸し
イメージ 5


ソフトシェルの蟹の揚げ物と
蟹の爪の揚げ物
イメージ 6


蟹肉とホワイトアスパラガスのスープ
イメージ 7


海鮮やきそば
イメージ 8

どれも目茶美味いです♪
とくにソフトシェルの蟹の揚げ物にかみさん感激です。



こんなベトナム音楽の生演奏があり、
雰囲気タップリの中でいただく料理は格別でした。
イメージ 9



お腹一杯になり、
夕涼みがてら帰りも歩きます^^。
デザートは「ファニー」という人気のカフェを目指します。



ところが、
ここからハプニング^^;。







道は簡単。
お店から赤い矢印の方向へ進むだけです。
イメージ 10



この大きい交差点で、
歩いてきた歩道を反対側に渡り、
道一本をさらに渡ってベンタイン市場方向へ左折したはずなんです!
イメージ 12




なぜか出てしまったのが赤い○印の場所。
イメージ 11



なにをとち狂ったのか、
結局、赤い矢印のように迷走です><。
イメージ 13



これを読んでくれてるみなさんにとっては
どうでもいいようなことですが、
方向感覚に自信があって
海外の初めての街でも歩くことができるのが数少ない自慢の一つの僕にとって、
これは由々しき問題です(笑)。

何度地図を見ても納得いかないんです><。
間違えた理由が分からない!

酔っ払ってたのは間違いないんですが、
ベトナムのたぬきかきつねにばかされたとしか思えません。



それでも、道を尋ねるとベトナムのみなさんは親切に接してくれました。

いつもは僕を信用しきって後をついて来るかみさんが、
2の場所では店の売上げを数えてる強面のおじさんに道を聞いたりしてました^^;。

思いがけない1時間の夜のホーチミン散歩でした^^;。





このあと無事「ファニー」へ。
イメージ 14



人気のシクロのアイス
イメージ 15

イメージ 16

こちらはツアー会社から無料のサービス券を貰ってたので、
すべてただです♪


さあ、いよいよ明日はベトナム旅行の最終日です。

この記事に

フォーとバインミー

ベンタイン市場でTシャツの買い物の場面です。

手前のお姉さん、
最初言ってきた値段が高いので、
別の店(ホイアンの売店)では$3だったよと交渉。
日本語で
「チガーウ、チガーウ、シシユウ、シシユウ!」
と連呼されます^^。
刺繍が施してあるから高いんだと言ってるんです^^。
イメージ 1





















僕の右手をつかんで電卓のボタンを押させようとする様子が面白くて、
かみさんが撮影したものです^^。
結局こちらの言った$3で交渉成立でした^^。
4枚くらい買ったかな?

そのあともアシスタントのお土産のポーチを買ったりで、
けっこう楽しい時間を過ごしました。





イメージ 8





お昼は市場の近くにあった
チェーン展開しているこちらの店でフォーを食べました。
イメージ 2



エアコンが効いて清潔でホッとします^^。
本当は外の屋台のお店で食べてみたいんですが、
この気温と湿気、それに食器を洗ってる水などの衛生面を考えると
ここになってしまいました^^;。
イメージ 3



ここでも香草類は別皿でした。
ホント美味しいです♪
朝昼とこの日2食目のフォー^^。
イメージ 4



ある程度食べたら、
この麩のようなものをスープに浸していただくのが流行ってるようです。
これもまた美味♪
イメージ 5


イメージ 6食後のデザート、フレッシュジュース♪
生き返りますねー^^。
元気が出たので、
もう少し歩きますか。

























ホーチミン市内を歩いてると、
バイクに乗ったおじさんが
「オパピー、オパピー!」
とにこやかに声をかけてきます^^;。

無視してるとこれまた
「ナンデヤネン、ナンデヤネン」
思わずかみさんと苦笑い^^;。

誰に教わったんだ(笑)。下の写真とは関係ありませんので、念のため^^。
イメージ 7






ベンタイン市場の前に立ってた銅像。
イメージ 9




こちらは「ターバインミーティット」というバインミーのお店。
ガイドブックによると、
自家製パンが自慢とか。
ここでバインミーと蒸しチマキを買って一旦ホテルに戻ります。
イメージ 10

これまたガイドブックの地図表示が間違ってました^^;。
地図に表示されてる場所はガソリンスタンドで、
結局、近くにいる人に教えてもらいました。



帰り道、人民委員会庁舎。
せっかくフォーのお店で引っ込んだ汗でしたが、
このころは再び汗だくになってしまいました^^;。
イメージ 11





テレビドラマの撮影現場に遭遇^^。
地元の人達や観光客の注目を浴びてました。
近づいてカメラを向けると、
アシスタントディレクターのような人に撮らないでくださいと^^;。
イメージ 12




しょうがないので拡大してみました。
どの人が女優なんでしょうか?
ヘルメットの女性でしょうかね^^。
イメージ 13




ホテルの部屋で一休み。
イメージ 14



買ってきたバインミーで腹ごしらえ^^。
はっきり言って、目茶目茶美味しいです♪
分厚いチャーシューがたまりません♪
確か22,000VDN、約121円^^。
イメージ 15
イメージ 16



こちらは豚挽肉等の具を米粉で包んで蒸しあげたチマキ♪
プルンプルンでこれも美味しいです。
ビールのいいおつまみです♪
こちらは5,000VDN 約34円なり^^。
本当にベトナムは食べ物が美味しいです。
イメージ 17






シャワーを浴びて夕食に備えて一眠りです。
ここのホテルのシャワーは太陽エネルギーだそうです^^。
そんなこと書いてありますね。
イメージ 18

この記事に

開くトラックバック(1)

2009年4月11日(土)

ホテルでの朝食も済んで、
意気揚々とホーチミン市内の散策に出掛けます^^。

サイゴンホテルのはす向かいのシェラトンホテルの威容を右手に見ながら、
ドンコイ通りを進むと現れるのが「市民劇場」です。
イメージ 1




そこで左に折れレロイ通りを道なりにテクテク^^。
噂どおりのバイクの数と警笛の騒音!
そんなにプップー鳴らす必要があるのか!というくらい鳴らしまくってますねー^^;。
イメージ 2





最初の目的地、サイゴン・センター・ビル。
イメージ 3





サイゴン・センター・ビルの2階にある「キュー・ホーム」という食器専門店。
イメージ 4

イメージ 5
かみさんがここで食器を欲しがってました。
ベトナム人に人気のブランドだそうです。

しかし、店員の態度悪いねー。
ふてくされたような態度で梱包です^^;。
日本じゃ考えられませんな。







こちらが買ったお茶碗^^。
受け皿とのセットなんですが、
とりあえず茶碗だけパチリ。
シンプルなデザインで使い勝手もいいです。
イメージ 6





















イメージ 7

こちらは同じ2階にあったアロマ関係のお店。
カイコの照明、すごいでしょ^^。
思わず撮影してしましました♪


このお店はタイからのお店で、
石鹸を買いました^^。
イメージ 8





サイゴン・センター・ビルを出て、
次の目的地ベンタイン市場に向かってるときです。

「私あなた達の泊まってるホテルでレセプションしています。
 ホテルであなた達見かけましたよ」
と、流暢な日本語で話しかけられました。

ホテルの名前を言わなかったので怪しいなと思っていたのですが、
すぐ「ここもサイゴンホテル関係の施設ですよ」
と、ある建築中の建物を指してホテルの名を出すので安心して信用しました。

ホテルからサイゴン・センター・ビルを経ているので、
あとをつけられたという可能性も少ないし。

ちょうど仕事明けでベンタイン市場でお茶を飲んで帰るところだと言います。

「ベトナムの女性、スマートでしょ?
 あれは蓮のお茶を飲んでるからですよ」
との言葉にかみさん反応♪
市場を案内してくれると言います。

ベンタイン市場です。
この辺はスリや引ったくりが多いので気をつけてください、とのこと。
イメージ 9




市場内。
モザイクのおじさんが声をかけてきたベトナム人です。
イメージ 10




鮮魚売り場などを一通り案内してもらいました^^。
イメージ 11





こちらが彼が美味しいというお茶屋さん。
「LOTUS TEA」というのが蓮のお茶。
イメージ 12







ここでお茶を買ったあと、
「Tシャツなどはいくらでも値引きしますから、頑張ってください。
 私は日本語の試験があるので帰ってから勉強です。
 日本語が出来ると給料が上がるんです」
と、勉強したノートを見せてくれて去って行きました^^。



このあとかみさんに、
ホテルの名前言わなかったのに
サイゴンホテルって知ってたから信用したことを告げると、

かみさん、「あたし言ったかも…」。
なにー?
いつ?
「私あなた達のホテルでレセプションしています。
 ホテルであなた達見かけましたよ」
と言われた時、「サイゴンホテルの?」って言った…。

「えー?オレ、全然気付かなかったよー」

結局、お茶を買ったぐらいで被害と言うほどのものは無いんですが、
それって、
「もしもし、オレオレ」
「ああ、ひろし?」
「そう、ひろしだけど…」の
オレオレ詐欺と一緒のパターンじゃないですかー^^;。

ただの日本語好きの親切なおじさんだったのかも知れませんが、
かみさん、大いに悔しがってました(笑)。

「あんな単純な手に引っ掛かるなんてー!不注意だったー!」



これがそのお茶屋で買った蓮のお茶とジャスミンティーです。
美味しく飲んでます^^。
イメージ 13


つづく

この記事に

開くトラックバック(1)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事