ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫墨田区のお店

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

12月に入って初めてのラーメンウォーキングです。
行列店を狙ってみました。
「真鯛らーめん 麺魚@錦糸町」さん初訪です。
開店時間の11時少し過ぎたころに到着。なんだ並びは3人かと安心してふと右側の公園に目をやると20人以上の大行列があるではないですか!(^^;
一瞬気をそがれましたが、気を取り直して参戦決意。一番後ろに並びます。およそ1時間10分ご入店できました。(^^)




イメージ 2

イメージ 3

真鯛らーめん 800円

鯛100%のスープ。
これが鯛の旨味か!?のようなはっきりとした味わいはありませんが、ジワリと滋味深さが伝わります。
細ストレート麺の加水は普通か?特に違和感はなくスープを持ち上げます。
低温調理のチャーシューも美味。





イメージ 4

イメージ 5

さらに鯛油そば 650円 の店内連食です(^^;
鯛の油そば興味ありますよねー。
こちらも「これが鯛だー!」という主張はありませんが旨味は十分に伝わります。麺のボリュームは油そばのほうがありますね。
ラーメンの残った汁を箸休めにしてガッツリいただきました。
ごちそうさまでした(^^)。

江戸時代に簡単に手に入る食材の酒粕とか鯛とかを使ったラーメンを食べ歩いてみました。

この記事に

開くトラックバック(0)

麺や 佐市@錦糸町

イメージ 1
 
「らーめん最前線」です。10月3日取材。
 
初めて墨田区のお店登場です(^^;
墨田区の書庫もなかったです(^^;
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
オーナーが「ラーメン発見伝」のファンで、参考書としても読んでいたと嬉しい言葉。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
海老ラーメン 880円
 
 
 
 
イメージ 4スープは甘海老の頭のスープと、鶏ベースのスープを別取りして合わせる。その味付けに使う塩ダレは桜海老がベース。風味づけに入れる特性オイルは甘海老を鶏油で煮出したもの。海老尽くしです♪
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
冷製・蟹トマト麺 880円
 
フレンチシェフだったという専務が経験を活かし、渡り蟹のビスクをベースに作られた「冷製・蟹トマト麺」。季節限定なので、今頃は牡蠣を素材に使った牡蠣ラーメンが出てるはずです(^^;。
 
 
 
 
イメージ 6
 
海老めし 380円
 
 
 
 
 
 
東京都墨田区錦糸町4−6−9
11:30〜14:30
17:00〜27:00
日祝11:30〜14:30
17:00〜23:00
月定休

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事