ここから本文です
銀平飯科帳外伝
原稿中はコメント返信やブログ訪問が滞ってしまいます。すいません><

書庫麺類人類

記事検索
検索

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

はせ川@喜多方

イメージ 1

イメージ 2

喜多方ラーメン2軒目です。(^^v
1軒目の「まこと食堂」は僕の推薦で行きましたが2軒目の「はせ川」さんは妻がネットで選んだお店。
狭い町なので「まこと食堂」から歩こうと思ってグーグルマップで確認すると30分以上歩くことになるようです。
慌てて車で移動。喜多方市の北西のはずれ、住宅地の中にポツンと佇んでおりました。駐車場が広いのがうれしい(^^)。
平日のお昼、こちらも行列です(^^;
県外ナンバーも多数駐車してますよ。
「はせ川」さんは店頭にテントが張ってあって寒さをしのげるようになってました。ノートに名前を書いて待つタイプ。こちらの方がバカみたいに行列しなくて済むのでいいですね。




イメージ 3

テントの中に写真付きのメニューがありました。
「醤油で1本を二つ」とお願いします。
基本がかけラーメンでトッピングのチャーシューを1本2本と数えるのも面白い。
1本に控えたのはもちろん3軒目を考えてのことです。(笑)



イメージ 7

15分ほどで店内へ案内されました。




イメージ 4

醤油かけらーめん550円+チャーシュー1本乗せ150円

あれ?チャーシューが1本半ありますよ。
デフォで半分乗るんですね。




イメージ 5

さすがチャーシューが自慢のお店だけあって、箸でちぎれるほどの柔らかさ!
加水率の高いムチムチの縮れ麺が旨い!
動物と魚介の奇跡のバランスのスープ。
こちらも醤油が主張することなく丸いコクを感じます。
こりゃまた旨いや(^^v



イメージ 6

ドンブリに楔形文字のような「長谷川」が現れました。ww
ペロリといただいてごちそうさまでした!


さて3軒目を目指すというときに妻に異変が(^^;
自分では貧血のような症状で手が震えて具合が悪くなりました。
あとで調べて分かったのですが「食後低血圧」という症状があって、食後胃に血液が集中して低血圧のような症状を起こすのだとか。
この日3杯食べるぞー!と意気込んて朝食を抜いた妻でしたが、それが裏目に出たようです。
「食べ歩きで複数杯食べるときは朝食はとった方がいいですよ、朝食を抜くと胃がビックリしてあまり食べられなくなります」と、昔ラーメン王の石神さんに教えられたことを思い出します。僕は少しですが朝食を入れてきました。ひと言注意しておけばよかったですね(^^)。
時間がたてば治るかもかも?と気になってた福島市のラーメン屋に行こうかとカーナビを設定すると…「…!?」
喜多方から福島までえらい遠回りの道順が出てきます。「はあ?郡山まで出て北上?」一般道で探すといったん米沢まで戻って福島への道しか出てきません。喜多方から福島まで国道の1本で行けそうなものだと思っていたのですが随分遠いんですね。
気力が萎えたので帰ることにしました(^^;

121号線を米沢に向かってると道端に猿発見(笑)。
2匹のつがいか?
蔵王でカモシカをみたことはあるのですが野生の猿は初めてです。
色々ありましたが楽しいドライブになりましたとさ(^^)。

この記事に

まこと食堂@喜多方

この度の帰省の最大イベントは喜多方訪問です(^^)。
ご存じ日本三大ご当地ラーメンといわれる札幌、博多と並ぶラーメン処です。
妻が喜多方ラーメンを喜多方で食べたことがないというので、僕が案内してあげることにしました。
これでも昔車で帰省する折り、行きか帰りに喜多方に寄ってラーメンを楽しんでいた時期があるのです。
喜多方ラーメンのお店が描き込んであるマップがあって、生意気にも訪れた日と星を付けていました。
20年くらい昔のことですが(^^)。



イメージ 1

さて、その拙い喜多方ラーメンの食べ歩きの記録と記憶ををもとに選んだお店が「まこと食堂」です。
山形の実家から車で約2時間で到着です。
開店時間は朝の7時半、到着が11時半前。目の前の駐車場は一杯で近所のツルハドラッグとコープの広い駐車場に駐車させてもらい入店。
空いたばかりのテーブル席へ案内されます。ラッキー。
接客のおばちゃんに厨房内で働いてるのも女性ですね。




イメージ 2

連食の予定だったので基本の中華そばをオーダー。
メニューですが、食堂というだけあってラーメン以外にもいろいろありますよ(^^)。
煮込みカツ丼というのは玉子で閉じたやつでしょうか。ソースカツ丼は最近メジャーになった乗せたカツにソースをかけただけのものだろうと想像がつきますが、「カツライス」というのが分かりません。どのようなものなのでしょう(^^)。
もしまた来る機会があれば注文してみようと思いました。




イメージ 3

茶の間で食べてるお客さんもいます(笑)。




イメージ 4

中華そば 650円 到着です。

チャーシューが3枚半乗ってます。
ちょっと得した気分。(^^v




イメージ 5

「モチモチの麺!旨い!旨い!」と妻が絶叫しながらすすりこんでます(^^)。
いわゆる喜多方ラーメンの特徴の一つである平打ち縮れ麺の太目の麺。確かにモッチモチです。のど越しは最高!
トンコツや鶏ガラの旨味に醤油の丸味が合わさったスープも旨い!
煮干しも効いてるのかな?僕の舌では断言できません。ww
でも美味しさは僕の記憶に間違いはありませんでした。
大満足でごちそうさまでした。

店を出るころには店の前に5〜6人の待ちが出来ていました。
平日のお昼ですよ、間近のゴールデンウィークにはどんなことになってしまうのでしょうね。
さあ、2軒目に向かいます。(^^v

この記事に

イメージ 1

東京ラーメンショー2015 の第1幕で2杯のラーメンを食べて満足していました。
そんなある日、FBのTLに仙台の五福星の早坂さんのこんなメッセージが流れたら行くしかないでしょ!(^^;
以下早坂さんの記事の抜粋。
すいません、借用させていただきました♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京・駒沢公園の『2015東京ラーメンショー』で行われる
『新人王グランプリ』のブース・・・やばいっす・・・!!

①今、日本のラーメン界をそこはかとなく動かしている方々がひれ伏してしまうような山形・庄内温海のらーめん『久太』の一番弟子・鈴木和久くんは2013東京ラーメンショーの新人王グランプリで優勝。その彼のらーめんが今回食べることが出来るのだ。

②しかーも!!
その時、惜しくも準優勝だった高橋 ぶー(良直)が今回タッグをくんでヘルプ!として入るのだ。(準優勝後、ご縁あって仙台・五福星(うーふーしん)に現在勤務中!)彼のドラえもんみたいな《ぷっにぷっに!》の手から作り出されるものは本当に美味しいものばかり!

③そう!ココが大事!!
しかもヘルプに入るメンツがスゴすぎ・・・。
まず・・・『飯田商店店主・飯田将太』
  『想〜SOU〜店主・北村光太』
彼らがヘルプってなんじゃ?
最強過ぎるヘルプでしょ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ってなわけで再び東京ラーメンショーへ突撃です(^^)。

この日、午前中なら時間が取れたのでまた早起きして出かけました。10時半過ぎに到着。平日(金曜日)の午前中、どのブースにも並びはありません。



イメージ 2

早速「新人王グランプリ」歴代優勝作品ラーメンのブースへ。
前にいるおばちゃんは山形の寒河江からわざわざ応援に来たのだそうです。



イメージ 3

いやがうえにも期待が高まりますねえ♪




イメージ 4

イメージ 5

ツルリとした歯触りの麺はシルクを練りこんでいるのだそう。
ナカガシラという魚の焼き干しの清湯スープ。
派手さはありませんが極上の一杯でした(^^)。
メンマもうまかったなあ…
さすがに優勝のラーメンでした。

さて、もう一杯いきますか(^^)。




イメージ 6

イメージ 7

どのラーメンを食べるか全く決めてこなかったのですが、そういや大阪のラーメンからしばらく遠ざかっているなあと思っていると「肉祭り」の文字が目に入ってきました。
しかもたこ焼きのトッピング!?
こりゃ食べるしかないでしょ(^^)。




イメージ 8

イメージ 9

なにわの黄金塩らーめん ~肉祭りバージョン~
サバ節、ウルメ節中心の魚介系に鶏と豚の肉汁スープを合わせた塩ラーメン。
プリッとした麺がおいしいが、なんといっても肉の量がハンパないっす(^^)。麺より多くない?(笑)
そして以外にスープが浸み込んだたこ焼きが合う!
面白くて満足した一杯でした(^^)/。

東京ラーメンショー2015は11月3日まで。
気が向いたらいかがでしょう♪

この記事に

イメージ 1

今年も「東京ラーメンショー」が駒沢公園で開催されました。
午前中に原稿渡して打ち合わせのはずが、他の作家さんのところで徹夜くらった担当氏から夕方の打ち合わせに変更してくださいとの連絡で時間がぽっかり空いたのでここです(^^)v
10時からの開催で11時前に到着。さすがにまだどのブースにも並びはありません。
今年は一杯850円になりました。




イメージ 2

イメージ 3

どのラーメンを食べようか全く決めてこなかったのですが、気になったのがこちら「秋田稲庭中華」。
七彩としながわと魂麺のコラボとか。
品川さんがラーメンを作ってました(^^)。
そういえば品川さんは秋田出身だったか。




イメージ 4

イメージ 5

セリ、煮たまご、チャーシュー全部乗せで+500円
100円のお得(^^)。
繊細なはずのルックスがセリのせいで台無しになってしまいました
(^^;。

醤油に鶏の旨味、少々トロミを感じるのはなめこのせいか。
つるりとしたのど越しのいい麺。間違いなくおいしい。
品川さんが作ってるのだからおいしいに決まってます(^^)。






イメージ 6

イメージ 7

もう一軒は山形の鶏中華のブース。





イメージ 8

イメージ 9

こちらもチャーシューと煮たまごのトッピング。
500円が350円になってたので迷わずお願いしました(^^)。
こちらのほうが鶏がガツンときますね。
元祖の鶏中華よりおいしいかも(^^;
こちらは山形県新庄市にある「新旬屋 麺」というお店の初出店。
ヤフーのラーメン大賞も取ったことのある実力店です。
鶏中華のインスパイア形といいますが日本蕎麦のかえしが入っていないので鶏中華と呼べるかどうか。


今年もこの2杯で満足して自宅まで歩いて帰ります。
およそ23000歩、3時間でした。

ところが後日、FBのとある方のとあるメッセージでどうしても第2幕に行きたくなってしまうのです(^^;

この記事に

イメージ 1

8月30日、8月最後の日曜日に代々木公園で催されていた「うどん天下一決定戦」に行って来ました。
生憎の天気でしたが、ステージ上ではよさこい踊りで盛り上がりうどん決定戦も上々の集客でした。





イメージ 2

イメージ 3

一番人気は群馬のひもかわうどんで有名な「五代目 花山うどん」さん。待ち時間20分の大行列でした(^^)。






イメージ 4

イメージ 5

僕も20分並んでひもかわうどんをゲット。
人生初めてのひもかわうどんです♪
グシャグシャとタレと温玉と麺をかき混ぜます。唇で噛み切れるようなイメージでしたが意外とコシがあるんですね。肉もたっぷり入っていてこれで500円はお得です。




イメージ 6

次に並んだのも群馬県のうどん屋さん。館林の麺ー1グランプリで2年連続優勝という文字に惹かれました(^^)。
こちらは5分ほどで提供されました。




イメージ 7

少し甘めのゴマの汁にキュウリ、ミョウガ、青ジソがトッピング。
ピリ辛のラー油が浮いて冷やし担々麺の趣ですね(^^)。
コシのある麺を一気にすすって大満足♪
500円(^^)




イメージ 8

最後に並んだのは東京のうどん屋さんですが「備中手延べうどん」の看板に惹かれました。備中といえば岡山県。実は岡山のうどんも出店されていてそちらを狙っていたのですが、そちらは大行列。もう並びたくなかったので並びのほとんどないこちらにしたわけです。



イメージ 9

アメーラトマトの冷やし肉すきうどん。
甘辛に煮込まれたすき焼き風の牛肉にトマトをつぶして絡めていただきます。さすがに三杯目となると一気にすすり込む元気はなくなるので、じっくり味わいながらいただきました。僕には少し味が濃すぎましたかね。これも500円。




イメージ 10

秋に駒沢公園で催されるラーメンショーの規模にはかないませんが、それでもこの大盛況。1500円で大満足。できたら来年も参加したいなあと思いました。
帰りは1万5千歩、三杯のうどんのカロリーを消費しながら自宅まで歩いて帰るのでありました(笑)。

この記事に

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事