南極越冬記〜あっちの水は旨いのか?

南極昭和基地での生活・仕事・遊び・自然を綴ってました。帰国後は不定期日常日記。今は原発話題中心。^^;

全体表示

[ リスト ]

思いも掛けないタイミングで南極観測隊への道が開けました。
まだ採用自体暫定なんですが、フライングして慣れないブログ始めます。
お見苦しいところは何卒勘弁して下さい。


某企業の水処理関係の部署でお世話になっております。
話せば長くなるので、詳細は抜きで流れのみ。

第50次南極観測隊参加への社内公募があり、公募を見たその日の夜には嫁に相談してました。
ドキドキしながら聞いてみると「行けばぁ〜」。

・・・・。アレ? 余りにも呆気なく了承されました。
( ゚д゚)ハッ! もしかして「逝けばぁ〜」だったのか?

と、言うのはさておき。
家庭問題無ければ、次は仕事の方!!
次の日、上司へ相談するわけですが、これまた快く(?)。。。まぁイロイロと調整して頂くことでOK出ました。

さて、何はともあれ、応募しないと先に進めません。
志望動機とか書いたのですが、恥ずかしいので公開はしません!(´∀`*)ウフフ

当然、応募をしたところで、採用が決定される訳もありません。
会社から国家プロジェクトに人を出すわけですから、会社の面子も考え人選をするのか、エラく長く待たされた気が・・・・。
(実際は時間も押し迫っていたので割と早い結果だったのかもしれません)

ちゃんと応募はしたのですがここで問題発生!
公募要綱には、「健康で体力、精神力とも頑健な方」これはもう絶対の自信が。w
ただ、担当業務は何とかなるだろうぐらいにか考えていませんでした。

しかし、結果が出るまで待たされてる間、(この期に及んで)南極についてイロイロ勉強させて頂きました。(最近はブログやHPのおかげで、逐一情報が見れるのがスゴイところですね。)

それで分かった事。
『やべぇ・・・。マジその道のプロばっかりじゃねーか・・・。』
『自分なんぞのスキルなんてゴミにも等しいYO・・・。』
『行っても役に立たないんじゃぁ、恥かきに行くだけじゃん・・・。しかも1年以上も・・・。』


この間、仕事面やプライベート面でイロイロと心の葛藤が


と、そうこうしてる間に呼び出しが。
「□□さんで決まりましたので、是非頑張ってきて下さい。」

(゚Д゚ )ハァ?
(つд⊂)ゴシゴシ
゚(∀) ゚ エッ?
マジデエエエェェェ(゚Д゚)ェェェエエエ工工!!!???
(↑イヤ、心の中ではマジでこんな心境)

決まってしまいました。
でもまぁ、ここまでは社内選抜で選出されただけで、極地研に正式採用されたわけじゃないんですよね。
それに、他の方のブログとかの情報だと、冬合宿とかも含め、身体検査、面接等々かなりすっ飛ばして来てるので、土壇場で「不採用」とかとなるとちょっと恥ずかしいかも。
しかもブログまで開設しておいて・・・。
もし、この後更新なかったら、落とされたと言う事で、自然消滅ですな。


自分にとっては宇宙飛行士に匹敵するぐらい未知の世界で、まず縁なんぞ有る訳が無いと思っていたので、今まであまり興味も無かったのも事実。
ただ、目の前に「そんな宇宙飛行士の行くようなところへ行けるのかもしれない!!」
と言う事実がぶら下った瞬間に自分の心は一気に童心に返ってしまい、、、しばらく仕事がががが・・・。
困ったもんです。w

何はともあれ、人生において大きなチャンスと捉え、スキル云々は有りますが、頑張ってチャレンジしたいと思ってます。
これからも(?)宜しくお願いします。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

超お久しぶりです。tunetakuのヨメkiyotuneです。
南極>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>大阪なんですね・・・奥さん。
一人目の方が南極に行って以来、ダンナの尻をばんばん叩いて仕向けていますが、まだその気にならないみたいです、南極。いいなあ(私だったら速攻応募してるんだけど)。
18ヶ月ということは越冬するんですね。お疲れ様です。
もう一期後だったら新『しらせ』でバージングルーズだったのに残念。
シドニーには観光がてら迎えに行きます。
フリーマントルには見送りにいきません。
どうせだったら晴海から自衛隊とともに出港してください。築地で餞別を仕入れて見送りに行きます。
では。

2008/8/2(土) 午後 3:01 [ kiy*tu*e ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事