全体表示

[ リスト ]

これは大学関係者にとっては、なかなか大きなニュースでしょう。
共同通信は「文部科学省が医学部新設の容認に向けて
本格的な検討を始めた」と報じました(6月19日付)。
何しろ、医学部の新設は30年ぶり。
1979年の琉球大学医学部以来、
新設に向けての審査すら認められていませんでした。
それがかわるのですから、かなり大きな転換です。
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061801000651.html

ただし、問題点はいくつもあります。
ひとつは教育環境の面。ただでさえ、医師が不足しているのに
教育のほうにさかれたのでは、という意見です。
もうひとつは、地域間の格差。おそらく医学部解禁になって
最初に手を挙げそうなのは、東京のあそこと、京都の…、
となるでしょうが、結局、都市部に集中して
現在の地方の著しい医師不足解消にはつながらないという面です。

それにしても、いまの医療現場の状況を考えると
医学部新設は時代の流れでは……。
新設大学には、僻地医療への従事を条件とした奨学金を設ける、を
用件にするなど、適切な対応をすればいいのではないでしょうか。

●お勧めサイト!
 高校生のための「超」教養講座
 http://kyoyo.wao.ne.jp/
(新講座が6月12日に追加されてます。
神戸大学准教授・栗木氏『マーケティング・リサーチで差をつけろ』)

https://education.blogmura.com/img/education125_41.gif
[https://education.blogmura.com/ にほんブログ村 教育ブログへ(文字をクリッ
ク)]

  ↑
下線を引いた文字のクリックお願いします!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事