院長かおりの細腕繁盛記

「稲澤クリニック」http://inazawaclinic.jp院長稲澤かおりの公式(?)ブログです

レーシックのこと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お知らせ

いつもながらですが、
めっちゃご無沙汰しています。

今日はお知らせです。

一応(笑)これは公式ブログなので。

実は・・・

稲澤クリニックがお引越しをします。

といっても、来年の話なのですが。
今の江坂の場所は、来年の平成23年1月末までとなります。

そして、3月より新クリニックにお引越しして診療を開始します。

同じ大阪府吹田市内ですが、
今のクリニックからは少し離れています。
山田西です。
最寄駅は、今の江坂駅ではなく、
山田駅(阪急千里線、大阪モノレールとも)です。

山田の新クリニックでは手術はせず、眼科の外来診察のみになります。

レーシックを始めとする手術は、多根記念眼科病院で行います。
多根記念眼科病院は、大阪ドームの近くにある眼科だけの専門病院です。
ワタシ稲澤かおりが多根に参りまして、手術いたします。
多根記念眼科病院では、木曜に担当しております。

多根では、従来のレーシックはもちろんのこと、
フェムトセカンドレーザーを使ったレーシック
(イントラレースレーシックなどど呼ばれています)
も可能なので、今までレーシックできなかったような方にも
受けていただくことができるようになります。

多根記念眼科病院での手術開始は、お引越しより少し先んじて、
来年1月から開始します。

従って、現稲澤クリニックでの手術は、年内をもって終了いたします。
来年以降の手術(再手術も含む)は、多根記念眼科病院にて行いますので、
ご了承いただきますようお願いいたします。

新しいクリニックのことも、またおいおい記事にしていきますね。

ブログはこのままですが、
通院して下さっている患者様にはご迷惑おかけしますが、
何卒ご理解いただきますよう宜しくお願いいたします。

めっちゃ業務連絡で、オチもなく、すんませんww

この記事に

開く コメント(20)

みなさま、こんにちは♪

連日の更新で、清々しい一日でございます。

今日は↓こんな会があります。

イメージ 1



大阪弁でいっちょカマしてきます♪

がんばりまっす♪

この記事に

開く コメント(10)

またしても、ご無沙汰しております。

今日は、お知らせです。

このようなものがあります↓  本日です↓↓↓

イメージ 1



先日から、何回か毎日新聞に広告を出して下さり、
すでにご予約もいただいておりますが、
まだ席に余裕がありますので、飛び入り参加も大丈夫です。

レーシックにご興味ある方が是非どうぞ♪
6時半から大阪西梅田のハービスプラザ5階です。

あの〜、マジな講演なので、あしからず〜www

この記事に

開く コメント(25)

前々記事のつづきです

みなさま、こんにちは。

ちょっと更新しすぎのかおりです(笑

前々回の
PTKが保険になります
の記事が全然だったので、追加です。


前々回に書きましたように、PTKという、
エキシマレーザーを使う手術が、今年の4月より保険診療になります。
この手術は、角膜変性症や帯状角膜変性という、
病気の患者さんに対して行いますので、
このブログを読んで下さっている方々、
あるいは、世の中的にみても、関係ない方がほとんどなんですね。

でも、前々回にちょっと書いたのですが、
これは、ワタシとしては、言うとかないかんことがある。

イメージ 1


↑は黒目(角膜ですね)の断面図です。
拙い手書きで申し訳ありません;

レーシックは、角膜の表面にフラップという、蓋を作って、
その中をレーザー照射します。
ここに、その方の近視や乱視を測定しておいて、
レーザーの照射方法をプログラミングしています。

一方、PTKは混濁を取るのが目的なので、
混濁があるところだけを一定の深さで照射します。
これは、エキシマレーザーが開発されるまでは、
角膜移植を行っていたので、患者さんは喜んで下さいますし、
適応を決めるのは、角膜を専門にした、ある程度熟練した眼科医でないと難しいでしょう。

しかし、手術はレーシックに比べると、単純です。

でも、この手術が、片眼10万円です。
今回の保険診療報酬改正で厚生労働省が決めた額なので、
国も認めた手術代金という理解でよいでしょう。

当たり前ですが、両眼行うと20万円です。

これに、お薬代等が加算されるので、
実際には20万を越える額になります。

こう考えると、このPTKよりずっと手間も時間もかかる、
レーシックが両眼10数万円というのが、いかに奇怪か、おかしいか、
おわかりいただけると思います。

適正価格、というものが物にはあると思います。
手術は物ではないですが、設備や物品や人件費やいろんなコストがかかり、
もちろん適正価格というものが存在します。

われわれ眼科医の意見が厚生労働省に届いてよかったな、と思っています

以上、前々回の続編でした。

この記事に

開く コメント(10)

今から帰りま〜す ケータイ投稿記事

イメージ 1

今日は日帰りですが、
また仙台にいま〜す♪

まるで、仙台っ子なワタシです(笑

今から帰りま〜す(^-^)/

この記事に

開く コメント(14)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事