全体表示

[ リスト ]

パソコンの修理

我が家には現在、3台のパソコンがあります。その1台が壊れまして、メインで使っていないけれど、どうしてもまだ必要なパソコンです。症状は電源を入れようとしても反応しない。プロの修理屋さんに頼んでもよかったのですが(2万円くらいする)、自分で直すことにしました。考えられる原因(自分で直せる範囲)は、まず内蔵バッテリー。これはもう替えなくてはと1年前(!)から思っていたのです。早速、秋葉原まで買いに行ったのに、ダメでした。次に考えられるのは電源ユニットです(もしハードディスクの異常なら、電源は入って「起動ディスクがない」とか出るはずですよね。)探しまくりましたが、規格に合うものがなく、ヤフーのオークションで見つかりました。めでたく落札^^。
交換作業に入ります。パソコンを開けます。それぞれパソコンの筐体によって違ってくるのですが、私の場合はまずDVDユニットを外しました。電源ユニットからのケーブルをマザーボードやハードディスクから外します。電源ユニットを外すとスッキリ〜。CPUが脳みそなら電源ユニットは心臓でしょうかね。
イメージ 1

いつも1年に一度は中を開けて掃除するのですが、分解ついでにパソコンの大掃除。何と言ってもファン周りが汚れます。写真はCPUのファンを外したものです。このアルミの板に外からの冷たい空気をファンで吹き付けるので埃がすごいですね。ちなみにここまで分解して掃除するのは初めてで、普段はスプレーでやってます。ですからこれは10年間くらいの埃ですね。
イメージ 2
イメージ 3
掃除も終わり、新しい中古品の電源ユニットを取り付けます。

光学式ドライブ(DVD-RW)は、壊れているのでもう取り付けませんでした。いらないものは外した方が老体にはいいです。電源ユニットも中古だし。
イメージ 4
イメージ 5

「お願い、生き返って〜!」という気持ちで電源オン。素晴らしい!!
イメージ 6

今回は内蔵電池と電源ユニットで、1800円。

これでダメなら、もうマザーボードとかの異常になってしまい、自分にはできないので良かったと思っています。でもこのパソコン、今回の電源ユニット交換でマザーボード以外全て、交換したことになります。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事