ここから本文です
ヒトっさんのRC戦車ブログ
ブログ始めました!

書庫全体表示

さてさて、約半年振りの更新です。

今回は当ブログ開設以来、初めての製作依頼品の製作過程をアップしていきます。

製作依頼品はタミヤ1/35のパンターGです。
まあ、作り慣れた車輌なので引き受ける事にしました。

依頼主様より送って頂いた赤外線バトルタンクシリーズの内部部品類と、可動戦車化する為に使用するミリタリーミニチュアシリーズ(以降MM)パンターGと送信機、電池一式です。

イメージ 1

イメージ 2

電池を繋いで起動テストしたところ、正常動作する事が確認できました。
フウ〜!
一安心です。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

上記のMMパンターGの箱から取り出したシャーシの表裏面です。
このシャーシの中にトーションバー式可動サスペンションとギヤボックス、コントロールユニット及び電池ボックス、砲塔旋回用改造サーボとスピーカーボックスを組み込みます。
勿論、アイドラー調整機構も組み込みます。

イメージ 6

ヒトっさん在庫品のバトルタンクシリーズ パンターGのシャーシです。
ここから可動化に必要な部分を切り出してMMパンターのシャーシに組み込んで改造していきます。
ワクワク(*´▽`*)

イメージ 7

今回新しく取り寄せたフリウル履帯パンターG用です。
この金属履帯は耐久力に優れているのと、重量があるのでパンターGをはじめ、上部転輪の無いティーガー系戦車に使用すると動作時にも履帯垂れが再現出来てリアリティー溢れる走行が楽しめるのがポイントですね。

と云う事で第1回目は必要なモノが揃って来ました〜!
という報告で終了します。

次回はシャーシの加工の進捗状況を報告したいと思います。
では。。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事