ここから本文です
ヒトっさんのRC戦車ブログ
ブログ始めました!

書庫全体表示

さてさて、お盆も過ぎましたがまだまだ暑い日が続いていますね〜(^_^;)

今回からは9月末にある可動戦車模型愛好会おやぢ組の秋のオフ会に向けて
M4A3E8シャーマン イージーエイトを可動化させるべく製作をしていきます。

イメージ 1

ベースキットはこちら。
タミヤ製シャーマンイージーエイトですね。

足回りはHVSSサスペンションと、幅広履帯の組合せでシャーマンシリーズの中では好きなタイプの車体です。

で、せっかくの可動化ですので、HVSSサスペンションも可動化させたいのが人情というモノですので、ドラゴン製キットの足回りを移植する事にしました。

イメージ 2

で、用意したのがこちら。

イメージ 3

試しに組み立てたHVSSサスペンション2組です。

イメージ 4

左側のサスペンションをストロークさせてみました。

パンターのサスストロークと比べれば全然少ないですが、シャーマンとしてはこんなモノかな・・・・?

まあ、1セット組み立てるにあたりなんと、28個ものパーツ類を組み合わせて構成されているのには正直焦りますね〜
スプリングはサスアーム上の横向きバネボックス内に収める事で目立つ事の無い様に可動化されています。

と、今回は初回と云う事でここまでです。
次回はシャーシの可動化に向けての加工を投稿する予定です。

では。。

この記事に

  • 顔アイコン

    > pon*****さん
    コメントありがとうございます。
    今回は3Dプリントしたパーツは使用していません。
    普通にキットを組み立てただけですが、
    それを踏まえて考えてみると、ドラゴンのキットって良く出来ていますね〜
    アスカモデルの部品も細分化されている割りには完全可動サスペンションではありませんからね。

    [ ヒトっさん ]

    2018/8/20(月) 午前 2:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > pon*****さん

    違いますよ〜
    タミヤやアスカモデルは可動しませんが、ドラゴン製のは元から可動する様に設計されていますし、バネも付属しています。

    [ ヒトっさん ]

    2018/8/21(火) 午後 5:32

    返信する
  • 顔アイコン

    > pon*****さん

    そうですねぇ、かつてのパーツ細分化時代の再来かっていう位に細分化されていますよ。
    しかもパーツ精度も上々で、落ち着いて作業すれば失敗は殆どありません。

    HVSSサスペンション系シャーマンが好きな人にはお薦めのキットでしょうね。

    [ ヒトっさん ]

    2018/8/22(水) 午前 7:49

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事