ひとつぶろぐ

信州・佐久穂町 ひとつぶ農園から気づきと共に。

雑記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

役割分担。

昨日、暖かい風がぶわーっと吹いてだいぶ畑も乾いたので、今日は2箇所の畑に
トラクター入って、耕しました。トラクターは今季初。
で、ほうれん草の種とかまきました。明日は今日まけなかったものをまきます。小松菜とか。
畑に種まくのも今季初です!ちゃんと、でてくるといいな。

さて、昨日書いたように中指の爪がはがれているので多少の不便もあります。
こういうときこそ、指がそれぞれどんな働きをしているのかとか、わかったりしますね。
手って便利ですね。指って便利。5本の指それぞれが協力し合い、補い合って手ってものが
あるんですね。実に、見事な連携だなぁと思います。どれか一本だけでは出来ることは
本当に少ないし、どれか一本欠けても、不便なものだと思います。いいチームだなぁ。指。

あと、中指に絆創膏やらネットやらがあると、箸が持ちにくいです。絆創膏があっても
爪側に何か触れると、爪が無いからちょっと痛い。で、箸持つとちょっと触れるんですね。
でも、ちょっと前に左手で箸を使う練習(そんなに深い理由もありませんが)をしていたので、
今それが役に立ってます。
その、練習をしていた時に思ったことですが、はじめ、左手の箸の下手さにばかり気をとられていると、
「左手は右手より不器用」みたいな印象を持ったのですが、実はそういう問題ではなさそうです。
確かに不慣れな左手は箸を持つのが苦手なのですが、右手もまた、お椀を持ったりするのが
苦手なんです。持っているお椀が知らずに傾いて味噌汁をちょっとこぼしてしまうとか、左手が
普段、決してしないようなミスを右手はします。箸を持つことにかけては右手の方が上手ですが、
お椀を持つのは左手の方が上手。
「左手で箸を使う練習」は「右手でお椀を持つ練習」でもあったってことですね。
もちろんお椀だけの話じゃなく、補助的な役割なら、利き手じゃない手の方がだいぶ慣れていて、
上手だと思います。プロです。左手ならなんなくやれることを右手ではできない、ってことも
結構あるものなのだとわかりました。
なんとなく、右手と左手を「優劣」で見ていた僕としては結構鮮烈な経験でした。


もっと見ていけば体全体のことなのですが。体は全て連動しているから、手だけの話じゃなく、
体全体が左手中心の作業に慣れていない。だから、左手で何かを練習するってことは、
体全体の練習です。体って、いいチームだなぁなんて、思います。

爪一枚。

やっと春らしい風が吹きましたね今日は。嬉しいなぁ。

先日、ドジをして右手中指の爪がはがれる出来事がありました。
びっくりしましたがこんなもんで済んでラッキーでした。危なかった。本当に。
すぐ病院行って、処置してもらいました。
爪が犠牲になってくれたおかげで傷も深くなく、何もしなければ痛くは
ありません。今こうしてキーボードも打っています。農作業も、
それほど問題なくできます。爪が伸びるまでは若干の不自然さは
あると思いますが、それほど不便ではなさそうです。

自分の不注意やら無能さやらを、なんというか、体感。それは
言葉ではどう言い表しようもない、言葉ではないレベルの「理解」。
自分がどれだけ他人と自分に迷惑をかけているかとか、
自分が五体満足でここまで生きてこられていることがいかに
ありがたいか、腹でわかりました。このままではいけないし、
もっと注意深く、大切に、この命を生きたいと思いました。
爪一枚が身を挺して教えてくれたことはかなり大きいものでした。
日々、精進します。

春の嵐!

3日連続で風すごかったですね。うちはハウスのビニールがやられたー!!
うわー!!なんか、端の方から天井部分のビニールがビリビリになってました。
なかなかショッキング映像でしたがまぁなんとかしよう。
昨日はパッカーでそれ以上破れないように応急処置して帰ってきました。
道路に割と太い木が倒れてきてたり、大きな看板が傾いてたり、なかなか
暴風でした。もともと春は風強い場所ですけど、ここまでのものはなかなか吹かない
気がします。ま、まだ住んで5年ぐらいなのでわかりませんが。

スキー場も終わり、農民に専念です。2つ目の踏み込み温床を作ったり、
終わっていない去年の後片付けをしたり、いくつもある畑の様子を見に行ったり。
今年はよくそう聞きますがやっぱり寒いみたいで、去年は融けていたところが
まだ凍っていたりしています。
昨日は共同作業(といってもそこはもう3人)の堰さらいがありましたが、
側溝の雪が氷になってごっそり残っている場所がありました。
側溝がそんなことになっているのは僕が来てからは初めてです。
あ、今気づきましたがそれは今年が寒いからというより堰さらいが早かっただけかも(笑)

さ、今日も、やりましょう!

発芽!

今日は朝から雨で、夜になって雪が少し。
スキー場は住んでいるここより標高がだいぶ高いので、午後から雪。風もあったから
吹雪いていました。営業は明日まででございます。

明日の朝はまただいぶ冷えるようですが、育苗ハウスの中にまいた種たちは、
ここ数日でだいぶ発芽しました。でも踏み込み温床の上のナス、ピーマンなどは
まだほとんど出ていません。19日にまいたからもうすぐ2週間。ま、出るでしょう。
そんな中、小諸の在来の南蛮だけが既に発芽が揃っています。さすが、
土地にあったものは違うのか!とちょっと驚きます。元気いっぱい!
この種は、僕らの研修していた織座農園の、僕らの直後の研修生で、小諸に
就農した2人に頂いたものです。ありがとう。あ、「ありがとう畑」という屋号で
女性2人でやっています。すごく素敵なコンビ。ちなみに美人。2人とも。

あとは「埼玉青大丸茄子」という棘の鋭い、味抜群の丸い青茄子も
ちょこちょこ発芽し始めました。これは一昨年自家採種してもの。
ひとつぶ農園ではF1(一代交配種)の種も買って使いますが、
なるべく自分で種をとりたいし、とらない場合もなるべく固定種を
使いたいなと思っています。比較的、固定種の比率が高いかと思います。
「野口種苗」さんとか、「たねの森」さんとか、「自然農法センター」さんの種には
よくお世話になっています。


一粒の種から始まり、種を遺して生命を終え、次代へつなぐ。なんて素敵なことでしょう。
「ひとつぶ農園」という名前には、種に対するイメージが強く映っています。
僕らは今、どんな種をまいているでしょう。これから、どんな種がまけるでしょう?

ご飯会

一昨日のことですが、「ご飯しよー。」って気軽に集まったら子どもも入れて11人も集まって、
みんな有機農業とか関係してる仲間だし、すごいことだなぁと思ったり。嬉しいですね。

ちなみに肉、魚、砂糖一切無しでしたね。特に示し合わせることもなく、
基本的に一品持ち寄りでやるとこんな感じです。
お米、じゃがいも、大根、白菜、漬物、豆、粉などなどあるもの中心で、それぞれ
みんなとてもお料理上手なのでものすごいご馳走が揃います。豪華!
美味しかったー!みんなありがとう。

イメージ 2
↑みんなご近所です。手前がうちの葉菜ちゃん。


イメージ 1
↑ご馳走!と三軒隣の梓ちゃん。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事