ここから本文です
私の個人日誌 ♨ ( ̄(エ) ̄)
そろそろ復活いたしますか。でんぱ組好きなヲッサンです。

書庫全体表示

「追分温泉」

12/3
先日友人と「海の幸!たらふく食いて〜」なんて話をしていたら「やっぱあそこかな〜」・・・「やっぱりあそこに行くしかないでしょう〜」ということで、宮城県北上町「追分温泉」にやってきました。
 超人気宿なので休前日の予約を取るのはとても厳しいですがキャンセル空きを狙い、週末の前日、金曜日の昼頃、宿にTELしてみると「キャンセル空きが無い」との返事でしたが、夕方再度TELするとなんと!キャンセルがあったようで幸運に宿の予約が取れてしまいました(#^.^#)ラッキー!

                   イメージ 1

昔は山間の湯治の宿だったそうですが、現在は低料金で三陸の新鮮な海の幸料理が人気の山間の一軒宿です。
 場所は深い山中ですが三陸の海がすぐ近くですので山中の宿で新鮮な海の幸を味わえるこの感じがなんとも私は気に入ってます^^実は「追分温泉」は今回で三度目のリピーターです^^。
今回は一泊二食付き5,700円(税込5,985)のコースに追加で刺身盛り合わせ3,000円を付けてみました。

◆玄関・フロント            ◆売店 色々揃ってます。    ◆ギターを弾く私^^
 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

◆浴室入り口             ◆旧館1Fの廊下         ◆四畳半のお部屋
 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7

建物内はすべて木造造りで木のぬくもりを感じる宿であります。 また照明はほとんど裸電球になっており裸電球の灯りがなんとも癒されます。昔はランプの宿だったそうです。
今回宿泊した部屋は旧館の1F、四畳半のお部屋でした。狭い部屋でしたが、こじんまりした感じがとても気に入りました^^
浴衣に着替えて、まずはお風呂に入ります。浴室は裸電球の灯りで光源不足、また湯気で撮影は失敗に終わりました^^;
              ◆お風呂から上がったらお待ちかねの夕食です。(#^.^#)
                 イメージ 8

              5,700円(税込5,985)のお食事です。部屋食になります。
イメージ 9

舞茸の土瓶蒸しにカレイ・菊の天ぷら、生牡蠣、釜飯など・・・。。ただ、釜飯・茶碗蒸しは甘めの味付けなので人によっては好みが分かれると思います。宮城県の友人の話だと甘めの茶碗蒸しは宮城県の特徴なんだそうだとか・・・

今回で三回目のリピーターということで私の経験上、また、ここの常連さんのお話によるとここのコツは5,700円の安いコースに別オーダーで刺身盛り合わせ・炭火焼きを付けるのがお奨めなんだそうです。
 たとえば三人で5,700円コースに炭火焼き+刺し盛りだと一人8,000ほどでたらふく食べられるのでお得感があっていいんではないかと思います^^

           追加注文の3,000円の刺身盛り合わせ (*要予約)
            イメージ 10

 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13
なんとクジラの刺身に身のでか〜いツブ貝にタラバのカニ刺し・・・私はカニ刺しなんて初めて食べましたが生のカニ身のトロ〜っとした感じがなんとも美味で感動ものでした^^
 お腹がいっぱいになったら、コタツの横に布団を敷いて飲んで、寝て、お風呂に入り、飲んで,
の繰り返しです^^だらしなさそうにみえますがこれぞ私の温泉宿での過ごし方であります^^

      翌朝です。外は雪が積もっており寒いです(∋_∈)まずはお風呂に向かいます^^
               イメージ 14

木造りの浴室で男性用浴室には湯船が二つあります。
なんといってもここの浴室のウリは日本でも珍しい北限の樹齢500年の「カヤの木」で造られたお風呂があることです。
 宿のご主人がバイクで日本の温泉地を旅をしてまわり「榧(カヤ)の木」と出会ったんだそうです。
「榧(カヤ)の木」はヒノキなどの木よりも 風呂に向いているんだそうです。
カヤという木材はなかなか手に入らないそうで、このような湯船での入浴は贅沢な気分で気持ちいいです。

             イメージ 15

          やや熱めの湯の広い浴室
 イメージ 16 イメージ 17

          ぬるめのジャグジー風呂
 イメージ 18 イメージ 19
お湯は無色透明、ちょっとだけ土臭い香り有り、鉱泉の沸かし湯なので循環です。
湯上がり感は体が温まってただの鉱泉の沸かし湯ではないことがわかります。が、浴室には温泉分析表なし、
ひょっとしたら温泉の基準をクリアしていないのかもしれません..でもここは昔から湯治場としてさかえていた宿だったそうで、お湯の方はそれなりに実力はあると思います。 泉質:金鉱ラジウム鉱泉のようです(・・;
          
                        イメージ 20

             イメージ 21
お風呂から上がったら朝食です。
朝食は大広間で頂きます。さすが三陸、朝から秋刀魚が一匹登場です^^;朝からヘビーな食事です^^温泉玉子、味付け海苔、塩辛、お新香、わかめとツナ、麩のりにアブラ麩の味噌汁・・・朝から御飯が進んで進んでお腹いっぱいです。ヽ('ー`)/

               イメージ 22
お腹がいっぱいになったらチェックアウトして来た道を帰ります。細い山道なんで対向車が来ないこと
を祈りながら山を下ります。。また来ますよ〜^^海の幸とカヤの湯船ε=ε=ε=ヾ(э^・ェ・^)э

1泊2食:5700円〜9700円(1000円刻み)
別料理(予算に応じて)
炭火焼き 3000〜(*要予約)
刺身盛り合わせ 3000〜(*要予約)

日帰り入浴300円
10:00〜19:30

日帰り個室休憩  1,575〜
日帰りお膳コース 3,150〜

  • アバター

    三陸海の幸〜。しかも、安いですね♪でも、キャンセル空き待ちなんですね。。。

    ゆーゆー。

    2005/12/10(土) 午前 0:52

    返信する
  • 顔アイコン

    ゆーゆーさん、キャンセル空き待ちで思い出したんですが、今年の秋田の鶴の湯もキャンセル空き待ちで楽勝にお部屋が取れました。コツは毎日しつこくTELする事・・・ですね^^;・・・

    (´(エ)`)おかさん

    2005/12/10(土) 午前 1:19

    返信する
  • 早速、行きたくなりました。年内に行こうと思いました。また、安くて美味い料理の宿を宜しく!

    aki*a*823jp

    2005/12/10(土) 午前 2:44

    返信する
  • 顔アイコン

    おお〜!ひょっとして「大将軍さん」ではないですか!復活おめでとうございます^^。。ここはのんべえには快適な宿だと思っております^^

    (´(エ)`)おかさん

    2005/12/10(土) 午前 7:32

    返信する
  • 顔アイコン

    噂は耳にしておりまして。日帰り入浴では訪れた事がございます♪なかなか予定にあわせて予約が全然出来ないので宿泊できずにおりますが。。でも道狭くって冬場は怖いよぉ(泣

    [ - ]

    2005/12/11(日) 午前 1:51

    返信する
  • おかさん!羽振りいいですねえ、毎週の温泉宿泊三昧!追分温泉に今週は不動湯温泉ですと!天井知らずですなあ!このぶんだと、年内週末は温泉宿泊でびっしりですか!!!

    [ ゆんちゅ ]

    2005/12/11(日) 午後 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    湯人さん、不動湯温泉から帰還致しました^^。。年内の宿泊はこれで終わりです^^明日からは貧乏な日々を送ります^^;

    (´(エ)`)おかさん

    2005/12/11(日) 午後 11:34

    返信する
  • 顔アイコン

    食いしん坊なsuzuさんは、やはり狙っていましたか^^♪。。ここ道狭いんですよね〜

    (´(エ)`)おかさん

    2005/12/12(月) 午後 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    ありゃ 美味しそうな料理。良さ気な温泉。いいね〜 ヽ(☆´∀`☆)ノ

    超ビギナー

    2005/12/15(木) 午前 0:11

    返信する
  • 顔アイコン

    超さん、美味しい食べ物と♨の組み合わせ。。たまりません^^

    (´(エ)`)おかさん

    2005/12/16(金) 午後 11:44

    返信する
  • 行ってきましたよ。確かにコストの割には満足でした。事前情報をいただいていたのでたいへん助かりました。てんこ盛り刺身付コース一泊二食つき9700円で泊まりました。料理が部屋に運ばれ刺身を食べ始めたら、突如停電。懐中電灯と蝋燭の明かりで食事をする羽目に! せっかくの料理が目で楽しめない食事で、暖房が全て止まり震えながらの夕食でした。 通電できたのは、二時間後で夕食は終わっていましたよ。仕切り直しです。

    aki*a*823jp

    2005/12/24(土) 午前 11:10

    返信する
  • 顔アイコン

    拙い記事を参考にして頂きありがとう御座いましたm(__)m。。とんだハプニングの夕食になったんですね〜。。寒いのを除けば蝋燭の明かりの中での食事はまたそれで面白そうだったのでは^^;・・・仕切り直しするほど気に入ってもらえたようで良かったです。

    (´(エ)`)おかさん

    2005/12/25(日) 午前 1:20

    返信する
  • 顔アイコン

    キリコさんのところからTBに乗ってやってきました〜〜う〜ん!是非行きたい!!・・・食べ物も温泉も大好きよ〜。。。また覗きに来ますね。(^_^)v

    Hakka

    2006/1/13(金) 午後 3:54

    返信する
  • この道はどっちから上ったのかしら?マジでびびりました。

    kiriko

    2006/1/14(土) 午後 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    Hakkaさんこんにちは、食べ物と温泉のことしかない拙いブログですがよろしくお願いいたしまする♪

    (´(エ)`)おかさん

    2006/1/18(水) 午後 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    建物向かって行きは左側から、帰りは右側の方から帰りました^^この車のスタッドレスが5年物なんでちよっと怖かったです^^

    (´(エ)`)おかさん

    2006/1/18(水) 午後 0:36

    返信する
  • 顔アイコン

    12月に行って来ましたが、もう二度と行きません。部屋食でしたが部屋の作りが縦長の狭い部屋で畳まれた布団座っての食事でした。また、部屋の立て付けがお粗末で廊下を歩く足音や戸を開ける音がうるさくよく眠れませんでした。朝7時に朝食の電話に起こされ、後で
    行くと答えて7時30分ころ行ったら食事をしていないのが自分たち
    だけのようで、従業員の態度が最悪!お風呂は夜9時まで、朝は8時
    以降掃除のため入れません。これって早すぎでは?食事のボリューム
    はありますが、港町の民宿でもこれぐらいは普通だと思いました。
    高い宿泊料払ったのに、お風呂にシャンプーは無いは暖房費400円
    も取られるは、おまけに有難うのございますの言葉もかけられず
    さんざんな思いをしました。数年前に泊まったときはすごく良くて
    感激したのに、ガッカリでした。少し天狗になっているのでは?

    [ rmh*n60* ]

    2008/2/28(木) 午後 11:41

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、、同級生がひいきにしている温泉で「、真っ暗な山道をくねくねと沢に落ちそうになりながら着いたのでした、
    ひなびた温泉でしたが、年4回は来るという同級生なので、サービスが違う、
    ホタテの刺身や生牡蠣、秋刀魚などの刺身や食べきれない程のごちそう、
    朝は取れた手の秋刀魚を丸焼きにして食べました、あまい!えっ!秋刀魚が甘いなんて!ン何度も食べても同じ、甘いんです、東京じゃあ秋刀魚が甘いなんてありえない、
    牡蠣もほたてもあまい、ここでしか味わえないうまさでした。
    癖になり秋には又同級生と泊まりがてら地元のホタテや秋刀魚を頂くのが毎年の楽しみになりました。
    今年は地震のお陰で被災者の避難所として地元の人をおうえんしているのだそうで、宿として開催するのが来年のようですが、凄く楽しみにしています、
    おかみさんや館主もいい人でしたし、若いのにがんばってやっています。
    月夜に川のせせらぎの音を聞きながら、地元の音楽好きな人たちと館主がホークソングを歌ってくれました、どてらに風呂桶をお尻にしいて、聞きほれました。

    気さくな、ほっといていただくような旅館です。

    [ こごみ婆さん♪ ]

    2011/8/30(火) 午前 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは、
    11月の中ごろに追分温泉に行くことが決まりました、
    がんばって、津波で避難して来た人のお世話が終わり、観光旅館として再開したのです、凄く楽しみに館主にお会いできるのを楽しみにしております。

    [ こごみ婆さん♪ ]

    2011/10/30(日) 午前 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    行って来ました、
    11月17日に泊まりに同級生5人で、強い岩盤の上に建っている建物でしたのでどこも変わらない状態でした、館主もおかみさん、おばあちゃんも元気で、思わず、「ご苦労様でした」といってしまいました、
    館主も涙を流してその津波当時を話してくれました。
    40名の避難者を収容していましたが、すっかり館内はきれいに片付けられてはいましたが、全国からいろいろな物資が届けられていて、隅に山済みされていました。
    壁にはきれいに磨かれていたランプが一列にぶら下がっていました、電気が通じない間みなさんランプ生活をしていたようで、部屋にも一つランプがぶらさがっていました。もともとランプの宿としていたので、大事にランプが物置小屋におかれてあったのです。
    1時間かけて塩釜魚港に仕入れに行っているとか、
    廊下にはいろいろな人が書いたと思われる色紙が旗のようにかざられていました。
    食卓には海藻類が多かったですが載せられなかった牡蠣、ホタテ、さんまのさしみなどがなく、今までは海の幸が豊富に取れていくらでも食卓に載せられたので、一番悔しい思いをしたのが調理している館主だったのではとおもいます。

    [ こごみ婆さん♪ ]

    2011/11/21(月) 午前 10:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事