hit*sa3*39の移動販売制作ブログ

移動販売車の改造制作からロンドンバスやvwワーゲンバスなど情報を掲載


移動販売に関する興味深い記事をご紹介します。
移動販売の内情、様々なスタイル、社会的なニーズなどいろんな視点から移動販売について書かれています。
興味を持たれたらリンクを張ってありますので、各サイトにアクセスしてご覧ください。





たこ焼きやクレープや焼き鳥など。大きな商業施設やイベント会場では様々な移動販売車が出ています。カラフルなラッピング塗装や装飾がされている移動販売車は有るだけでイベント会場が賑わいます。
あの移動販売車の中はどうなっていのでしょうか?水回りは?調理用の道具は?そもそも買うと幾らぐらいするの?どうやって出店しているのか?
移動販売車の気になる所を色々聞いてきました。


「買い物難民」の増加や高齢社会を背景に高まるニーズをとらえ、「手間はかかるがもうからない」という定説を覆せるか。的を絞り、採算確保に挑む業者のハンドルさばきを追跡する。





ゼロからフードを考案し、場所を探した悪戦苦闘の日々……。夫婦ゲンカばかりの毎日でした。

多くの人が「自分のお店を持ちたい」と考える。しかし、店舗を借りるとなると保証金や改装費など多額の初期費用がかかり、もし失敗した場合、大きな負担になりかねない。そう簡単に手を出せないのが現実だ。そう考えたとき、車一台で出来る移動販売なら敷居は低そうに思える。実際、ここ数年で急激に移動販売が増えているそうだ。移動販売のノウハウをお聞きした。



いかがだったでしょうか?
hitusaはニーズにお客様のスタイルに合った移動販売車をご提案します。
お気軽にご相談ください。

 


この記事に


過疎地や被災地では移動販売が脚光を浴びています。

自宅から出てくることが難しい高齢者には、自宅の軒先まで行って販売する小型の移動販売車なども登場してきました。
近年、コンビニエンスストアも移動販売サービスを拡大しており、
セブン‐イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートなども展開中。
イメージ 1

移動販売のみならず、地域の高齢者が無事に生活を送っているかの確認なども兼ねています。
高齢化や過疎化が進み、採算が合わなくなった店舗が撤退した地域に移動販売車が生活必需品を販売する現在の状況は、かつての高度成長期の日本を彷彿させます。
イメージ 2
1960年以降、モータリゼーションが進み移動販売は自動車が主流になり、
スーパーマーケット未出店の地方では移動スーパーが食品を販売していたものです。



経済産業省によると、「買い物難民」は全国で約600万人。


店舗で待つだけではなく、お客様のところへ出向く“ご用聞き”は将来を見据えたビジネスなのです。
もっとも、移動販売を成功させるには、複数の箇所を回り、事前に出店場所と時間を周知しておくことや、顧客の品揃えの要望に応えリピーターをつくることなどの努力が欠かせません。
「実際手に取って商品を買いたい」という潜在的なニーズを掘り起こすこともでき、
都市部では店舗が飽和状態にある中、多様な需要に応えてきた移動販売。
地方の衰退と高齢化が進む日本で新たなビジネスの可能性が生まれつつあります。

hitusaはそんなニーズにお客様のスタイルに合った移動販売車をご提案します。
お気軽にご相談ください。



この記事に

今回は一風変わった移動販売車をご紹介。

売り上げは1回の移動販売につき35万〜40万円程という、つえ専門の移動販売車、京都市の《つえ屋》さん。

「つえ屋〜つえだけ〜」という声を流しながら車で巡回し、つえを販売する。

つえ屋の坂野寛社長によると、開始当初の移動販売は予約が中心。
地元近郊の老人ホームや特別養護施設、介護施設など、要望があった先に出向く。

























つえは歩行をサポートするものだが、そのつえを買いに行くのも苦労する、そもそもつえを買う環境にない、近くには自分に合ったものを選べるほど商品がない。
……そんな声が移動販売を始めるきっかけとなった。
元々、つえ屋はつえの専門店として色鮮やかなものなど、従来のつえのイメージよりもバラエティーに富んだ商品をそろえる店舗。
移動販売車には、店舗から厳選した400本のつえを載せている。


最近は市内を流して営業する機会も増やしており、多いときでは10名以上が購入する日もある。今後はさらに移動販売の回数を増やし、月間で1000万、年間で約1億の売り上げを1台の移動販売車で出すことを目標にしているそう。

移動販売はアイデア次第でたくさんの可能性を秘めています。

興味を持たれた方は是非、お気軽にお問い合わせください。

当社製作の移動販売車は日本全国、海外で活躍しています。

home page

mail

この記事に

移動販売に興味がある方にhitusaがオススメの一冊をご紹介

『小さな人気店をつくる! 移動販売のはじめ方』平山 晋 (著)

移動販売歴10年超、開業希望者向けゼミを主催する著者が教える、お客さんが絶えない人気店の作り



 《経験ゼロからスタートできる80のヒントたち。》
  • 移動販売に必要な手続き・許可は?
  • 開業資金と運転資金は?
  • 車選びのポイントは?
  • 人気のメニューは?
  • どんな場所に出店すればいい?

イメージ 1















































《移動販売なら、売りたいものを、売りたい場所で、売りたい人に届けることができ

る!》

移動販売車はオフィス街、商業施設、イベント会場、地域のお祭りなど、
 
今、移動販売はさまざまな場所で活躍しています。

絶対単品=自慢の一品を

キッチンカーという相棒と、同業者の仲間たちとのつながりによって、

自分で自由に売っていけるのが移動販売という仕事。

移動販売を始めて経験を積む中でだんだん分かってくること、

やってみて初めて実感することなど丁寧にまとめてあります。



目次

  1. 楽しい移動販売ライフをはじめよう

  2. 移動販売ってどんな商い?

  3. 開業までのステップを知ってコンセプトを考えよう

  4. 喜ばれて売れる!移動販売的商品をつくろう

  5. 大切な相棒、キッチンカーをつくろう

  6. 自分が活きる出店場所を獲得して育てよう

  7. お金の流れを知って開業計画を立てよう

  8. 動いた先がお店になる、現場で売上をつくろう

  9. 出店場所を育てよう!ファンが増えるちょっとしたコツ

  10. 売上が伸び悩んだらどうする?リニューアルのヒント

移動販売とひとことで言い表せないほどいろいろなスタイルがあるこの業界で
「儲ける方法」とか「成功する秘訣」というようなビジネス書ではなく、
移動販売はビジネスチャンスといった甘いものでもなく、厳しい現実も体験談的に紹介されています。
それでも「ライフ」として移動販売をとらえビジネス一辺倒ではないといった著者のスタイルは説得力があります。
何よりまず、自分のやりたいことをちいさなお店ではじめたい。。
という方にはとても参考になる一冊ではないでしょうか。


この本を手始めにもっと魅力的で素敵なキッチンカーが増えてくれるといいなと思います。

移動販売に興味を持たれた方は是非、お気軽にお問い合わせください。

当社製作の移動販売車は日本全国、海外で活躍しています。

home page

mail

この記事に

高まる移動販売車の人気


インターネット×美食×これからの新しい働き方ーー。
『シェフ 〜三ツ星フードトラック始めました〜』公開中。

イメージ 1
ロサンゼルスにある一流レストランの総料理長が、
あれこれと口出しするオーナーと対立し、突然店を辞めてしまう。
次の仕事を探さなければならない時にマイアミに行った彼は、絶品のキューバサンド
イッチと出逢う。
その美味しさで人々に喜んでもらう為に、移動販売を始めることに。
譲り受けたボロボロのフードトラックを改装し、マイアミ〜ニュー・オリンズ〜オーステ
ィン〜ロサンゼルスまで究極のキューバサンドイッチを作り、売る旅がスタートした。
イメージ 2

あのジョン・ファヴロー監督が続編10億円以上のギャラを蹴って
『アイアンマン』シリーズを降りた理由がここに。
監督自ら製作・脚本・主演を務めた人間ドラマ。
グルーブのあるサウンドトラックに見事な手さばき、過去最高の満足度と噂の《三ツ
星満腹映画》。


移動販売に興味を持たれた方は是非、お気軽にお問い合わせください。

当社製作の移動販売車は日本全国、海外で活躍しています。

home page

mail

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事