つれづれ飼育日誌

飼育している生体の飼育日誌です!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

久々ピラ共

こんばんは。

本日はピラニア・ナッテリーチームのご紹介です。
ボニー&バロウです。
久々ですね〜!!
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ちょっとづつですが成長しております。
最近は活き餌中心に変えたのですが、やはりそっちの方が成長が早い様な気がしますね♪
ただ、レッドSHのディアボの様にならない様、トリートメントは十分に!!ですね。

現在20僂舛腓ぁ
そろそろ水槽引っ越しですね〜(汗

寄生

こんばんは。
最近は夏との境目で気候が落ち着かないですね。
こう寒暖の差があると体をついていかせるのがやっとです・・・(汗
皆さんも体調管理は万全に!

さて、本日は1匹になってしまったレッドスネークヘッドのディアボ君です。
イメージ 1




で・・・・、ついにもらってしまいました(涙
それは・・・
イメージ 2

お分かりでしょうか??
エラの後ろからひょろっと伸びているピンク色っぽいもの。
そうなんです、イカリムシです(涙
現在8匹程、体のいたるところに寄生しております(汗
まいりましたね〜。
通常、小型の個体であれば取り出して直接抜くのが一番早い処置なのですがさすがに60クラスの個体は取り出せません(汗
もしその様な行為に出れば、一昔前に有名だったハ○ヤホテルのCMになってしまいます(笑
・・・っと、笑っている場合ではありません。
このイカリムシって奴らはその名の通り船の「イカリ」の様な形をしており、体の表面下に引っかかる形で寄生し、徐々に体力を吸い取ってしまう全くもってタチの悪い奴らです。
体力の無い小型の個体だと放っておくと★になってしまいます。
幸いディアボはデカいのでまだ何とも無い感じですがやはり何もせずに放っておくとやがて★になってしまうと思われます。
処置としては、

…樟榿瓦
¬浴
1浴

とあるのですが、

,聾賃里デカすぎて×
△錬咤箸里燭瓠
で、残ったのがの塩浴です。
もう既に大量の塩を入れましたが、このイカリムシって奴は卵⇒幼虫⇒成虫と一定のサイクルで周っており、最低でも1ヶ月〜2ヶ月は塩浴を続けなければならないとの事。
長い道のりですね〜(汗
今日から戦争です!!

ちなみに寄生経路はやはり姉金でしょうね。
我が家のストック場は大型の衣装ケースのベタ置きなのでサイドからの観察が出来ません。
なので塩浴はしているのですが1匹1匹の確認がとれません(汗
皆さんも活き餌を与えている、特に餌金は十分に気を付けた方が良いですよ!
後々かなり面倒な事になりますから・・・。

さらにちなみに、餌については食べる様であれば食べるだけ与えて構わないそうです。
と言うより食べさせないとどんどん体力を奪われてしまう様です。
恐ろしいっすね〜(涙
こんばんは!
前回から調度1週間ぶりの更新です。
暫くはこのくらいのペースになりそうです・・・。

さて、ウチの個体達、みんなご無沙汰なんですがその中でも本日はポルトデモズ・タライロンのローディーっす!
ちなみに右端にちょこっと見えてる尾鰭はフナ君です(^ ^)
イメージ 1

イメージ 2

現在42、3僂砲覆蠅泙靴拭
いやぁ〜デカくなりましたね!
イメージ 3

見て下さいこの牙!!
これで獲物をガッチリ咥え込んではなしません!
イメージ 4

徐々に体高も出てきており今後の成長が楽しみです♪
ご無沙汰です。

1ヶ月近く経ってしまいました(汗
仕事&プライベート(音楽関係のイベント等)でかな〜り忙しく、全く手付かずでした。

で、その1ヶ月近くの間に悲しい出来事が2つありました。
それは・・・・・

レッドスネークヘッドのディンギー(小さい方)とオセレイトを1匹、★にしてしまいました(涙
別に飼育自体、手を抜いていた訳ではなく、

オセレイト・・・前回の水漏れによる水槽の移動⇒環境が変わった事によるストレス⇒ジャンプの多発⇒ジャンプによる傷が原因で★

レッド・・・前日までは全く問題無し⇒翌日全身が傷だらけ⇒その傷が原因で★

この様な経緯です。
ただ、ハッキリとした原因が分からないのがレッドです。
全身の傷も噛まれたと言うよりは擦れた感じだったのですが特にストラクチャーも入っていないので原因が全く分かりません。
それに以前ディアボ(レッドスネークヘッド)に噛まれた時の傷の方が深刻だった気もします。
何故擦り傷程度で★になってしまったのか???
しかもそうなってから1日後に★です。
傷からの感染症であれば暫くは平気なはず。
こればかりは謎です・・・。

ただ、どういう原因にしろ飼育個体を★にしてしまうと言う事はやはり飼育者の責任です。
一時は何事にもやる気が起きず、落ち込む日が続きました。
でも残された固体達を考えると落ち込んでもいられない事に気付きました。
今は何とか立ち直りました。
これからは★にしてしまった個体達の分も残された個体達に同じ過ちを繰り返さない様に細心の注意を持って飼育に当たりたいと思います。

それにしても、いつかはこういう日が来ると覚悟はしておりましたがやはり辛いっすね(涙

残ったオセレイトのヘンリー君。
現在27僂阿蕕い砲覆蠅泙靴拭
イメージ 1


★になった方が青みが強かったんですよね〜(涙


再び1匹になってしまったディアボ君。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

心なしか寂しそうです(涙

やってしまった(汗

皆さんご無沙汰してしまいました(汗
いつもご訪問頂いている皆さん、申し訳ありません。
最近またバタバタしておりまして・・・(涙
暫くはこのペースになりそうです・・・・・。

で、久しぶりの更新だと言うのにあまり宜しくないご報告です。
先ほど1Fのオセレイト&カブニ&サルヴィン水槽の換水をしていた時の事です。
セパレーターがかなり汚れていたので取り外し、掃除。
そしてまた取り付け。

「う〜ん、ちょっとサルヴィン側が狭いな〜。もう少しずらしてと・・・、冷たっ!?」

足元を見ると水槽から水が垂れているではありませんか!!
そうです、このセパレーター実は自作で、大きいサイズの物をカットして作成、しかもずらされない様にと結構キツめに作成したのですがそれが仇となりました。
取り付けの際に微調整をしていたら水槽の底の部分が外側にずれてしまいそこから大量に水が漏れてしまいました(涙
慌ててポンプで水を抜きつつ、カブニ&サルヴィンの亀チームをジーベンのいる90水槽へ一時隔離。
次に結構減ってきたところでオセ2匹を一気に網で掬い、2Fのマルリウス&コブラ&コウタイの居るSHワールド120水槽へ移動。
一応セパで区切ってはありますが水あわせも何もありませんでした(涙
幸い、昨日換水したばかりなのでPH等は問題無いと思いますが・・・。

そこから水漏れ90×30水槽を外に運び、余っていた60×30水槽を慌てて立ち上げ。
カブニは大丈夫そうなのでサイズの小さいサルヴィンを立ち上げ間もない60水槽へ移動。
いろいろ片付けなどを終わらせ今に至ります。
ハッキリ言ってかなり疲れました(汗(汗
なので写真は後日です・・・。


本日の教訓
「セパレーターはちょっと余裕をもって作ろう!!」

あ〜あ、また水槽買わなきゃ・・・(涙


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事