つれづれ飼育日誌

飼育している生体の飼育日誌です!

レッドスネークヘッド

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

レッドチーム

うちのレッドチームです。
まずはディアボ。
最近45儷瓩なりました。
イメージ 1

イメージ 2

続いてディンギーです。
こいつも成長して30僂阿蕕い砲覆蠅泙靴拭
イメージ 3

イメージ 4

こやつらは成魚になると全体的に黒っぽくなるのですが、45僂△襯妊アボでさえまだ幼魚の模様がハッキリと出ています。。。
たまに成長が止まってしまった固体で40冂度で黒っぽい固体も目にしますが、出来るだけ大きくしてやりたいので餌はガンガンあげてます。
ただそろそろスペースの問題が発生しそうです(汗
現在ディアボは90×45、ディンギーは60×30での飼育なのですが共に体長が奥行きほどになってきましたのでディアボ用に120×60を購入し、90×45にディンギーを移す計画です。
もしくはディアボ用に150×60。。。。。う〜ん、スペースが。。。(笑

エアレーション

先日、ディアボ水槽に投げ込み式の濾過フィルターを入れました。
目的はエアレーションです。
イメージ 1

通常魚飼育にはエアレーションは欠かせないと思いますが、こやつらは空気呼吸するため必要ありません。
ではなぜエアレーションするかと言えば2つの理由があります。
1つはバクテリアの繁殖、もう1つは近いうちにフィッシュレットに換えるためです。
上記共に糞の量が凄いのでその対策としてです。
特にベアタンクでの飼育なのでバクテリアの繁殖は遅いと思われます。
その対応ですね。

んで本人です。
最近は厚みが増してきましたね。
こんな顔して最初エアレーションし出した時は、エアーにビビって近づきませんでした(笑
結構ビビりです(笑
イメージ 2

イメージ 4


おまけです。
うちの餌金ストック水槽です。
グリーンFが入っているので緑水です。
イメージ 3

現在在庫数減ってます(笑

満腹感

こんばんは。
久々の更新になってしまいました。。。(汗
最近、仕事が忙しすぎる毎日です(汗(汗
しかも、うちの職場は、秋がシーズンのためこれからさらに忙しくなります(涙
ですので、しばらくはのんびり更新になりそうです。。。
気長にお付き合い、お願い致します。

さて、うちの魚共のボス、レッドスネークヘッドのディアボです。
30cmちょいのまだまだ若魚です。
あいかわらずふてぶてしい顔構えしてます。。。
イメージ 1

ヤバい腹してます。
別下(小赤と姉金の中間の金魚)5匹を一瞬で平らげた直後の写真です。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

だいぶ馴れてきたせいか、最近更に爆食になってきており、入れた瞬間に即食いです。
今日も別下を入れた瞬間4匹を一気に丸呑みし、すぐに最後の1匹も食い尽くしました。。。
多分入れれば後2〜3匹は食います(汗
おかげであの腹です(笑

最近落ち着いて調子が上がってきたのか結構綺麗な体色を表すようになってきました。
レッド特有のトラ目模様もはっきりしてきました。
この調子でいきたいですね!!

そうそう、以前のコメントでスネークヘッドは肺呼吸と書いてしまいましたが間違いでした(汗
正確には鰓呼吸+上鰓呼吸でした。。。
ようは「上鰓の一部から空気中の酸素を吸う」との事でした。
そしてびっくりしたのが、スネークヘッドをカゴなどに入れ、水中に沈めておくと死んでしまうみたいです!?
それは呼吸の60%を上鰓呼吸に頼っているかららしく、そのため水の無いところでもかなりの時間生きていられるんだそうです。
魚なのに不思議なヤツらですね。。。

ディアボ

改めまして新入りのレッドスネークヘッドです。
前回の記事ではまともな紹介が出来なかったので改めて紹介いたします。
名前はディアボリック(悪魔のような)から取って、ディアボにしました。
見れば見るほどふてぶてしいツラ構えしてます(笑
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

現在29cmあります。
でもこの種の成魚は自然下では120cmオーバーまで育つのでまだまだ若魚です。
来た当初は活き餌しか食わなかったのですが昨日辺りから乾燥エビには餌付きました。
徐々に配合に馴らしていきます。

そうそう、ディンギーですが順調に回復しております。
改めてスネークヘッドの回復力には驚かされます。
とは言え、まだ痛々しいので写真は控えます。。。
もう少し回復したら写真アップ致しますね!

自己嫌悪

やってしまいました。。。(涙
先日、いつも行く熱帯魚ショップに活き餌を買いに寄ったところ、「いいの入ったよ!」との店員さんの声と共に見せられたのがレッドスネークヘッドの25〜26cmの固体でした。
「1,000円でいいよ!!」とのお誘いに頭の中をディンギーとの混泳がよぎり、この位のサイズ差なら問題無いだろうとの勝手な判断で購入しました。
いざディンギーのいる水槽に新参者を投入。
しばらく様子を見ていると特に問題無さそうなので「よし!」っと安心したのも束の間、新参者のレッドがディンギーの背中に「バクッ!」と食い付きました(涙
幸い、上手く逃げたので慌ててセパレーターで隔離しました。。。
しかし、ディンギーの背中にはザックリと牙の後が。。。
その瞬間、何とも言えぬ後悔の念が頭の中を駆け巡りました。。。
後日、ディンギーを買ったショップの店員さんに聞いたところ、混泳できるスネークヘッドも多数いるがレッドについては余程デカい水槽などでの飼育でないと混泳は無理と聞きました。
自分の知識の無さに悔しさとやりきれない思いで心がいっぱいです(涙
現在、ディンギーは別の60cm水槽にて薬浴中です。
ショップの方に聞いたら「骨が見えてる程のキズで無い限りは回復しますよ!」と言ってもらいましたが心配ですね(汗
薬浴水槽では活発に泳いでおりますので今のところは安心です。

ごめんよディンギー、知識の無い飼育者で。。。
二度と混泳はさせないから早く良くなって欲しい。

これが現在の心中です。
混泳は難しいですね。。。。

ちなみにヤツが新参者のレッドスネークヘッドです。
バタバタしていたのでまだ名前はありません。
イメージ 1

イメージ 2

ただし、ヤツは何も悪くありません。
自然界では当然の事なのであくまで考えが浅はかだった私のせいです。。。
せっかくのニューフェイスのご紹介がこの様な記事になってしまい申し訳ないです(汗
次回はまた明るい話題をご紹介したいですね。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事