つれづれ飼育日誌

飼育している生体の飼育日誌です!

魚全般

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

混泳水槽その後

皆さんこんばんは。
おかげさまで風邪の方は大分良くなってきましたが、仕事がめちゃめちゃハードになってきております(汗
先週⇒島根、今週⇒和歌山、大阪、熊本・・・・ってなんじゃこりゃ!?
実は大切なお客様の地区ごとのブロック会議というものがございまして、その席で商品説明会という大役を頂きまして上記の様な日程をこなしてまいりました(汗
ハッキリ言って殺人スケジュールでした(涙
でも大切な家族、飼育個体を食わしていくためです!
弱音は吐いてられませんよね!!

で、本日は我が家の混泳水槽のその後です。
イメージ 1

あっ!!・・・・・いきなりバレてしまいましたね〜(汗
そうなんです、レッドSHのクローン君をポチャ!っと入れてしまいました!!
しかも既に2週間程経ちます!
毎回なのですが何故か問題無く混泳出来てしまっております。


では住人のご紹介です。
まずはボス、マルリウス・スネークヘッドのマリウスです。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ハッキリ言ってゴツ可愛いです!
そろそろどうですか??、TAKAZEROさん♪♪


次に恥ずかしがり屋のコブラスネークヘッドのビリー。
イメージ 5

今回も相変わらずの隠れっぷりで1枚のみです(汗
でも可愛いらしい顔してますよ♪


その次はコウタイのマリー。
イメージ 6

相変わらずのブルドック顔です(笑
最近は余り前面に出てきてくれません(涙
でも良く見ると既に35冂になってました!!


お次はオセレイト・スネークヘッドのヘンリーです。
イメージ 7

現在ちょこっと頭のてっぺんがハゲてしまっておりますが、この水槽一の華やかさです♪
絵になる奴です!


SH最後が新入り、レッドスネークヘッドのクローン君。
イメージ 8

早いもので既に36、7僂呂△蠅泙垢諭
思えば25冂度の時に一度この水槽にチャレンジしてオセレイトのヘンリーにボロボロにされましたが今回は成功です。
でもやはり入れたばかりの時はヘンリーと小競り合いが何回もありましたが今では一番仲良しかも♪
遊泳種同士なので一番前面に出て来てくれます!


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

どうですこのメンツ!!
この組み合わせはなかなか無いと思いますよ!

それにしてもこの水槽、現在マルリウスSH、コブラSH、コウタイ、オセレイトSH、レッドSH・・・・。
我ながらとんでもないですね(笑
糞の量も我が家の水槽一です(汗


・・・・・おっと、ここで最後の住人を忘れてました!?
ブラックタライロンのヴォルタ君なのですがこの撮影時、全く出て来てくれませんでしたので今回のお写真は欠席という事で(汗
でも一番小さいくせに一番威張っておりますよ!!

混泳

こんばんは。

ここ数日オリオン座流星群の話題で持ちきりですね。
自分も昨日夜、10時と0時頃に外で夜空を眺めてみましたが全く見れませんでした(涙
で、本日もネットを見ていると「昨日夜10時45分頃、和歌山市上空」などとかなり見ることが出来た的な記事が・・・・。
何故でしょう!?(涙

では気持ちを切り替えて、本日は我が家のSHワールド水槽です。
イメージ 1

と言いつつ向かって右の奴はブラックタライロンですね〜(笑
ではまずブラックタライロンのヴォルタ君から。
イメージ 2

イメージ 3

こやつ、最近もの凄く餌食いが良く、一番小さいくせに一番食べてるかもです。
しかも見ていると一番威張っております。
この水槽で一番気の荒いヤンチャ者です!


続きましては・・・
イメージ 4

マルリウス・スネークヘッドのマリウス。
この水槽の影のボスで1匹だけ55冂度あります(汗
今回は残念ながら前面に出てこなかったのでこの写真でカンベンを!(笑


お次は・・・
イメージ 5

コウタイのマリーです。
なぜかとんでもない場所からのアプローチとなりました(笑
ここ暫く眼の白濁が目立ちます(汗
でも気が付くと完治していたりと繰り返しです。
多分、水質の問題だと思うのですがこの水槽でこやつだけなんですよね〜。
まぁ見えていないわけでは無さそうなので気長に治していきます♪


さてお次はこの水槽の花形です。
イメージ 6

そう、オセレイトスネークヘッドのヘンリー君です!
イメージ 7

相変わらずギラギラです。
最近また大きくなり現在は目測で35僖ーバーです。
体形も厚みが増してまいりました。
やはりオセはSHの中では異色の存在ですね。
体形が全然違います。
体色も良い感じの発色を見せてくれております。
良いSHですね♪


イメージ 8

それにしても、この組み合わせはなかなか見れないと思いますよ!





て、あれ??
1匹たりませんね〜(汗
そうです、コブラスネークヘッドのビリーが写っておりません(笑
一番のビビリなので撮影中全く出てきませんでした〜。
なので次回ですね(笑

混泳成功!?

こんちは。
徐々に秋に近づいておりますね〜。
なんか今年はあまり季節感が無い様に思えます。
やはり夏は夏らしく、冬は冬らしく!が良いです。
個体達からしてもやはりある程度の季節感は必要かと。
繁殖などをなされていると特にでしょうね。
何にせよ冬の電気代が非常に恐ろしい今日この頃です(笑

えーと、前回は混泳失敗のご報告を致しました。
で、今回は一応成功している水槽のご紹介です。
これです!
イメージ 1

そうです、2Fのもう一つの120水槽にオセレイトをポチャ!っとしてしまいました!
結果、さまざまな不安をよそに全く問題無く、あたかも以前からそこに居る様な雰囲気を漂わせております!!
新参者の投入でビックリして暴れてのウロコ剥がれ程度はありますが、特にケンカも無い様子。
順調です♪

ではこの水槽の住人のご紹介です。
まずはこの水槽の陰のボス、マルリウス・スネークヘッドのマリウス君50僂任后
イメージ 2

こやつ1匹だけデカ過ぎです!!
でもそこはボス、手下共に危害を加える様なまねは致しません。
温厚な良い奴です♪


次にコブラスネークヘッドのビリー君35僂任后
イメージ 3

こやつはコブラのくせに成長がめちゃ遅いですね〜(汗
食べてるんですけどね〜。


で、3番手はコウタイのマリー君32僂任后
イメージ 4

中央が奴です。
このマリー君、少し前から目が白濁してしまう様になりました(汗
最初は何処かに擦ったのかな??と思っておりましたがどうやら水質の影響が絡んでいるようです。
それは換水すると白濁します。
多分、新水によるカルキなどの影響があるのかもです。
ちゃんとカルキは抜いてるのですがね〜(汗
暫くは様子みます。


SH最後はオセレイトスネークヘッドのヘンリー君32僂任后
イメージ 5

こやつ、新参者のくせしてこの水槽で一番華やかで目立っております(笑
やはり遊泳種が入るとその水槽自体に動きが出るので見ていて良いですね♪
でもこいつは気が荒いですね・・・(汗
その詳細は後ほど!

全員集合です!
イメージ 11








・・・・・んっ!?
この尾ひれは・・・?
イメージ 6


はい、この水槽唯一の別種、ブラックタライロンのヴォルタ君22僂任后
イメージ 7

暗くてなんだか良く分かりませんね(汗
今回のオセの投入に併せてセパレーターを外してみました。
サイズ的に一番小さいのでちょっと心配でしたがそこはホーリー種、気性の荒さでカバー出来ております!
近づく者はたとえマルリウスの50儻賃里任△辰討皸匈鼎靴討泙垢らね〜!!
でもここ数日は大分落ち着いてきましたけどね。

と言うわけで現在この水槽にはSH4匹、ブラタラ1匹の計5匹が混泳しております。
面白い事にそれぞれにお気に入りの場所があります。

マルリウス⇒向かって左端
コブラ⇒中央ニセ草の陰
コウタイ⇒中央水面近くを浮遊しているニセ草の陰
オセレイト⇒中央手前
ブラックタライロン⇒向かって右端のニセ草の陰

このテリトリーによって今のところバランスが取れている様ですね!
今後も順調であります様に願います!!


・・・・最後に実はこの混泳には被害者がおります。
それは・・・
イメージ 8

レッドスネークヘッドのクローン君25僂任后
イメージ 9

イメージ 10

痛々しいですね(汗
実は同時にこやつも投入したのですがオセレイトのヘンリーと相性が合わず、常に追い掛け回されてしまい、やむなく隔離しました(涙
現在は我が家のSH育成水槽でサルヴィンオオニオイガメのヴィンス君と仲良く??混泳中です。
サイズ的には多少小さいものの、ブラックタライロンよりは大きいのでいけるかと思いましたが同じ遊泳種のヘンリー君に目をつけられてしまいましたね〜(涙
でもこやつは腐ってもキングです、35〜40冂度になったら再度チャレンジです!
それか・・・・・その頃にはディアボ水槽かな!?

混泳失敗

こんばんは。

もう本格的な秋ですね〜。
最近は朝晩の冷え込みが激しい気がします。
いよいよ飼育個体達には過ごし易い季節の到来ですね!

さて、本日は題名の通り我が家の水槽で混泳失敗事件が発覚致しました。
まずは被害者。
イメージ 1

なんと!?
ポルトのローディー君です(汗

で、こちらは加害者。
イメージ 2

そうです、レッドSHのディアボっす。

これ、
「何をやってんだ??無理に決まってるじゃん!?」
と言われてもしかたないですがこの混泳が上手くいけば我が家の水槽事情にゆとりが出来るので一か八かにかけてみました。

・・・・・見事に失敗です(涙

ディアボの「最近活き餌を食わない」、ポルトの「他の大型魚となら混泳可能」の可能性にかけたのですが・・・。
失敗の原因は、この2匹(レッドSH⇒約60cm、ポルト⇒44)を入れるには現在の120×60×60では狭すぎたのと、やはりレッドSHは強かった!ってとこですかね(汗
まぁ体格差もありますけど。
実に混泳期間3日間っす。
日に日にポルトの生傷が増えていったので限界でしたね〜(涙
イメージ 3

イメージ 4

特にこの尾ひれ近くの傷が最後の3日目につけられた傷なのですが、この傷が最終ゴングでしたね(汗
現在は元居た90水槽で傷の療養中です。
餌食いは全く落ちていないので感染症にさえ気をつければ丈夫な種なのでこの程度の傷は問題ないはずです。
ローディー君ごめんなさい(涙
早く良くなって下さい!

それにしてもレッドSHのディアボ君、以前同種のディンギーを入れた時は平気だったので、個体間の相性もあるでしょうけど大型個体なら同種同士のが混泳し易いのでしょうかね〜??
う〜ん、難しいですね〜(汗
ご無沙汰です。

1ヶ月近く経ってしまいました(汗
仕事&プライベート(音楽関係のイベント等)でかな〜り忙しく、全く手付かずでした。

で、その1ヶ月近くの間に悲しい出来事が2つありました。
それは・・・・・

レッドスネークヘッドのディンギー(小さい方)とオセレイトを1匹、★にしてしまいました(涙
別に飼育自体、手を抜いていた訳ではなく、

オセレイト・・・前回の水漏れによる水槽の移動⇒環境が変わった事によるストレス⇒ジャンプの多発⇒ジャンプによる傷が原因で★

レッド・・・前日までは全く問題無し⇒翌日全身が傷だらけ⇒その傷が原因で★

この様な経緯です。
ただ、ハッキリとした原因が分からないのがレッドです。
全身の傷も噛まれたと言うよりは擦れた感じだったのですが特にストラクチャーも入っていないので原因が全く分かりません。
それに以前ディアボ(レッドスネークヘッド)に噛まれた時の傷の方が深刻だった気もします。
何故擦り傷程度で★になってしまったのか???
しかもそうなってから1日後に★です。
傷からの感染症であれば暫くは平気なはず。
こればかりは謎です・・・。

ただ、どういう原因にしろ飼育個体を★にしてしまうと言う事はやはり飼育者の責任です。
一時は何事にもやる気が起きず、落ち込む日が続きました。
でも残された固体達を考えると落ち込んでもいられない事に気付きました。
今は何とか立ち直りました。
これからは★にしてしまった個体達の分も残された個体達に同じ過ちを繰り返さない様に細心の注意を持って飼育に当たりたいと思います。

それにしても、いつかはこういう日が来ると覚悟はしておりましたがやはり辛いっすね(涙

残ったオセレイトのヘンリー君。
現在27僂阿蕕い砲覆蠅泙靴拭
イメージ 1


★になった方が青みが強かったんですよね〜(涙


再び1匹になってしまったディアボ君。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

心なしか寂しそうです(涙

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事