ここから本文です

書庫全体表示

琴平町(香川県)で「金毘羅山」を探索♪


江戸時代の中期、伊勢神宮へのお陰参りに次いで庶民の憧れだったとされる

    香川県琴平町にある 金毘羅参り (o^□^o)

  長く続く参道の石段が有名で、本殿までは785段

      奥社まで登ると1368段にもなる。海上交通の守り神として信仰されています。

イメージ 1


この 「金毘羅参り」 の楽しいことの一つとして

     道中に沢山のお店があること(*´∀`*)ノ この雰囲気はたまりません♪

   ついつい、この辺で寄り道をしてしまいますが、
  
        もし寄り道をほどほどにした場合、本殿までの片道は約30〜40分!

イメージ 3


この金毘羅さんは、石階段が長く大変!、私はイメージが強かったけど

     山登りのようなずっと登る階段ばかりでなく、平らな道があり、

   そして石階段、平らな道、石階段、そんな道で、道中の雰囲気も店が多く楽しいし♪

        想像してたイメージより、ちょっと楽かも… 

イメージ 4


とは言っても、やはり石階段が長いので、

     カゴにのって上まで上がる方もありますね (o^□^o)

   年配の方や、足の弱い方には嬉しいサービス! 少しのってみたい気も…

イメージ 2


ふむふむ (。・_・。)ノ

イメージ 5


石階段をのぼり始めて、一番最初に目にする大きな大門!

   ここがどうやら中間地点のようです (*^。^*)

イメージ 6


そしてしばらく平らな道が続き…

イメージ 7


また石階段があって、

イメージ 8


その繰り返しの果てに… \(゜□゜*)/

   じゃじゃ〜ん!見てきたのは 旭社

イメージ 9


まだまだ先は先があり

イメージ 10


そして、これが最後の階段です ヾ(≧∇≦*)ゝ

イメージ 11


ふぅ〜 やっと御本殿に到着!!!

  この御本殿は、大物主神と崇徳天皇を祀り、海上安全をはじめ、

     国の繁栄や農漁業、医療など、さまざまな願いを叶えてくれる神様だそうです♪

イメージ 12


さてさて (o^□^o)

イメージ 13


幸福の黄色いお守り!

イメージ 14


それにしても、ここから見る景色は最高ですね (^_-)-☆

    爽やかな風が、疲れた体を癒してくれます! この御本殿までは785段の石階段でした。

   この先も進むことが出来ますので、時間と体力がある場合、

       奥社まで、あと583段!ぜひぜひ行ってみてくださいね♪

イメージ 15


御本殿まで歩く場合は、けっこうのんびり歩いて30〜40分なので

    そこまでは疲れませんが、やはり登りより下りの方が足への負担は大きいようで

   下に着くころには、さすがにヘロヘロに (^^ゞ

     でも、大丈夫! 下った先には休憩できる店が沢山♪

        と言うことで、次回は金毘羅さんでであった面白いアイスクリームを紹介しますね。



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」








「金毘羅宮」

場所:香川県仲多度郡琴平町892-1 地図はこちら
電話:0877-75-2121

    公式ホームページ






  • 顔アイコン

    おつかれ〜

    どんな アイスかな? 楽しみです。

    [ oh ]

    2012/9/25(火) 午後 9:03

    返信する
  • わ〜すごい。登ったってことは降りなきゃいけないんですよねぇ。
    くだりはリフトがある、なんてことはないよね???
    お疲れ様でした。

    みる

    2012/9/25(火) 午後 9:48

    返信する
  • 顔アイコン

    旅人間さーん
    こんぱんだ♪ヾ(●ω●)ノ”フリフリ

    こんぴらさん…
    o(*^ー^*)oお疲れ様でした!

    りんちゃんなら…へたつてます…ρ(・ω・、)イジイジ
    最近…
    足腰…ぽろぽろです‥

    ポチ★

    リンちゃん

    2012/9/25(火) 午後 10:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事