賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
婚外子の遺産相続の件では民法を「憲法違反」としたのに、同じ憲法で定められている【契約自由の原則】に違反している『放送法』のNHK受信契約については、
「本人の意思に関わらず、NHKの通知後2週間で受信契約が成立する」
という判決が確定した。
 
つまり、NHKは個人に受信契約を強制できるということになる。
 
産経新聞11191431分配信記事↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
NHK受信契約「拒否しても通知後2週間で成立」東京高裁判決確定の波紋 支払い義務強調? 現場に影響も
 NHK受信料の支払いを拒んでも、テレビを設置していればNHKの通知後2週間で受信契約が成立することを初めて認めた東京高裁(難波孝一裁判長)の判決(10月30日)が確定したことが18日、分かった。NHKによると、未契約世帯は昨年度末の推計で約23%に当たる1081万世帯。「自動成立」を認めた判決は今後の受信料徴収に大きな影響を与える可能性があるが、識者からは「半強制的な手法は公共放送にそぐわない」との声も上がっている。(以下略)
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
日本国民はこれにより、見たくもない番組ばかりでも強制契約で金を取られ、もしくは韓国や中国のドラマを見るよう強制させられ、また韓国や中国を賛美する内容のバラエティ番組、ニュース番組、語学番組などを製作放映するために、日本国民のお金が自動的に使われる(既にそうなっている)事になる。
 
それに対して国民が批判目的で受信料を拒否しても、告訴されて“違約金”と云う名の加算金を毟り取られる。これを拒否するならば、次は、
「NHKと契約しない者へは、懲役刑または罰金刑を科す」
という司法の判断が下される可能性も高い。
 
その場合【契約自由の原則】と「憲法違反」云々はまったく無視されることになる。
 
もしも私がNHK上層部の一員なら、次の手はこう打つだろう。
 
●「NHKの組織改革」を旗印にNHKの受信料徴収のセクションを強化し、そして新たにNHKを統括する機構を作り、国家行政組織法第3条に基づく「三条委員会」とする。具体的には総務省の外局として設置するよう働きかける。
 
●実質が国民総背番号制の「マイナンバー」にリンクさせて、日本国民全世帯の完全掌握を行う。テレビ未設置の可能性がある世帯についてもリストアップし、「三条委員会」が令状無しで踏み込める特権をフルに生かし、どんどん摘発する。
 
これ即ち、NHKの受信料全体主義化=「ナチス化」、受信料徴収機関の「ゲシュタポ化」である。
 
原子力規制委員会が三条委員会となってアンタッチャブルな存在になったのだから、NHKに知恵者がいれば同じことを考えつく筈だ。
 
私たち日本国民は、見せかけの「自由」とか「人権」とかに踊らされるだけで、その実は単なる搾取対象にしか過ぎないのか・・・
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
ブログランキングに登録しています。
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。
         ↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …

閉じる コメント(2)

顔アイコン

外国人を地方公務員にしていることも、外国人に生活保護を支給していることも、憲法違反だ。
何とかしろ!

2013/11/21(木) 午後 9:35 coffee

顔アイコン

coffee様、毎度有難うございます。
なにしろ一党独裁国家・中国の国営放送と提携して建物内部に在日セクションを常駐させているNHKのことです。日本人排斥は当たり前なのでしょう。

2013/11/26(火) 午前 4:08 [ tafu ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事