賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
中共が邪悪な本性を露呈した六四事件(第二次天安門事件)から25年が経とうとしている。事件に抗議する民主運動の拠点・香港ではこの25年の間で、民主運動の盛り上がりと停滞が何度も繰り返されてきた。
 
しかし近年の民主化運動の隆盛には従来の運動の枠を超えた力強いものがあり、去る4月26日、ようやく「六四紀念館」がオープンするに至った。
 
(香港)無線新聞2014426配信記事↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
支聯會六四紀念館開幕
支聯會在尖沙咀設立的六四紀念館正式開幕。有參觀的市民表示,希望了解六四事件的真相。
將八九學運期間,人民日報反動亂社評撕走,六四永久紀念館正式開幕。支聯會主席李卓人表示,等這一天,已經等了二十五年。
李卓人:我很記得當年我在天安門廣場,六四屠殺之後,北京市民叫我們將六四真相告訴全世界,我們沒想到二十五年之後,今天在中共統治下,將六四屠殺的記憶完全禁制,任何關於六四的討論在國是不容許,真相是不斷模糊化,我們是用真相抗衡他們的禁制。
有來參觀的市民表示,希望在這裡解開六四的疑團,有參觀市民:為何一些學生是自己的國民,可以給自己軍隊打死,很多年我沒有看過錄影帶,真的太殘忍。
亦有地學生希望了解六四事件。地學生()以官方的角度講一些東西,當然可能不全面,角度也不多元,我只是希望平反,算不算失望,我也講不清楚。
支聯會表示,六四紀念館每年營運開支要約八十萬,入場費預計可以收回一半,餘款靠籌款及出售紀念品。
紀念館所在的商業大廈,法團指紀念館違反大廈公契準備提出訴訟。支聯會人員在大廈大堂採取管制人流措施,每十五分鐘,讓二十名持籌的市民進入大廈,大廈亦有兩名保安維持秩序。
團體「六四真相」則在大廈外示威,指罵支聯會的職員,批評支聯會提出平反六四的訴求。大批警員維持秩序。(以上引用)
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
「支聯會」というのは、主催する民主派団体「香港市民愛國民主運動支援聯合會」のことである。
 
「六四紀念館」
地址:九龍尖沙咀柯士甸路3號富好中心5
開放時間:(月、水、木、金)午前10時〜午後6
(土、日、祝日)午前10時〜午後7
入場費:HK$10(日本円=130円)、4以下は無料
 
過去には香港でも、64日天安門事件で中国軍部による虐殺は無かった」と発言した親中派政党の党首がいた。「民主建港連盟(民建連)」の主席だった故・馬力氏がそれで、民主派各党や圧倒的多数の香港市民から総スカンを食らって中国本土に“逃亡”。
 
結局彼は香港に戻ることなく2007年8月8日に広州で病没した。享年55歳。この馬主席(当時)の中国遁走は名目上『病気療養』という事だったが誰も真に受けておらず、本人も広州市内で香港メディアに捕まり平然と「発言は撤回しない」と言ってのけ、香港市民の怒りに燃料投下していた。
 
よく「人の将に死なんとするその言や善しと云うが、この御仁はその格言の逆を地で行った訳である。しかし中共政府から見れば、その言行は“忠臣の鑑”という事なのだろう。棺桶には中共国旗「五星紅旗」が巻かれたそうである。
 
「河野談話」という妄言を撤回せずに老残の身を晒す我が国の親中派筆頭、河野洋平氏なんかも、その本心は棺桶に「五星紅旗」を巻いて貰って中共に哀悼の意を表されるのを望んでいたりして。河野へのお中元として、真っサラの中国国旗を贈ってやるのも悪くないかも知れない。
 
それはともかく、日本に於いては「天安門事件」について中共の肩を持ちたい反日の輩が多数いる筈なのだが、どれもこれもダンマリを決め込んでいる。これらのあぶり出しと相応の始末が、私たちに課せられた目標ではないだろうか。
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
ブログランキングに登録しています。
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。
         ↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …

閉じる コメント(10)

顔アイコン

まー、支那には、内乱、内戦がお似合いだ。

2014/6/3(火) 午後 10:32 coffee

頭に上った血に任せ、貴方のブログに書きたい放題したことをお詫び申し上げまする。

申し訳ありませんでした。

と、書いておきながら、あと1つだけ非難しておきたいネタがあります。

今度は感情任せのバカコメントで終わらせやしませんから。

2017/5/6(土) 午後 6:58 [ 妄想大好き人間 ]

何にもの申すか?

天安門事件のことを取り上げるのはいいとして、しかし、それに関して思いきり抜かしている事があるでしょう。

それは、「一無所有」。
あの日、北京の多くの若者が空に声を響かせた歌てす。

そして、それを広めたロックシンガーの“崔健”。
80年代まで中国になかった“ロック音楽”を、独特の歌調と共に広め、本土に自由への意識を伝えた偉大とも言える存在。

その、偉大な歌と、歌手を取り上げないのは何故ですか?

それが取り上げられていれば、少しは尊敬しましたし、無礼なコメントだって書かなかったのに。

貴方は20年来アジア中を旅されているが、その二十年で何を知ったというのか?
崔健1人取り上げられないのに、天安門のことを語れるのか?

貴方は経験さえあれば馬謖にならないとお思いですか?

2017/5/6(土) 午後 7:08 [ 妄想大好き人間 ]

あと、補足?

「歌てす。」→「歌です。」

点抜かしたのは単なる入力ミスです。
一語ずつ入力しなかったのが原因。

チョンだからじゃありません。
念のため。

2017/5/7(日) 午前 9:07 [ 妄想大好き人間 ]

顔アイコン

妄想大好き人間さん、お越し頂き有難うございます。
最初からこのようにコメントされていれば、大した話では無かったのですがね。

貴殿の過去コメントはPDFファイル化して、所轄署の紹介で県警ネット担当と相談しましたが、「もう少し証拠固めの材料が欲しい」云々との事で、その後貴殿からコメント無いため、保留のままです。しかし今回頂いたコメントで、取り下げる事にしました。

私はブログ書き出して14年になりますが、過去に2回、暴言や脅迫、強要で訴え出たことがあります。最初は11年前に某共同ブログで書いていた時、次は8年前に産経イザ!ブログで書いていた時でした。当時は住所まで公開していたので、かなりきつい事もやられました。半年で4回も玄関前に猫や雀の死体が置いてあるなんて、偶然なんですかね? 当時は娘が小学生だったこともあり、それ以来、常軌を逸したコメントやメールは全て訴え出ることにしています。(続く)

2017/5/8(月) 午後 7:53 [ tafu ]

顔アイコン

(続き)もっとも警察も立件するのに時間をかけ過ぎで、最初の時は書類送検まで3年もかかりました。その間、こちらも所轄署や検察に何度も足を運んだりで、無駄な時間をとられました。要するにネットで暴言や脅迫強要を書くのは本当につまらんことです。

さて、ご質問の崔健「一無所有」、懐かしい歌ですね。しかし毎年開催される支聯會の六四集会でいつも皆が唄っているのは「血染的風采」とか「祭英烈」とか「自由花」とかで、「一無所有」は全然歌われてませんな。何でかはこっちが知りたいくらいです。それに私は“六四マスター”じゃないので、

>その、偉大な歌と、歌手を取り上げないのは何故ですか?

と言われても困りますわ。(続く)

2017/5/8(月) 午後 7:58 [ tafu ]

顔アイコン

(続き)だいたい貴殿のコメント、
>それが取り上げられていれば、少しは尊敬しましたし、無礼なコメントだって書かなかったのに。貴方は20年来アジア中を旅されているが、その二十年で何を知ったというのか?崔健1人取り上げられないのに、天安門のことを語れるのか?貴方は経験さえあれば馬謖にならないとお思いですか?

これが無用な強要というものです。
私は他人に尊敬されるためにブログ書いている訳ではありません。貴方が尊敬するしないは貴方の感情であって、私の知ったことではない。逆に聞きたいのですが、あなたは誰かの尊敬を得るためにブログ書いていますか?もしそうだとしたら、それはそれでご立派なことだから続ければよろしい。しかし、御自分の価値観は正しいから他人に強要してもよいとお考えですか?

いま一つ判らないのは、役職定年間近のしがない土建屋サラリーマンの私に、何で見も知らぬ人たちがネット上で執拗に絡んでくるのか、しかも3年前のエントリーで。(続く)

2017/5/8(月) 午後 8:03 [ tafu ]

顔アイコン

(続き)また以前の香港警察の話にしても、ネット上で知る限りのことを曝け出す訳にはいきませんわ。最近は芸能人や政治家がツイッターやブログで内密の話を出したりしてますが、あんなの全部本気で受け取ったらバカでしょう?情報操作の意図は疑うべきだし、本当の機密は隠すのですよ。

私は只のサラリーマンですが、ここ十数年の様々な行きがかり上、ブログで公開している交遊や政界、諸官庁との付き合いがある。香港警察の内部事情等、その人たちの好意を無にするような事は書けません。こんなの社会の常識と違いますか?ま、敢えて例えれば『無門道』の国際版が現実にある、という事です。

最期に、あれ以来貴方のブログを毎回拝見しておりますが、香港警察に特化した内容は面白くて勉強になります。Yahooがどう判断するか知りませんが、続けられるまで続けた方がいいと思いますよ。では。

2017/5/8(月) 午後 8:07 [ tafu ]

顔アイコン

なぜ今更ここにまたコメントするかと?
それは…理由なんか聞かないでくださいまし。

一応言い訳しておくと、シナとチョンのアンチ的な人に限って、崔健に全く触れないんですよ。
存在を知っていても『シナの朝鮮族』としてしか認識してないので無視してるのでは、というのが私の邪推です。
あれだけ中共が恐れた人なのに、注目してあげないということは、結局アンチ反日で偉そうな事ほざいてもその程度か。というわけです。

また、香港警察に対するネット上での扱いにしても同様です。
デモ鎮圧に当たったのはPTU(機動部隊)という部署なのですが、その名称で呼んでいる人は殆どおらず、また、出動服を迷彩服と誤認したり、大陸から来た武警のように思わせようと書かれている場所もありました。

お分かり頂けますか?
政治的観点だけで全てを見、それが正しいと思い込んでいる人に腹が立つのです。

最も貴方の仰るように、そんな事で一々キレる方が馬鹿なのかもしれませんが。

2017/7/2(日) 午後 6:06 [ 妄想大好き人間 ]

顔アイコン

それと、話はだいぶずれますが、崔健の歌のことで、最近思いついたことがあるのです。

中国艦が尖閣のあたりをウロチョロしている問題ですけど、それに関して、この曲を利用できないか?と↓
https://www.youtube.com/watch?v=CgCBkLkyBS8

これも崔健の歌で、「最後一槍」っていうんですけど、中越戦争の悲惨さを歌った反戦歌で、本土では歌詞が削除されたという代物です。

これを中国艦に向かって大音量で流す。
向こうの兵士の何人が「四面楚歌」の故事を知っているか知りませんが、戦意喪失の効果が無いと言い切れますでしょうか?

単純ですけど、中共が嫌う歌を、日本で重用する。
それもまた中共への牽制になりますよね?

ところが同じことをネット上に書いている人はいません。
ましてや崔健を知ろうとしない朝鮮アンチの人は・・・やっぱりその程度?

最後に、改めて、今まで酷い書き込みで不快な思いをさせたこと、お詫び申し上げまする。と言いつつ、他にも書き込みたい記事があるのですが。

2017/7/2(日) 午後 6:19 [ 妄想大好き人間 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事