賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
日本のメディアは詳しく報じていないようだが、香港の民主運動と公正な普通選挙実施問題をめぐって米オバマ大統領と習近平がかなり強く意見の応酬を演じていた。
 
香港・蘋果日報1113日 配信記事↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
中美元首論佔中 習近平首指佔領違法
【本報訊】國家主席習近平與美國總統奧巴馬昨在北京結束會談,雙方在聯合記者會上首度開腔談及雨傘運動。奧巴馬表明,美國並沒煽動佔領,但鼓勵香港舉行透明公正並反映港人意願的選舉。習近平首度公開表明佔領運動違法,又強調香港事務純屬中國政,外國不應干涉。時事評論員劉紹則指,習首度公開支持特區政府依法處置佔領行動,「令危局更加危險」。
記者:白 琳 謝明明
昨天中美元首聯合記者會上,奧巴馬明確否認美國參與雨傘運動的指控:「在香港問題上,我和習主席也提到了這個,我毫不含糊地了,美國對那邊所發生的抗議活動,在煽動(fostering)這些事情上沒有任何參與。因這些問題最終是由香港人民和中國人民決定的事情。」
奧巴馬同時表示,捍衞表達權利是其外交政策和價觀的一部份,並且「鼓勵香港的選舉應是透明、公正、且反映出當地人民意願」。雙方論及人權問題時,奧巴馬稱美國會為普世自由發聲,「無論是在紐約、巴黎或者香港」。
(以下略)
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
そもそも中共には「三権分立」の概念が無い。立法と司法の最終判断を司るのは「全人代常務委員会」であって、香港基本法の各条文に関する解釈権を握っているのも、北京の全人代。法など有って無きが如しというのが実情である。
 
そんな中共が何かと言うと「法に則って処理する」とか「セントラル占拠は違法行為」云々とのたまうのは、ちゃんちゃら可笑しい話。
 
また香港の「一国二制度」と「50年不変」「港人治港」は中共自身が国際公約したものであるが、習は「香港問題は中国の内政干渉」と馬鹿の一つ覚えのように繰り返して国際社会の目を逸らそうとしている。
 
この中共に対して西側諸国は、国際金融の中心のひとつである香港の地位保全と香港人の権利擁護を目的とした、
「香港関係法」
なるものを各国毎に制定し、国際的圧力を加えるべきではなかろうか
 
それにしても、習と会った安倍首相が香港問題について一言も触れなかったのには失望した。自民党内の親中利権屋や中共崇拝の公明党に気兼ねしているのだろうか、愚かな話である。
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
ブログランキングに登録しています。
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。
         ↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …

閉じる コメント(4)

顔アイコン

武力衝突に突入したら、アメリカは民主派に資金や武器を供給するべき。

2014/11/15(土) 午前 11:38 coffee

顔アイコン

香港民主派のリーダーはCIAの回し者?と言う記事、ニュースが結構ありますね。

ウクライナに内政干渉して荒してる米国の事だから、
米国の利権の為に香港にも、内政干渉してる可能性も十分に考えられます。

2014/11/16(日) 午後 5:04 [ 魔法 ]

顔アイコン

coffee様、毎度どうも。
何度も恐縮ですが、「武力衝突」は広東省と人民解放軍広東軍区が北京に離反しない限り、あり得ませんよ。
今の民主派の主流は学生、特に中高生なんですよ。
彼らに武器提供して「殺れ」なんてことはアメリカがやる筈ないです。

2014/11/17(月) 午前 1:24 [ tafu ]

顔アイコン

魔法様、お越し頂き有難うございます。
CIA云々の記事は、情報攪乱戦のひとつでしょう。特に中共側の。
大体、CIAが入っていれば、民主派はもっとまともな統制がとれていますよ。
民主派の主力は学生、それも中高生が相当います。
物資補給などは、当事者たちから事情を聴き知っています。もっとも今の段階では、中共側に情報が漏れるので書けませんが。
私は先月12日に民主派政党の党首と会談しましたが、非公開だったにも関わらず一週間後には親中派がネットに書き込んでいました。

それから、香港の問題は「内政干渉」ではありません!

2014/11/17(月) 午前 1:33 [ tafu ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事