賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
先日、陳さんのところで、中共の地下軍事基地に関する【大紀元日本】3月24日記事が紹介されていた。↓
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
香港誌、中国「地下でスーパー級の核基地」を建設
【大紀元日本324日】中国の地下にスーパー級の核基地が建設されていると、香港政論誌・争鳴3月号が報じた。1992年2月27日に建設が決定され、1994年3月に着工、2019年の完成を目指している。
 「軍事の長城」とも呼ばれる基地は全長9600キロ、10省1都市を結んでいる。北京から始まり、山西省太原市、陝西省天水市、四川省綿陽市、四川省宜賓市、貴州省貴陽市、湖南省懐化市、湖北省石門市、河南省許昌市、山東省済寧市、河北省保定市を通って北京に戻る、という巨大な環状基地となっている。深さは場所によって50〜180メートルとなっており、1級道路(4車線)、2級鉄道線路(複線)、3級道路(2車線)などが建設されている。
 総工費は5兆5000億元(約106兆円)。当初、2020年に完成する予定だったが、2019年の中国建国70周年記念に合わせるため、工期を前倒しして進められている。
  同基地について、中国国防報は09年、核兵器を管理する第2砲兵部隊が中国北部にある山岳地帯の地下で、核兵器を保管する「大規模なトンネルを複数の地域で建設中」と報じ、存在を認めていた。(以上引用)
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
この記事の元ネタである香港の政治誌『争鳴』は香港の右派月刊政治誌で、日本で云えば『諸君!』とか『Will』に近い立ち位置である。香港に行ったら毎回購読している。その2015年3月号が、これ。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
このニュースは中国のTV「中央電視台」にて既報の事でもあり、日本のマスコミも報じていたと思っていたが、どうもそうではなかったようである。
 
中共との有事の際、この巨大地下“要塞”を如何にして破壊するかが勝敗のカギを握るであろう。
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
ブログランキングに登録しています。エントリーを書く励みにもなりますので、
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。
         ↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …

閉じる コメント(2)

顔アイコン

日本も早く核ミサイルを持たないとダメです。
急げ!核武装!
維新政党・新風を応援し、投票しましょう。

2015/3/28(土) 午後 1:19 coffee

顔アイコン

coffee様、毎度有難うございます。
核武装は当然でしょうね。やりましょう。

2015/3/29(日) 午後 9:17 [ tafu ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事