賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
日弁連(日本弁護士連合会)がまとめた、死刑判決回避を目指す手引き「死刑事件の弁護のために」が波紋を呼んでいる由。死刑廃止を訴えている日弁連らしい文書である。
 
読売新聞1019856分配信記事↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
「取り調べは原則黙秘」…死刑弁護の手引が波紋
 死刑求刑が予想される事件の弁護活動について、日本弁護士連合会がまとめた手引が波紋を呼んでいる。
 否認事件などで被害者の裁判参加に反対するよう求め、取り調べで「原則黙秘」を打ち出しているためだ。日弁連内部にも異論があり、犯罪被害者を支援する弁護士団体は19日にも抗議声明を出す。
◆目標は死刑回避
 手引「死刑事件の弁護のために」(A4判110ページ)は、日弁連の刑事弁護センター死刑弁護小委員会が作成した。裁判官と裁判員に死刑判決を回避させることを「唯一最大の目標」と明記。被害者参加については、「被害者による質問で法廷が感情に支配され、証拠に基づかない質問がされる可能性がある」として、被告が起訴事実を否認していれば「参加に反対すべきだ」と記載した。
 捜査段階の取り調べでは、「早期に自白しても死刑回避の保証はなく、かえって供述内容が量刑を死刑に押しやる」として「黙秘権の行使が原則」と指摘した。マスコミ対応についても、「報道機関は言い分を正確に記事にするとは限らない」として「弁護人は公判段階まで取材に応じてはならない」「被告に、報道機関が面会を求めてきても一切応じないよう説得すべきだ」と求めた。(以上引用)
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
裁判官と裁判員に死刑判決を回避させることを「唯一最大の目標」と明記」というくだりには呆れた。死刑廃止の刑法改定運動よりも、死刑回避の実績を増やして世論を変えようという魂胆のようで、法を扱う専門家の態度としては不誠実な感を抱かざるを得ない。
 
ただでさえ「一人殺しただけでは死刑判決は出にくい」という状況なのに、このまま日弁連の思惑が通って、
< 死刑回避判決多発 → 死刑廃止へ >
ということになれば、予想刑期と実年齢、出所後のスケジュールを勘案して殺人計画を立てる、ヒットマン・ヤクザ的な輩が出現するであろう。
 
しかも昨今の刑務所は以前に比べて、受刑者の人権が配慮された快適性に富む施設へと変貌を遂げつつあると聞いている。食うに困っていよいよという時は、気に食わない奴を殺って懲役20年程度ガマンという選択肢もあり得るか。
 
そして取り調べでは上記の「手引き」通り黙秘を貫き、お偉い死刑廃止論者の弁護士先生に一任すると。
 
もちろん被害者の遺族はやりきれない事になるが、それならそれで報復として出所した加害者に制裁を加える(つまり、殺る)。「死刑回避」なのだから、これもOKの筈だ。
 
斯くして「死刑回避 → 死刑制度廃止 → 報復殺人の連鎖」という事由が爆発的に増加し、それが社会の常識ともなってゆくだろう。要するに「敵討ち」が復活したとしても不思議ではあるまい。
 
まさに「一億総活躍」から「一億総ヒットマン」化へ。
 
これで、いいのか?
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
ブログランキングに登録しています。エントリーを書く励みにもなりますので、
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。
         ↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …

閉じる コメント(7)

顔アイコン

日本弁護士連合会は、ホントに酷い!
我々国民としては、もっと死刑のハードルを低くするよう働きかけていくべきです。

2015/10/20(火) 午後 8:54 coffee 返信する

顔アイコン

tafuさん、死刑が廃止されたら、誰か人を殺そうとでも思ってるの?

んなわけないでしょ。だから、記事削除しちゃいなよ。

死刑があるから被害者感情をより逆なでにする弁護が正当化されるというだけの話。死んじゃったら依頼者を守れたと言えないだろ!

2015/10/20(火) 午後 9:45 清高 返信する

顔アイコン

清高さん、お越し頂き有難うございます・と言いたいところですが、

>記事削除しちゃいなよ。

ずいぶんと上から目線だね

ご意見は尊重するが、削除云々を言われる筋合いは無いよ
あんたがどれだけ偉いか知らないが。

2015/10/20(火) 午後 11:15 [ tafu ] 返信する

顔アイコン

coffee様、毎度有難うございます。
個人的に数人の弁護士さんとお付き合いしていますが、どうも一般の弁護士と日弁連の幹部関係とは、温度差があるように思います。

2015/10/20(火) 午後 11:18 [ tafu ] 返信する

顔アイコン

それから清高さんよ、手前のブログでは「コメントTB投稿規定」やらを作って削除も厭わないくせに、他人のブログへは出張って言いたい放題かいw
死刑廃止か否かという議論以前に、あんたの「人」としての姿勢はどうなのかね?

2015/10/21(水) 午前 4:02 [ tafu ] 返信する

顔アイコン

そもそも、死刑になりたく無いというのならば、死刑に相当する程残虐な事件を引き犯さなければ済む話なのですがね。

被告の境遇や、被害者側の落ち度などを考慮して、酌量の余地がある場合は、死刑回避でいいと思いますが、どう考えても被告の身勝手な理由のみで被害者を惨たらしく殺害した場合は、死刑になっても仕方が無いだろうと思いますね。

死刑制度に問題があるとしたら、どう考えても死刑に相当するようなものが死刑にならなかったり、その逆の場合があるという事だろうと思います。ただ、これは刑罰の基準の問題なので、死刑廃止論とは若干議論がずれます。 削除

2015/10/24(土) 午後 3:41 [ som ] 返信する

顔アイコン

弁護士も、被告が死刑を回避できる方向に弁護せざるを得ない、酷な仕事である事は事実だろうと思いますが、死刑廃止ありきで弁護するのとは違うのではないかと思いますね。

名古屋アベック殺人のように「俺は少年法があるから死刑にならない」だとか、「人を殺してみたかった」などと発言するような人物の殺人に対する抑止力は、「死刑」しかないだろうと思いますね。そういった人物は「残虐な殺人を犯せば自分も殺される。」とでもしなければ、いとも簡単に殺人を犯しますから。被害者が一人でも場合によっては死刑でもいいと思います。

現状では廃止した方が良いとまで思わない為、廃止していないだけですね。廃止するにしても民意の取り付けが必要だろうと思います。 削除

2015/10/24(土) 午後 3:41 [ som ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事