賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
今日午後3時からの香港「7.1デモ」では、昨年秋より中共の弾圧に遭っている「銅鑼湾書店」の林店長が参加する。この林店長は先日、昨年1024日に中国広東省深圳で中共政府の直轄チーム(中央専案組」)に拘束されていた事実を明らかにした人物である。
 
(ご参考)2月1日付エントリー
<香港:書店関係者拘束事件は中共の悪行>
 
香港・蘋果日報6月30日配信記事↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
7.1遊行】上街捍衛自由 林榮基:為香港 也為自己
銅鑼灣書店店長林榮基被地拘押8個月後,返港大爆「被失蹤」真相,將中共惡行公諸於世。今年71遊行大隊由他領軍,林直言是首次參加71遊行,過去縱然關心社會,要看店的他根本難以抽空,但原來作為普通人,政治仍會隨時找上門,他呼籲港人7·1一定要上街,捍衛香港自由,既為自己,也為香港。(以下略)
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
今年のデモのテーマは、「決戰689,團結一致,守護香港」
 
689」というのは香港行政長官・梁振英氏のアダ名である。親中派ばかりの選挙に於いて中共推薦にも関わらず、過去最低の689票しか取れなかったので「689」と揶揄されるわけである。
 
 
イメージ 1
2014年の民主派占拠事件にて。中央の垂れ幕で「689あなたお休み」と馬鹿にされている。筆者撮影)
 
梁長官は2014年の民主派占拠事件では、一貫して中共の手先と化して民主派を弾圧していたが、流石に「銅鑼湾書店事件」については中共政府に対して懸念を表明している。しかし「今更何を・・・」といった感が強いのは否めないので、民主派の攻撃対象にされるのは自業自得であろう。
 
但し今年のデモ参加者の人数自体は昨年並みか、あるいはやや減少するであろう。これは香港の「本土派」(既存の民主派が中国の民主化も目的としているのに対して、香港こそが自分たちの“本土”であり中国は関係ないという立場の人たち)が大幅に増加し、従来の体制が運営するデモに参加せず、数派に分かれて独自の集会を開催するからである。
 
昨年6月、当ブログでは香港の“本土派”について下記のように述べた。
 ↓
2015.6.20付エントリー)
<香港民主派内の“本土意識台頭について>
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
現在の香港「本土意識」はまだ発生して日が浅く、「港獨」のムーブメントに直結している訳ではない。しかし今後はむしろ、中共の過剰反応が逆に、「港獨(香港独立)」のムーブメント興隆を促進してしまう可能性もあり、「本土派」の動きを注意深く観察してゆく必要があると思われる。
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 
あれから1年経ち、例の『銅鑼湾書店事件』で中共の非法な人さらい体質が露呈し、香港市民の怒りと不安に火をつける結果となった。中共は相変わらず「本土派」と「港獨派(香港独立派)」を攻撃対象としているが、その「本土派」と「港獨派」が増加した原因を中共自らが作り出しているのだから、愚かな話である。
 
以前から述べているように、香港「本土派」増殖は多様な民主派の運動を生み出す土壌となっており、この流れはもはや止めることは出来ないだろう。
 
そして今年は香港立法会議員選挙が実施される(9月4日)。私も汎民主派の応援のため現地入りするつもりである。
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
ブログランキングに登録しています。エントリーを書く励みにもなりますので、
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。
         ↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

香港は、厳しい。

2016/7/2(土) 午前 11:03 coffee 返信する

顔アイコン

coffee様、毎度有難うございます。
日本、台湾という海洋国家勢力の大陸における前哨拠点として、香港を自由民主世界側に保持し続けなくてはならないので、見捨てるわけにはいきません。

2016/7/7(木) 午前 3:15 [ tafu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事