賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
前エントリーで「出番だよ!前川さん」と書いたら、タイミングよく彼の嘘が露呈してしまったのには笑えた。
 
その記事が、↓

… … … … … … …… … … … … … … … … …

3ヶ月前の前川喜平「文部科学省の口利きで裏口入学なんてねーから!(笑)」

(http://netgeek.biz/archives/122016)

… … … … … … …… … … … … … … … … …

 
前川は3ヶ月前の講演会で裏口入学の噂を否定していた由・・・。
 
不正の佐野太局長は直接の部下だったのだから、上司としての前川の監督責任が問われて当然である。
 

… … … … … … … … … … … … … … … … ……

ブログランキングに登録しています。エントリーを書く励みにもなりますので、応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

… … … … … … … … … … … … … … … … ……

 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

座布団、3枚進呈。

転載させていただきます。

2018/7/8(日) 午前 4:51 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

ブログランキング、ポチ!

2018/7/8(日) 午前 4:54 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

tatsuya11147さん、評価有難うございます。

2018/7/10(火) 午前 2:50 [ tafu ] 返信する

顔アイコン

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。 削除

2018/7/11(水) 午前 2:34 [ omachi ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事