賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

全体表示

[ リスト ]

 
 
イメージ 1
(ベネチアン・マカオ、筆者撮影)
 
香港情勢が厳しくなっているので最近はカジノ系エントリーが少なく遺憾である。そこで先日訪れたマカオのカジノのうち、先ずは世界最大規模のベネチアン・マカオの現況を。
 
●ほぼ一年ぶりだったが明らかに変わったのは電子化が進んでいたことである。電子系スロットマシンは言うに及ばず、バカラや大小、ルーレットも電子機器の数が増えていた。
 
イメージ 2
G2E ASIAにて)
 
但し電子機器が増えた箇所は、以前は空き卓が並んでいた場所。閑散とした雰囲気でイメージが悪かったので、機械を置いておけば客の有無にかかわらず格好はつくといったところだろう。
 
またハウス側のカジノ経営戦略としては、人件費の削減(固定費減少)に繋がるから大歓迎の筈である。
 
イメージ 3
G2E ASIAにて)
 
気になるのは従業員組合との雇用関係の取り決めに関して、電子化がどこまでの線で許容されているかという点。これについては次回訪澳の折りに、関係者に取材してみたい。
 
●更に増えたのは電子機器だけではない。以前は消滅しかかっていたマカオ独特のゲーム「富貴三公」と「三公百楽家」卓が勢いを盛り返していた。
 
こういった特色あるゲームの存在が“マカオらしさ”の演出の一助になっているのは間違いない。思うに、せっかくだから次は「番攤(ファンタン)」、「牌九(パイガウ)」といったコテコテの地元独特ゲームも増やしてもらいたい。
 
※上記「富貴三公」、「三公百楽家」「番攤」、「牌九」の概略は、澳門博彩研究學會のサイトで紹介されている。↓
 
●最後に、ポーカーファンに朗報が。
 
ハイ・ローラー(高額賭博者)向けエリアの一角に、
「徳州撲克Texas hold 'em Poker =テキサスホールデム・ポーカー)
のテーブルが10卓ほど設置され、どの卓も盛況だった。
 
ゲーム掛け金もHKD25或いは50からと比較的取っ付きやすいので、腕に覚えのある方にお薦めする次第である。
 

… … … …… … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

… … … …… … … … … … … … … … … … … …

 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事