賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来25年、人生如賭博。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
このところ朝の駅頭で、日本共産党の街宣車や議員が狂ったように、
「安倍政権の戦争法案に反対しましょう!」
云々と大音量で喚きまくっている。
 
とにかく「戦争法案」「戦争法案」「戦争法案」「戦争法案」・・・この連呼で一般大衆を洗脳できると目論んでいるのだろう。
 
この「戦争法案」レッテル貼りとセットで彼らががなり立てている文句が、
「憲法9条を守る」というもの。
 
だがしかし、ここに彼ら日本共産党の主張の“まやかし”がある。
 
安倍政権の『安保法案』が「戦争法案」であるのなら、「戦争放棄を謳った日本国憲法に違反している」「安倍政権は憲法違反」と主張すればよい。ところが彼らは全くそれに触れず、ひたすら「戦争法案」のレッテル貼りに終始しているのである。
 
これはつまり、『安保法案』の中身がまとも過ぎて攻撃のネタとして使えないので、「戦争法案」というレッテル貼りしか出来ません・・・と白状しているようなものではないか?
 
日本共産党を「確かな野党」と評価する向きもあるが、どう考えても自分らの突っ込みの力量不足を“まやかし”で補おうとする不誠実な政治ゴロ集団にしか見えない。
 
斯かる集団に一票入れた非共産党員の選挙民は、頭を冷やすべきではないだろうか。
 
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
ブログランキングに登録しています。エントリーを書く励みにもなりますので、
応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。
         ↓
… … … … … … … … … … … … … … … … … …

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事