ぬるい特オタの備忘録

毎日 仕事中に、頭の中で同じ曲がぐるぐる回ってます。その備忘録がわり。

全体表示

[ リスト ]

今号は1957年(昭和32年)に公開された「赤胴鈴之助・新月塔の妖鬼」で、シリーズ5作目にして初のカラー作品だそうです。

イメージ 1
販売時のパッケージ、中身の冊子表紙…右下クリックで拡大できます

表紙を開くと公開当時のポスターが折り込まれて、その裏(3〜5ページ)に鈴之助、鈴之助を助ける白頭巾、雷之進、鬼首一門の紹介、変化屋敷の解説、この5作目が実際には「第3話」になること、今作の見どころなどが掲載されてます。

イメージ 2
ポスターページと、3〜5ページ

6〜7ページは「俳優名鑑」で、火京物太夫(ひきょう ものだゆう)や宝蔵院岳林坊(ほうぞういん がくりんぼう)といったレギュラーメンバーはこちらで紹介。金田益美さんの「特別寄稿」も載っています。

8〜9ページの「撮影秘話」では、安田監督が赤胴鈴之助役の梅若正二さんの持ち味を生かそうと、あまり芝居を付けなかったことなど記述と一緒に、主に撮影待ちや休憩中のショットが載っていました。林成年さん(竜巻雷之進)が時前の8ミリカメラで撮影風景を撮っているなど、珍しい写真もあります。

イメージ 3
6〜7ページ「俳優名鑑」、8〜9ページ「撮影秘話」、10ページ「資料館」

10ページの資料館には各種宣材の写真の他に当時の新聞広告も載っていて、こちらは青少年映画審議会推薦の「稲妻街道」という映画と同格の宣伝比率だったそうです。
(というか「青少年映画審議会」というポジションってもうこの頃にあったんですね…もっと緩やかな時代だと思ってました)

これまでのストーリーを竹内つなよし氏の絵で紹介したり、鈴之助の真空斬りで風を起こす表現など、1作目と比較すると全体にかなりわかりやすく・楽しく観賞できる工夫がされていました。

1作目が5月に公開されてからほぼ1ヶ月に1本のペースでシリーズが製作され、9月に公開された今作は5作目。カラー化はもちろんのこと、セットや殺陣・映像効果・音響などいたるところが改善されているのがよくわかります。当時のスタッフさんの向上心に脱帽です。

次の23号は、1958年(昭和33年)の「日蓮と蒙古大襲来」です。
子供の頃にTVで観て、蒙古の船のシーンに見入った記憶がある映画です。いまから楽しみです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事