すてきな空間・すてきな時間

いつもご覧頂きありがとうございますm(_ _)m

アオシマDD51三つ目改造記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ボンネット

イメージ 1

みなさま こんばんは

三つ目を製作するためには、ボンネットハッチの改造も必要になります。


キットのハッチが後期型なのに対し、国鉄時代(700番台)は中期型?のハッチですので、ネットで

画像を検索して調べてみました。










イメージ 2

鉄道記念館の615号機は鉄板のボルト締めなのに対し、745号機は鉄板に補強のためのリブが入った形に

なっていて、さらにこのリブは切り欠きになっている(赤矢印の部分)事が解りました。









〜作り方〜

イメージ 3

まずは締め付けボルトを表現するための仕込みです。


・0.3个旅歙を1.2个離廛虍弔砲困蕁舛辰畔造戞蔑△禄崔紂はみ出した鋼線でボコボコ)、およそ0.4个

 高さになるまでペーパーで擦り下げていきます。


調整が終わった「 廚法屬ゆまる」で型取りをして、それにポリパテを盛って乾燥したら1000番程度の

  ペーパーでポリパテがはみ出した部分を落として型から円柱状になったボルトもどきを取り出します。

 (静かに曲げると浮き上がって来ますが、極度に曲げると1回しか使えない型になりますので要注意)



※あと、このボルトもどきは「ラジエターカバー無し」の改造でも使います。










イメージ 4

I品番号【A2 機関室ボンネット】のモールドを全て削り落として、Nゲージ時代に買って10年近く眠ってた

  エバーグリーンの0.25弌0.5丱廛虔身弔鮖箸な箒リブを表現して、その上にボルトもどきを一つずつ

  流し込み接着剤で固定していきます(^_^;)タイヘンタイヘン

 (配置間隔は、それぞれの角を起点として等分になる寸法です)



あと、取っ手部分はφ0.3mmの真鍮線を3佗のコの字に曲げて取り付けるのですが、プラ平板のリブを

接着する前に0.4个硫七蠅魍けないと、↑機関室ボンネットの裏側から攻めなければならないので、冶具を

作ったりしてかなり苦戦しました(^_^;)シクッタ










イメージ 5

完成するとこんな感じになりますが、ボルトもどきと取っ手の幅が広すぎて誇張気味になってしまいましたが

まぁ、これでヨシとしました(^^ゞ










〜架線注意〜

イメージ 6

745号機は「架線注意」の表記が↑ここに取り付けられています。










イメージ 7

プラ板だと厚みがあるし・・・と悩んでいたら、付属のエッジングパーツの黄色い矢印の↑この部分を

長さだけ合わせるとビッタシになるので、これを切り出して微量の瞬着で固定して完成です☆










〜おまけ〜


イメージ 8

組み立て説明書とほぼ同じ順番で製作していたのですが、次の工程までこうして飾って眺めては完成する

瞬間を待ち遠しく思いつつ、改造にひた走っていました(@^^)/~~~オヤスミナサイ

旋回窓にチャレンジ

イメージ 1

みなさま こんばんは

小樽市総合博物館(僕は鉄道記念館と呼び続けてる)へ取材に行った時、旧型の旋回窓への改造も

かなり厄介になるだろと思いつつ、バチバチ写真を撮っていました。










イメージ 2

仕上がりはこんな感じ(^^ゞ



※旋回窓とは、円形の窓ガラスを高速で回転させ、遠心力で雪や雨水を跳ね飛ばす仕組みになっています。

(学生時代の降雪時にボロ車を運転していて、ワイパーブレードがとんでもない事になった経験あり(笑))










〜実機で新旧の違いを比較〜

イメージ 3


イメージ 4

(´↓は改造した部分として、順に解説します)











〜旋回窓の作り方〜

イメージ 5

まずは、サークルカッターの改造から(^_^;)マジ?


オルファのサークルカッターは10舒幣紊留澆靴切り出せないので、針の根本の黒い部分と切れ刃を固定する

ボルトが干渉する部分を削り10舒焚爾切り出せるようにします。





100均の透明な0.2个離廛虍弔鬢9.1个棒擇蟒个靴董∪擇蠍を1000番の紙ヤスリでまんべんなく磨いて

  バリを取りつつ、部品番号【B4・B5 正面窓(寒地型)】の穴ギリギリまでにします。

  (そうしないと、キット付属の旋回窓との大きさの違いを表現できませんでした)


  もしプラ板に傷が入ったら、0.1ミクロンのコンパウンドで磨き、マスキングテープをおよそφ8.5个

  切り出してマスキングして銀縁を塗装します。


  ※↑何枚も切り出して塗装まで終え、仕上がりの良い4枚を使いました(〃´o`)=3フゥ





部品番号【E37 旋回窓軸】の先端部分は切り落とし、解きパテを盛って仕上げてます。

  (この時の写真が無いのでゴメンナサイ)




  ちなみに、旋回窓軸と窓を固定する際は木工用ボンドを微量付けて接着してます。

  セメントだと小さな部品相手に手が震えてしまうので、木工ボンドだとはみ出しても安心安心ヾ(^▽^*)




I品番号【E49 旋回窓動力部】の中心から下側の部分をデザインカッターで少しずつカリカリ削って

  細く仕上げてますが、組み上げた時にあまり目立たないとはいえ(* ̄  ̄)bガンバリマシタ







〜完成品で比較〜

イメージ 6


イメージ 7

´↓の改造した部分がバッチシ決まってますでしょ(〃∇〃)カックイイ










〜おまけ〜


イメージ 8

サークルカッターの切れ刃を固定するネジが通っている本体の穴を楕円にし【針穴の跡が付かないプレート】を

使った時に切れ刃の高さを調節できるようにすると、綺麗な円を切り出せます♪


旋回窓で使った0.2个瞭明プラ板で保護板を切り出して、ヘッドマークを自作してみました(@^^)/~~~オヤスミナサイ
イメージ 1

みなさま こんばんは

先月からやや慌ただしい日々を過ごしていますが、久しぶりにブログに時間を割けるようになりましたので

DD51-745(三つ目国鉄時代)の製作記事を書こうと思いますけど、如何せん改造ヶ所が多すぎてヾ(;´▽`A










イメージ 2

ということで、一話完結には到底なりそうもないので、シリーズ化してのんびり投稿してみようと思います。



↑完成品を見て「ここが知りたい!」というご希望がございましたら、ログインせずにコメントできる設定に

なっていますので、『ご意見や要望などを頂けると、このシリーズの連載が続く』と思います(^^ゞ

(写真にマウスを合わせると虫メガネマークが出てきますので、その上をポチっと押すと大きな画像が出ます)





さて、改造記を始めます☆


〜屋根〜

イメージ 3

扇風機が設置される以前の屋根に改造するために、部品番号【G18 屋根(貨物型)】の凸部分を切り抜き

1个離廛虍弔之蠅鯔笋瓩燭△函部品番号【G27 屋根(耐寒型)】に「おゆまる」をぎゅっと押し当てて型を

取って(位置決めが出来るよう屋根の角まで含める)から、タミヤのポリエステルパテでコピーします。


※三つ目の屋根はベンチレーターの位置が違うので、反対側に来るように’おゆまる’してます。


(プラ板で2〜3回練習するとポリパテの分量&コツが解ると思います)










イメージ 4

部品を乗せて干渉する場所が無いかチェックして、問題なければOKです☆


あと、部品番号【G25 屋根】にある「※列車無線アンテナ」用の切り欠きを埋めるのも、G25屋根の反対側に

’おゆまる’を上下からそれぞれ当てて上下型を取り、ポリパテで埋めています。

(※列車無線アンテナは昭和61年頃からだそうです)







〜運転室公式側〜

イメージ 5

床下の点検蓋は初期型から様々な形に変化しているのですが、ネットで検索した国鉄時代の745号機の写真を

見ると、シンプルな蓋になっていました。


そこで、キットの蓋部分を半分ずつを削って、蝶番を「おゆまる」でコピーして流し込みタイプの接着剤で

固定し、取っ手部分は1.3个侶蠅魍けたあと、1.2mmのプラ丸棒を半切りにして埋め込んでます。



タブレット保護版は、0.3个離廛虍弔0.8佗で切り出し、外々で8弌13个猟絞形になるようにして

アドラーズネストの六角ボルトSSSサイズを使ってみましたが、微妙にズレてます(^^ゞ


今回はここまでです(@^^)/~~~オヤスミナサイ

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事