すてきな空間・すてきな時間

いつもご覧頂きありがとうございますm(_ _)m

☆今日のhkotsw

[ リスト | 詳細 ]

ふだんの生活ですてきな出来事(ちょっぴり自慢したいこと)面白かったことなどを投稿してます
一人暮らしでも色々な出来事がたくさんあるhkotswです(* ̄ω ̄)v
記事検索
検索

全123ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

1/1ジオラマ大失敗

イメージ 1

みなさま こんばんは

去年の夏から20年近く放置され、すっかり荒れ地になった裏庭の開拓をして駐車場を建設していましたが!










イメージ 2

知人の車を借りて「初駐車」をしてみたら大失敗。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビェーン



計算上では問題ナシだったのですが、道幅が狭くその先は垂直の崖なので、心理的な作用が働いてしまい・・・

ということで、開口部をもっと広げないとダメという結論になりましたので、土留めを解体して整地作業の日々が

この先しばらく続きます(^_^;)ガンバリマス



ちなみにこの駐車場はまだ仮完成なのですが、1級建築士の友達から様々な助言をもらって様々な仕掛けを

組み込んでいますけど、それは完成してからということで(@^^)/~~~オヤスミナサイ
イメージ 1
みなさま こんばんは

今日は鉄友に誘われて、札幌市白石区にあるJR貨物の一般公開に行って来ました。

(術後初めての遠出にちょっと心配だったけど、目の前に広がる光景に血行が良くなったとか・・・(笑))



開門30分前に到着したものの、すでにたくさんの人達が大挙していてビックリしたのですが、そんな状況でも

相方が確立1/40の体験乗車抽選を見事に引き当ててくれてDF200に乗ることが出来ましたヾ(@^▽^@)ノ

(僕は色んな意味でハズレ中ですのでw)








↑ちなみに、僕の立ち位置には機器類があって、前面展望なんて場所じゃないのであしからず(^^ゞ










イメージ 2
残念だったのは機関区ツアーが開場すぐに定員になってしまい、ちょっと落ち込んでしまいました(つД`)アゥ〜











イメージ 3

その他にはトップリフターの実演や、実演終了後に運転席にも座る事が出来たので、元2tリフトを運転していた

者として血が騒いだのですが、大きさと操作パネルの多さに完敗です(^_^;)ナンノコッチャ


ちなみに、この爪(スプレッダー)は20ft・30ft・40ftコンテナに合わせて広がる構造になっているのですが

北海道では40ftコンテナは取り扱わないとのことです。

(運転席から見ると、メインマストの梁に爪の状況を知らせるランプが付いてるのと、センサーやカメラも搭載)










イメージ 4
様々なコンテナも展示されていましたが、ツウの方々はそれぞれの特徴が解るのでしょうね(^^ゞ


余談ですが、友達が大学の卒論研究で’メロンコンテナ’の実験&制作を行っていたのを手伝った事があります。

それは、メロンから発生するガスで互いのメロンが痛まないようにするために、コンテナに通風孔を設けて

走行中に発生する風で自然換気を行う仕組みだったのですが、現在はもう時代遅れで廃止になってるかと・・・


↑風洞実験室に実物大のコンテナ模型を作り、バルサンを炊いてゴホゴホ言いながら換気実験をしていた

あの頃がとても懐かしいです(笑)









イメージ 5
来年は、もっと早くに来て機関区ツアーだね。

そう約束を交わして解散となりました(@^^)/~~~オヤスミナサイ

ありがとうキハ183

イメージ 1

みなさま こんばんは

先日JR北海道の『一日散歩きっぷ』で列車旅にでも・・・と調べていたら、あれっ、↓こんなのがある!




ということで、買って来ました。



1981年に誕生したとても斬新なデザインの特急型ディーゼル動車キハ183−0番台


それまで活躍していたキハ82系の後継機として、北海道専用(耐寒装備)に新造された車両なのですが

誕生から37年弱で姿を消してしまいました。




鉄少年真っ盛りの時代に受けたインパクトはその後も続き、TOMIXから発売されるNゲージ模型は全種類

コレクションしていたのですが、足立区生活を終える時に全て処分を・・・










イメージ 2

唯一このキハ183系が登場して間もない時に、平尾踏切付近で撮った国鉄時代の堂々たる10両編成の

写真が宝物として残っているのですが、この記念切符を添え大切な思い出として残しておきます。


ちなみにこの記念切符、17種類集める気はないのでこれでヨシとします(@^^)/~~~オヤスミナサイ

名工の形見(その後)

イメージ 1

みなさま こんばんは

先月末に頂いた鍬とタモ材に楔をガッチリ打ち込んで完成させましました☆


柄となるタモ材の皮むきから始めたので、Myディスクグラインダーにカップブラシ→♯60→♯320の

順で磨き上げたあと、しばらく乾燥させましたが、仕上げのニスは塗りは(^_^;)マダデス

(てか、棟梁に見せたら『このまま使っても大丈夫だよ』と)



少々武骨な恰好ではありますが、ビシッと中心を探して丸棒の柄に仕上げるには太さが足りないので

素材を活かしたまま(笑)ですが、これはこれでグリップ性と重量バランスが良いので(* ̄  ̄)bヨシヨシ




『この鍬を使えるのは1ヶ月後かな?』










イメージ 2

というのも、ウチに面してる道路にはほとんど投雪場が無いので、入院するまで雪を裏庭へ運んでいましたが

現時点で2mまでに減った雪山を 『いま俺が一番欲しいのはヘモグロビンさ!』 と言い聞かせ、身体に刺激を

与えつつ毎日チビチビと切り開いている最中です(〃´o`)=3オヤフミナハイ









〜追記〜

イメージ 3

ちょうど未開封のまま賞味期限切れの亜麻仁油があったので、これを3日おきぐらいのペースで塗り込んで

オイルフィニッシュという仕上げに挑戦してみようと思います(〃∇〃)

(↑ストーブを炊き続けている居間の片隅で引き続き乾燥も行ってます(^^ゞ)

名工の形見

イメージ 1

みなさま こんばんは

小樽は春へ向けての雪解けが始まっておりまして、公道から我家に続く道も同じく・・・なのですが










イメージ 2

40年モノの側溝はボロボロになっていて、朽ち果てたグレーチングの代わりに↑コンクリートの板片や

100均の焼肉網を針金で巻き付けて(当然錆びてボロボロ)あったり、あまりにも景観が酷過ぎるので










イメージ 3

『ウチに面してる所だけ新しくさせてもらいますね』と、お向かいさんに許可を頂いてから無茶苦茶な

補修ヶ所を全部取っ払い、新しいグレーチングがビタッと吸い付くように面出しして設置完了です(* ̄  ̄)bヨシヨシ



『剣山のように針金が飛び出していて、おっかなかったよ』



仕上がりを見たお袋もホッとしたようで、やれやれでした(〃´o`)=3フゥー










イメージ 4

そんな一部始終を見ていた近所の工務店の棟梁(70代後半で現在は弟子一人)が


『あんちゃん、ちょっと・・・』



そう呼ばれて倉庫へ行くと



『昔の仲間(鍛冶屋)が、俺のために作ってくれたこれあげるから使ってくれや!』



今は亡き親友が仕事の合間に作ってくれたそうで、ずっと使う機会を失ったままにしていたそうなのですが

’あんちゃん’なら・・・と譲ってくれましたヾ(;´▽`Aイヤイヤトンデモナイ



鉈を振るいながらそんな思い出話をしてくれ、手にしていた木の枝を僕に渡すと


『これはタモ材だから丈夫だ。 あとは自分で合わせてや。』



ということで、鍬一式を頂いちゃいました(^_^;)ビックリシマシタ




せっかくですので、ちゃんと皮を剥いて乾燥させてから始めようと思ったのですが、カップブラシを

固定する22のスパナがなかったので、明日にでも買いに行って来ます(^^ゞオヤスミナサイ

全123ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事