ここから本文です
ヒカルの車大好き!!
カープラモデルの制作記!!

書庫全体表示

記事検索
検索

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ボディサフ

おいおい!
イメージ 1
こんなに合わねぇ(笑)

真ん中で2.5mmカット
イメージ 2
イメージ 3
ほいっ!短くしました(^^;

あれ?
イメージ 4
リブあるじゃん⤵

リブりました(笑)
イメージ 5
コーゆうのって地味にめんどくさい(T_T)


ありゃ?
イメージ 6
イメージ 7
リアスポは寸足らず??

ただリアからの実車画像は探せなかったのでこれが違うのか正しいのかは??
なのでこのまま仕上げます。。カッコ悪いけど・・


サフりました\(^o^)/
イメージ 8
イメージ 9
エンジンルーム開けちゃいました\(^o^)/


エンジンはこれを積みます。
イメージ 10
フジミのNRチューニングパーツ
バッケトシートは1/24にしては小さくチャイルドシート位しかない(笑)
コンペハンとメインはS20型とL型6気筒が一機づつ付いて1000円は安い!!
キャブとかはリアル感ないので作らないとなりませぬが・・・

このケンメリにはL型の方を搭載します。
キットは2連SUキャブなのでツインチョークサイドドラフトウェーバーキャブレターを3連装します。


シャシーとボディはビス止めに改めます。
イメージ 11
私が参考にさせて頂いている方々の中でnanapapaさんがやっているビス固定方式をコピーしてます。m(__)m
足回りを自作してますので強度的に不安です。ボディとシャシーをスッと合体させてビスで止められるようにして合体時に足回りを壊さないようにしました。


いつものようにオーバーフェンダーは志賀虫ピンで固定させるので穴を開けました。
イメージ 12


取り敢えず仮組
イメージ 13
イメージ 14
今回はここまででお終い(*^^)v


シルバーとブラックのツートンなのですが塗る順番ですよね〜。

シルバー
薄くクリアー
マスキング
ブラック
クリアーの順番でいきます。

私シルバーメタを塗るのがまだ下手なので失敗してもいいように最初に塗ります(笑)




じゃ



スカイラインRS完成写真

タミヤ ニッサン スカイラインHardTop2000RS 1/24
2019y 5月完成
イメージ 1
タミヤとしては珍しくF、Rスポイラーやレカロシート、社外アルミやフォグランプ等が組み込まれたキットでブラックスペシャルと銘打って過去に発売されていました。

ブラックカラー指定のボディをガンメタ/ブラックのツートンにしてアルミをキット付属のハヤシストリートⅡからRSワタナベに換装しました。
 タミヤと言えどもこの時代はブレーキローター&キャリパーはオミットされていましたので再現しましたがフロントワイパーがボディと一体モールドなのはそのまま仕上げてみました(笑)
 ボディプロポーションは流石タミヤですね。またボディのヒケ等も目立つ箇所が無くボディにパテは使用しませんでした\(^o^)/
あと若干車高を下げました〜。


イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
リアのSKYLINE、DOHC.RSエンブレムはキットのデカールを0.5mmプラ板に貼り付けて立体感を出しました。

室内
イメージ 12
レカロシートとKAROのフロアマットは正統派のコラボ?(*^^)v



じゃ

車高短とキャンバー

ここを解決しないと・・・

先に進めません。。

前の回でご覧頂きましたよね。


イメージ 1
デフが着地

画像には無いけどロアーアーム着地

クラッチハウジングは更なる車高短にすると着地



〈フロント足回り編〉

イメージ 2
下の組み方が指定の組み方。
少しでもトレッドを広げたかったんだろう(笑)

赤線がキングピンなのでこの状態だとステア時にタイヤのふり幅が大きくなりカッコ悪いですよね。

なので上の組み方でステア時のふり幅を少なくしますが更にトレッドが狭くなります。

キングピンにホイールが当たりますのでホイールを削ります。
(もともとホイールとタイヤの幅が合ってないけどね)


だからこうします。
イメージ 3
アッパーとロアーのアームをプラ板で適正なトレッドになる様に延長
因みに赤丸部分が元のキングピンが刺さるダボがあった場所

ロアーを幅広にしてネガティブキャンバーにします。
タイロッドは今後制作します(*^^)v



〈リア足回り編〉

イメージ 4
デフが着地しますので抜きました。

イメージ 5
デフ玉の中を少し削りました。

イメージ 6
デフのセンターに左右を分けるプラ板を立てました。
左右にシャフトを分割させてネガティブキャンバーを付けます。

一応フロントもリアもタイヤの回転可にして尚且つフロントはかじ取りも可にします。

イメージ 7
切り取ったデフはこの位置に付きますのでシャシーの厚み分デフが上方向に移動しますので着地しなくなります。

画像取り忘れた〜
デフにシャフトを入れてプラ板で蓋をします。


イメージ 8
こんなの作ります。2mmの丸棒です。

イメージ 9
ココに付きます。

2mmの穴をタイヤハウスに開けてこんな風に使います。
ちょうど良い車高にセットして接着。
後はシャフトが遊ばない様にUの字のパーツに蓋を接着します。


ホイール塗装
イメージ 10
ディスクはシルバー
リムは元々メッキパーツですがなんかプラっぽさ全開なので薄ーくスモークさせたクリアーを軽くゆず肌に吹き付けてアルミ感を出しました。

このタイヤちゃんとキャンバー仕様になってるのに素組だと0キャンバー(T_T)
しかも巨大オバフェンにテンパータイヤ仕様風に仕上がります(笑)


こーゆーのは勘弁してほしい
イメージ 11
ドアハンドルに重なってる。

実車はどうでしょ
イメージ 12
ドアハンドルに被ってない。

こー言うのは修正できない。
なんでアオシマってこうなんだろ?ユーザーを舐めてるな(笑)
誤魔化す方向で仕上げます。


車高はこんな佇まいに仕上げました。
イメージ 13

キャンバー
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
せめて素組でこうなってほしい(笑)




じゃ



完成!!

イメージ 1

塗装を失敗して剥離して塗り直すなどトラブルもありましたが完成です\(^o^)/



各部の説明
イメージ 2
緑矢印:ヘッドライトのリフレクターをアルミテープで再現。

青矢印:ハセガワミラーフィニッシュ

黄矢印:ここはレンズの再現は無いので下記のヤツで再現

*フォグランプのカバーはキット付属のデカール

コレです。エンボスの入ったのり付き銀紙
イメージ 4
ウインカー部分はオレンジに塗装

リア廻り
イメージ 3
青矢印:上記のヤツをクリアーレッドで塗装

緑矢印:上記のヤツの細切り

赤矢印:テールレンズはウインカーのオレンジと反射板の部分をクリアーレッド



窓枠
イメージ 5
赤矢印:アルミテープ

黄色枠:ハセガワミラーフィニッシュ


フェンダーエンブレム
イメージ 6
アルミテープを貼って

紅白ライン
イメージ 7
赤も白もハセガワ追従シート

デカールは無いので苦肉の策です。もちろんRSの文字は僕には再現無理(笑)


アンテナ
イメージ 8
基部はキットの物でアンテナは0.3mmの金属線


マフラー
イメージ 9
アルミパイプに変更。。艶を抑えてステンレスデュフューザー風を再現


ホイール
イメージ 10
ホイール単体だと良かったんですがボディーと合わすとイマイチ

塗り直しました
イメージ 11
濃いグレーで塗ったつもりが黒に・・・これでイイや(笑)
しかもエンブレム曲がってるし(笑)


車高
イメージ 12
ちょうどいい感じ(*^^)v


ボディの艶
イメージ 13
0.5mmのメモリがこの位写り込めばいいでしょ(笑)


その内完成写真撮ります。
イメージ 14





じゃ

ケンメリワークス

何それって思った人〜。コレです(笑)
イメージ 1
スカイライン4ドア(通称ケンメリ4枚とかヨンメリとか言われてます)をベースに
LBパフォーマンスが手掛けた族車です(笑)
自由に歩きましょ


このキットを買ったのはこれが欲しかったから。
イメージ 2
GT-Rグリル!!その他はいりません(笑)

一つあれば後は複製で・・・(笑)

リアガーニッシュもちゃんと作り直されてます。ワンテールだけど⤵
GT-Rリアガーニッシュも作ってくれたら神なのに(笑)


でわ。キット紹介でした。。


って冗談です。
がっつり制作します



仮組
イメージ 3
オーバーフェンダー付けないとイメージが湧かん

型紙でフェンダーカットするみたい
イメージ 4
ふーん。


でもよーく見てみると
イメージ 5
ロアアーム接地・・OK
タイヤ浮くじゃん・・イェーイ


箱絵とは  ち、違う
イメージ 6
まるで新中学一年生のダブダブな制服のごとくガラ空きです。超隙間です。
サクッて作ろうと思ったけど無理みたいですな(笑)


やっぱ作るのやめようかな(笑)





じゃ


ちゃんと作るよ


全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事