ここから本文です
ヒカルの車大好き!!
カープラモデルの制作記!!

書庫全体表示

記事検索
検索

全74ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

内房から外房からの山道 後編

富浦町の原岡海岸 岡本桟橋を見に行きました。
イメージ 1
CMとかで使われてる味のある桟橋です。
ただただこの桟橋を見に来る人が途切れません。
対岸のモクモクした雲の向こうは多分富士山かな?
検索してみて綺麗な写真出てくるから(笑)

横から
イメージ 2


館山北条海岸を沖ノ島側から望みます。
イメージ 3
イメージ 4


いよいよ外房?
イメージ 5
海岸沿いを走ります。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

既にフラワーラインに入っています
イメージ 9

館山カントリー入口(中には入りません)
イメージ 10

白浜フラワーパークのオートキャンプ場?
イメージ 11

反対側はジャングルパレスの椰子乱立(笑)
イメージ 12

房総半島最南端野島崎灯台
イメージ 13

外房は波がやはり高いですな。
イメージ 14
ずーっと海岸線
イメージ 15

ひたすら海岸線を走り途中でバイクも人も給油(昼食)を取り鴨川中心部を過ぎたら
清澄養老ラインに入り海とお別れです。

500年くらい工事が中断していたループ橋の工事再開していてビックリ!!
イメージ 16

まだ出来ていないのでつづら折りの山道を登ります。
登り切ると綺麗な2車線ですがしばらく走るとすれ違いも出来ない細い道になりやす。
イメージ 17
この約13Kmの道のりがオール2車線になるのは1000年後くらいかな?(笑)

大福山に向かい綺麗な??砂利道を走ります。
イメージ 18
イメージ 19
このフラット林道が僕ちん大好きです。
昔、父の車に乗ってちょっと田舎に行くと沢山あった砂利道ですが今は少ないなぁ〜。


大福山展望台の近くの道から眺望を望んだがあまり見えなかった。じつは展望台が閉鎖中の情報をキャッチしましたので行きませんでした。
イメージ 20
イメージ 21
砂利道を走ったので埃を被ってしまいました〜。

大福山から月崎駅裏側へ出る林道。。
お気に入りの道です(全線舗装の7km弱の道ですが・・)
イメージ 22
イメージ 26


出ました月崎駅の裏側へ
イメージ 23
雑草で線路が見えませんね〜。

もう少し裏道を走ります。
イメージ 24
警報機も遮断機もない踏切。。僕にとっては原風景です。(砂利道なら完璧Www)

この後うぐいすライン(みんな知らないね)を通って帰るのですが始点?終点?にあるセブンイレブンを勝手にうぐいすセブンと呼んで最後の給水ポイントによく利用します。今回は麦茶とガリガリ君で体温を下げます。
因みにうぐいすラインは途中崖崩れで迂回をしないといけません。。

そして自宅に無事帰還して洗車してお終い。。
イメージ 25
じゃぶじゃぶ洗剤で洗い水滴を右のレンガブロック上にあるエアーブローで吹き飛ばして洗車完了です。

全走行距離は約290kmまあまあ走りましたね(^O^)



じゃ

内房前編

館山道市原サービスエリアPの屋根が無い方の2輪P
イメージ 1

屋根アリP
イメージ 2
3台ほどバイクが止まってます。

館山自動車道を木更津南富津岬で降りて富津岬を目指します。

富津公園P
イメージ 3

中の島展望台に行きます。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
広場を抜けて、、、

橋を渡り、、、

丘の上にある展望台へ、、、


イメージ 7
って!!(◎_◎;)閉鎖やん(笑)

しゃーないので丘の上から眼下の池を望む
イメージ 8
池マッ緑(笑)

池の水全部抜く来ないかなぁ〜。亀もいっぱいいたぞ!!

砲台発見
イメージ 9


逆側の橋を渡ります。
イメージ 10

渡りました(笑)
イメージ 11
この橋もかなりの年代物!!いつか閉鎖なるかもしれないので渡っておきます(笑)
もう少し探索したかったのですが流石に長袖のフルプロテクターでは暑いので撤収!

富津岬先端の展望台に上ってみる。
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
駐車場がキレイになってました。(かさ上げ工事?バイクの辺り昔は水溜まってた)
イメージ 15
イメージ 16
中の島展望塔は昇れませんが高台に上る道がキレイに直してあったので多分手直しする感じの様に思います。

では内房を南下します。
イメージ 17
⇑線路(内房線)        ⇑国道127号線           ⇑東京湾

イメージ 18
⇑内房線トンネル       ⇑R127トンネル       東京湾とバイク⇑
わざわざ戻ってきて写真撮ったけどたいした事なかった(笑)と言うより写真がドへた。

イメージ 19
イメージ 20
海岸線は本当に気分がいい(笑)
島もある
イメージ 21

イメージ 22
イメージ 23
小さな漁港って素敵

イメージ 24
後編に続く。。



じゃ



ツクバ2000

ツクバ2000走って来ました。

イメージ 1
梅雨も明け宣言もない先月ツクバサーキットを走ってきました。

朝方に少し雨が降りましたが走り始める頃には路面もドライになるでしょう。

7月後半に梅雨も明けてませんが雨も降らず気温もそんなに上昇せず本当に素行不良の
私の行いを神様は見ているのでしょうか?(=_=)、、、不思議(笑)



ゼブラゾーンはニューペイントになっていました。
イメージ 2
イメージ 3
路面はもうすぐ乾きそうだけどニューペイントのゼブラは乾きづらいので乗らない様に気を付けましょ('◇')ゞ


イメージ 4
楽しく走ってきました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/



じゃ

シティ制作開始

これ作ります。
イメージ 1
ホンダシティ・・・

イメージ 2
小鹿表記のヤツですね。

頼まれ制作です。

キットだけ買ってもらえれば制作料なしの催促無しです(笑)

頼む人「シティの初期型なんだけどターボしかオクに出てないよ〜」

頼まれる人「ターボでイイんじゃね。修正してあげるよ」

頼む人「じゃ落とすね〜」

頼まれる人「OK!」

から約3年そろそろ作りますかって事で作ります。


イメージ 3
やばいっす💦

いっぱい違うッス💦

パワーバルジとグリルくらいと思ってた💦


シャシーと内装から作ります。
イメージ 4
ラケッジから外がお見えになります。

グリーン枠内のモーターライズ用にすれば問題ないかも。

でもディスプレイなのでちゃんとラゲッジルームにします。

モトコンポは貰います ウシシ(≧◇≦)


こんなの作って
イメージ 5
イメージ 6
ココに付けます。
取り敢えず外が見えなくなると思います。


黄枠の穴は塞がずマットを敷きます。
イメージ 7
イメージ 8
100均の糊付きフエルトです。

ほいっ!シャシー&内装完成です。
イメージ 9

実は内装も結構違います(笑)
イメージ 10
赤矢印のA/C吹き出し口  〇じゃなくて□です。 スルーです。

ハンドル  三本スポークじゃなく2本スポークでした。 スルー一択です。

シートもこんなスポーツシートじゃありません。 こんなん修正したくないわ(笑)

赤丸枠はスターマチックだったかな?オートマぽいシフトに作り直し中です。

メーターはデジタルぽいメーターでしたがアナログにしました。
画像を印刷して貼り付けただけ。


ボディは鋭意制作中
イメージ 11
ホイールも違うやんけ!

ホイール作りますか(;´д`)トホホ。。


じゃ



二話完結予定だよ。


外観完成\(^o^)/

イメージ 1
どう?イイ感じでしょ?
素組でこうなればいいのですが・・・・
*オイルラインが無いのはエンジンルームはこれからだからですm(__)m
イメージ 2
*マフラーが無いのはエンジン搭載後に付けるからm(__)m
イメージ 3
*リアバンパーのリフレクターが赤くないのは忘れたから(≧◇≦)


ウインドー
イメージ 4
熱線掘ってます。

プラ板でガイドを作ってデザインナイフで筋っていきます。

イメージ 5
目盛を書いたマスキングテープで間隔が均等になる様にします。

なぜ?熱線が無いかって?

うっねうねのすりガラスみたいなウインドーだったからさ(T_T)

透明プラ板に置き換えちゃえばいいのですが・・・・(^^;


こうなりました。
イメージ 6
うねりを消してブルーガラスに着色 (ここまでで10日位掛かりました)

LB☆ワークスの鉢巻きもクリアーで閉じ込めてます。

上記の画像見れば結構うねり消えてるの判るでしょ・・・完璧じゃないけど(^^;


フロントグリルは複製しました。
イメージ 7
左が光硬化パテで複製した物。
これをケンメリワークスに使います。

エンブレムも複製
イメージ 8
イメージ 9



エンジンルームも少しづつ進めてます。

エンジン(フジミ製)
イメージ 10
エポキシパテでタコ足作りました。

ヘッドカバーはメッキパーツですが若干スモークさせたクリアー吹いてます。


逆側
イメージ 11
デスビを作ってプラグコードを再現

エンジンオイルスティックも再現

シリンダーはちょっとブルーに黄色が入ってるような感じがしたので(見ている資料のエンジンなので純正ではないです)入れたら入れ過ぎて緑になりました(笑)


キャブ
イメージ 12
キャブはタミヤのカウンタックの物を複製しました。

ファンネルはハトメをクリアブルーで着色

インマニはプラ板とプラ棒ででっち上げ

スロットルリンケージは0.3mmプラ板と0.5mm0.3mm真鍮線で制作


ここまでで車両に仮搭載して上州に展示しました。
イメージ 13
ディテールアップはまだまだこれからです。

エンジンルーム内のパーツはもちろんキットにはひとつも付いていないのでワンオフで鋭意制作中です。



じゃ

全74ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事