全体表示

[ リスト ]

5月28日(日)は、ERさんである瀬沼さんから、「応急手当とバックボード」について教えていただきました!
 
メンバーは、こーさん、たいしさん、もりさん、直子さん、徳子さん、けーすけ、まっすー、翔子で、場所は元町会館で行いました。
 
内容は
☆CPR
・蘇生率は4分で50%、5分で20%。
・心マは、100回/分の早さ ただし早すぎるのはよくない、中断は10秒以内、圧迫の十分な解除→心臓に血液を送るため。
・呼吸してるかわからない、少ない、普段とは違う→続ける、その人に合わせていれる。
 
☆AED
・AEDは除細動(心臓のケイレン)を除くために行う。
・海では声が通らないので、AEDを操作する人が、機械の声を復唱する。
・AEDのパットは1枚ずつ貼る。
 
☆傷病者の情報
・GUMBA(G:原因 U:訴え M:めし B:病歴 A:アレルギー)は病院で必要となってくる。
・意識レベルの評価 JCS 1桁(刺激しなくても開眼している)、2桁(刺激すると開眼する)、3桁(痛み刺激をしても開眼しない)
 
☆止血
・感染防御、出血部位確認、傷病者に止血することの了解を得る。
・直接圧迫はガーゼ→三角巾、タオル。
・間接圧迫は、そんなに強くやる必要はない。
 
☆固定
・痛みの軽減、疼痛部位の安静のために行う。
・身近なもの(割り箸、ダンボール、かたいものなど)、ソフトシーネ(ピースフルの)を使って行う。
 
☆バックボード
・ログロール(90度回転)は①頭を持つ人(絶対に動かさない)、②肩+腰を持つ人、③腰(②の人の下に手が来るように持つと良い)と下部を持つ人が必要。
・ログリフト
・Z移動→傷病者がバックボードに真っ直ぐ乗るようにする動き。
 
 
これらの内容は、ほんの一部であって、これ以外にも多くのことを教えていただきました。
 
バックボードは新たなやり方を学び、今後の練習の課題となりました。
この講習会で学んだことを吸収して使えるようにして、ERさんや救急隊の方との連携が上手くとれるようにしたいと思いました。
 
 
 
このあとは、橋本さん、守人さんも加わり、一色で練習会がありました。
雨が降っていて少し水温が低かったですが、頑張りました!
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事