ここから本文です
宮崎県北のオフショアールアーフィッシングをご提案、釣果報告をしています。

20日の釣果報告

本日の釣果をご報告いたします。


当初の目的の深場の釣りは残念ながらウネリと風に恵まれず断念。

浅場から底物を狙うもサバフグが邪魔して全然釣れない。
タイラバはボロボロ、ジグには絡んできて中々ふっきんぐしない。

しばらく流していましたが、全く当たりが無かったので大きく移動。

しかしながらどの水深にいってもフグの猛攻を受けました。


サバフグ以外には真鯛、イトヨリダイ、小型のニベ、紋甲イカが出ました。

当たりの数は増えましたが、フグが邪魔をします。

美味しい魚ですから土産にはなりました。

寒い時期にはサバフグの鍋が最高に美味い時期です。
釣れたら是非お持ち帰りくださいませ。

以上、ご報告でした。

この記事に

19日釣果報告

本日の釣果報告です。

全体的に余り良くありませんでしたが、それでも当たりの数は相当増えてきました。


テンヤでの底物釣りではカサゴ、エソ、ホウボウ、サバフグが釣れましたが、ハタ類は撃沈。
良い型の当たりは有ったんですが、全てバラシに終わりました。

本日も凪だったので少し深めのポイントへ行ったんですが、ここでもサバフグが邪魔しますね。
一応、ユメカサゴ、オオニベは釣れましたが、当たりが余りにも無く時間だけが過ぎていった感じでした。


ただ、先にもご報告したように、当たりの数は確実に増えてきました。

今後が楽しみです。

本日の全釣果
#オオニベ 4匹
#カサゴ 11匹
#ユメカサゴ 1匹...
#ホウボウ 1匹
#サバフグ 10匹

イメージ 1




























釣果の一部です。
イメージ 2




























魚は相変わらず沢山います。

潮が変われば良い釣りをお約束出来ると思います。
ご期待ください。
















この記事に

18日 釣果報告

18日の釣果をご報告致します。

早朝は青物狙いで瀬際を狙ったのですが、全く当たらない状況でしたが、お客様よりマハタが釣りたいとのご希望により少し深めのポイントへ行ってきました。

魚種としてはマハタ、オオニベ、ホウボウ、サバフグ、ウッカリカサゴが釣れ、時折エソが顔をだしました。


マハタは50cmほど。
イメージ 1







































イメージ 2

















オリジナルステンレスジグGENKAIを使用
イメージ 3


















ホウボウは2匹
GENKAIでの釣果
イメージ 4




















マハタは型揃いですね。
イメージ 5















オオニベ 3匹 4㎏が最大
画像は有りませんがサバフグ 6匹もありました。

場所によってはサバフグが多くジグやラインが切られると言ったことが頻繁に発生します。

多めのルアーと長めのラインの準備をお願い致します。

凪の日は深場に向かいます。
色んな魚が狙えますが、数は期待できません。

釣り方も難しくなりますが、こちらで実釣を交えながらご説明させて頂きますのでご安心ください。

以上です。


この記事に

乗船募集のお知らせ

今月に入り、厳しい状況が続いていましたが、何とか当たりの数はここにきてやっと増えてきました。

タイラバ、メタルジグにての当たりですが、サバフグの数が多く、タイラバだとネクタイ、スカートが食われると言う悲惨な状態が発生していますのでこちらを多めにご準備ください。
メタルジグを早めに動かすとライン、特にカラード関係の色分けされたラインはマーカーの部分から切られる傾向に有ります。
出来たら単色の物をお使い下さい。

特に深場では、PEラインを噛み切られタイラバ、メタルジグ、ライン自体が無くなると言った状況です。

天気が良く、深場をご希望される場合はこの点をご理解ください。


先日もお知らせしましたが、定置網の鯛が結構な数で入っています。
まだまだ口を使わない厳しいとは思いますが、反面期待できるかも知れません。

大型の魚は望めませんのでライトなタックルで十分です。

小さくても美味しい魚を釣って頂きたいと思います。

カンパチ、ハマチの数は落ちた物の、まだ回遊が見受けられます。
ポイントも近いので狙われる方は時間をたっぷりと取れますが、日向周辺の海域では回遊待ちとなる傾向が強いので全く釣れないことが予想されます。

青物を釣りたい方は県央から県南方面が好調ですのでそちらの海域に行かれる遊漁船をお選び頂いた方が宜しいかと思います。


当船は小型の為、天気が良い日限定で美々津方面、深場行くことは可能です。
但し、移動時間に片道1時間ほど要しますので、その分釣り時間が短くなりますことを予めご了承願います。


第二善昇丸 乗船者募集変更のお知らせ
 
  
年明け1月の予定


      日      釣行内容         時間  募集人員
 
18日  タイラバ、ジギング       終日   2名
19日  テンヤメイン、タイラバ、    終日   満船
20日  タイラバ、ジギング       終日   満船
21日  底物、ジギング         終日   1名
23日  ご希望により決定        終日   4名
24日  ご希望により決定        終日   4名
25日  ご希望により決定        終日   4名
26日  ご希望により決定        終日   4名
27日  ご希望により決定        終日   4名
28日  ご希望により決定        終日   4名
29日  ご希望により決定        終日   4名
30日  ジギング、タイラバ       終日   1名
31日  ご希望により決定        終日   4名



以上です。

この記事に

16日釣果報告

厳しい状況は続いていますが、当たりが多くなってきました。

釣果としては相変わらずフグが多いのですが、浅場では切られることは少なく、お土産には最高の魚かと思います。

鯛の当たり(タイラバ)他にもフォーリング時での当たりも増えています。

実際、定置網にも真鯛が入っています。


浅場30m〜50mで十分に狙えると思います。

根魚もやっと口を使い始めました。
本当にここ数日は当たりも無い状況でしたが、今後の釣果が楽しみになる釣行でした。
イメージ 1イメージ 2
























































使用するルアーはメタルジグ 40g〜80g
スロージギング、ワンピッチで狙えます。
必ずフロントのアシストフックは装着ください。
底物を狙う際はリヤにトレブルフックが必要と考えます。
しかしながら、根掛りも多くなりますのでアクションで回避する必要が有りますので練習が必要です。
100均のジグロックだとロストも怖くありませんし、良く釣れるのでこちらで練習されては如何でしょうか。

メタルジグのアシストフックは当方で準備できますので迷われる場合はお問い合わせ下さい。

タイラバ 100g以上 
タイラバのウエイトは浅くても100g以上のウエイトで問題ありません。
軽い物は船が余り流れない時以外は使用する意味が有りません。

今季、ホウボウも時折釣れます。
鍋、刺身にも最高の食材です。

海の状況で深場、遠方にも行きますが、3名様からとなりますので予めご了承ください。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事