全体表示

[ リスト ]

今朝は、けっこう暖かく、快調に通勤ラン・・・d(^O^)b

ただ、昼から雨が降り出して、夜にはしっかりした雨が降るらしい・・・。今これを書いているのは、午後3時前で、まだ雨は降りだしていね〜・・・。

今夜は、先日ブログに書いた「日本の正しい伝統的忘年会」の日である・・・。それも午後8時開始って〜ことで、忘年会にしてはえらく遅いスタートであるが、お呼ばれなので、文句も言えね〜のだ・・・^_^;

しかし、多分帰る頃にはしっかり雨が降ってるだろうから、雨の街を千鳥足で帰るのだと思うと、ちょっとつらいものがあるが、仕方ね〜・・・僕にしてみれば、唯一のまともな忘年会なのだから・・・(-_-;)




さて、昨日は、二カ月ぶりのT庵坐禅会だった・・・。

午前中のE通バイトが終わって、すぐに三条京阪に向かい、途中いつものように、バーガーキングに寄って、「ワッパーチーズ単品」を購い、鴨川を眺めながら食べた・・・。

イメージ 1

やっぱ、ど〜見ても、この瞬間は、至福のひと時だよな〜・・・。

朝早くからヒト働きして、坐禅会に行く前に、ワッパーチーズと、持ち株の相場をチェックで煩悩にまみれ倒し・・・。その煩悩を、静謐なお寺の坐禅会ですっかり洗い落とす・・・。この聖と俗の段差の激しさが、しゅ〜る之助の人生の真骨頂なのだと思う・・・。

てなわけで、T庵に参禅したのであったが、この日の参加者はY和尚を除いて、7人だった・・・。Y和尚によると「年末だから、多分みなさんお忙しいのでしょう」とのことだった・・・。

僕も先月一杯までは、T寺のバイトに追われて、参禅できなかったのだから、「相見互い」って〜もんだろ・・・^_^;

ただ、正直に言うと、これぐらいの参加者の方が、法話の時に、忌憚のない意見がでて、話がけっこう盛り上がるのも事実なのである・・・^_^;

般若心経読経のアト、一炷30分の坐禅が、経行を挟んで2回あり、そのアト白隠禅師坐禅和賛を読経し、Y和尚による「臨済録」の提唱が行われた・・・。

臨済録の法話は、これまで計3回ほど聴講したが、実に意味深い内容で、そのたびに感心もし、参考になることが多かった・・・。

この日の法話も、臨済禅師が、弟子を激しく叱咤する内容だったが、臨済和尚は弟子を叱ってばかりいるな〜・・・それもかなり激しくね(-_-;)

そもそも、禅師の弟子たちは、その当時かなりのハイレベルな弟子ばかりだったろうから、ある程度の素養と前提があって、その前提を承知しながら、読んでいかね〜と・・・。

いきなり臨済禅師から「修業なんかなんの意味もね〜のだ!すぐに止めちまえ!」言われても、こちらからしたら、驚くばかりである・・・。

だから、今回の出だしも、臨済禅師が弟子に対して「おめ〜たち、仏道を修行して得たものがあったら、それこそ迷いの上塗り、輪廻転生する人間の業だぞ!」って〜下りから始まった・・・。

僕としては「おい、またかい!ほんなら、わしは一体何をすればえ〜んじゃ!」って〜反発心がむくむくと湧いてくるのであった・・・。

さらに「悟りを求めたり、菩薩になろうと精進したり、祖師方の言葉を学んだりするのは、悪業を重ね積んでいるようなものだ」と続くのであるが・・・。

「でも、最初は法を求めることから始めね〜と、スタートさえできね〜じゃね〜か」と反発心がさらに沸き上がってくるのである・・・。

さあ〜そこからが、Y和尚の凄いところで、この臨済禅師の言葉の真意を、分かり易く解説して下さるのである・・・。

法を求めたり、修行をしたり、学んだりするのは前提としてあるのだが、それによって、「修業が進んだとか進まないとか」って〜自身の判断が、実は己の自我が勝手に作りあげたストーリーである、って〜ことに常に気付いておけ!・・・って〜ことなのだ。

修業における、なにもかもが、すべて自分の作り上げた身勝手なストーリー(幻想)であることに気づき、自我がす〜っと抜け落ちた時(解決した時)にこそ、真理が眼前するのだよ・・・って〜ことを繰り返し説法されている・・・。

て〜なことを丁寧に説明して下さるものだから、非常によく理解できるし、臨済禅師に対して湧きおこった反発心がす〜っと消えて、むしろその言葉に感動すら覚えるのである。

「おまえたち(臨済禅師の弟子たち)を通して、今この説法を聞いているおまえたちの中の「無位の真人」は、修行させたり、悟らせたりせずども、すでにあるがままに仏である・・・。作為によって、無位の真人を輝かせるなどと、夢にも履き違えるでないぞ!」

って〜臨済禅師は弟子たちに説法するのである・・・

「はい!分かりました!和尚さん!」って〜「本コワ」に出てくる子供たちのよ〜に素直に、僕らもY和尚に返事をしたのであった・・・^_^;

以上が今回の法話の内容だった・・・。

そのアトは「西遊記の猿、豚、カッパ」は仏教の教えの「貪愼痴の三毒」を象徴しているらしい・・・とか、映画「ザ・禅」の悟りのシーンは何故、いろんな人から批判を受けたのか・・・とか・・・の話しもあって、大いに話しは盛り上がったのであった・・・。

こ〜して、久々のT庵での坐禅と法話に大満足して、帰路についたのであった・・・。

帰宅後の、ディナー製作は大変だったけどねd(^O^)b

イメージ 2

しゅ〜る之助の夢日記はこちら↓

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事