全体表示

[ リスト ]



今年の建仁寺暁天坐禅緑陰講座に行ってきた・・・。

イメージ 1

イメージ 2


今回は、昨年に続いて花園大学の佐々木閑先生の講演がメインだとのことで、以前から楽しみにしていたのだ・・・。

佐々木先生は、数年前の龍谷大学の公開講座でお話しをお聴きして以来ファンになった・・・。

うちのみゆきは、佛大の仏教学部の修士課程で勉強中だが、その指定テキストのひとつが、この佐々木閑先生の「出家とはなにか」という本で、この本、今読んでいるこころだが、専門書にしては、非常に面白い本である。

また別途この本については書評を書きたいと思っているが、今回は今日の緑陰講座についての話しだ・・・。

まず、午前5時半にマンションを出て、てくてく歩いて、建仁寺に向かった・・・。丹波口から歩いて約40分で建仁寺に到着・・・。

大方丈で、15分×2炷の坐禅のアト、般若心経、坐禅和賛の唱和・・・。ここまでは、いつも東福寺やT庵でやっているので、しきたりや作法に全く問題なく淡々とこなす・・・。

最初に建仁寺の暁天坐禅会に参禅した時は、ちょっと緊張したことを思い出した・・・。

あの時は「俺は東福寺の坐禅会に毎週2年以上も参禅してきたんや!」と自分を鼓舞したことを思い出し、苦笑いした。

僕はそれぐらい、人目を気にする小心者なのだ・・・。

読経のアト、いよいよ佐々木閑先生の講演会が始まった・・・。

拾った100万円の話し・・・。

「道に落ちていた100万円は、自分のものではない。だから、そこに誰かがいきなりやって来て、横から拾って行っても、別に気持ちは乱れないですね・・・」

「せんせ!それってめっちゃ悔しいですけど〜!」って〜突っ込みを入れたくなったが、肝心なのはその続きである・・。

「ところが、それを一旦拾って手にしたアト、誰かに持っていかれたら、そりゃ〜も〜その苦悩は大変なものです。つまり、手にした瞬間から、それは自分のモノになったんですね」

な〜るほど、その通りや・・。

「つまり、その拾った100万円が自分のモノと錯覚された瞬間から、苦悩が始まったわけです。つまりモノというものは増えれば増えるほど、幸せどころか、逆に心配の種になっていくものなんです」

佐々木閑先生の緑陰講座は、こんな話から始まったのであった・・。

ずばりテーマは「諸行無常 諸法無我」・・・。仏道の究極の真理である・・・。

「ダンマパダ」から、釈迦の言葉を引用しながら、先生はこのテーマに沿って、巧みに比喩やたとえ話で、説明を続けた・・・。

・・・愚かな人は「私には息子がいる」「私には財産がある」などといってそれで思い悩むが、自分自身がそもそも自分のものではない。ましてどうして、息子が自分のものであろうか。財産が自分のものであったりしようか・・・(佐々木閑訳)
このよ〜な引用をたくさん引きながら・・・。

要点をまとめていうなら・・・・。

諸行無常⇒一瞬一瞬はあるけど、それがつながって観えるのは「時間」という錯覚のせいであり、一瞬と次の一瞬はあきらかに別物である。その瞬間の単位を「刹那」という。問題は、その錯覚を起こさせる「主体」に「時間の連続」という願望があるからである。

諸法無我⇒般若心経における「五蘊(色受想行識)」とは、人の構成要素である。さらにそれは「12処」「18処」に分解することが可能である。このように、人という存在をパーツに分けていくと、「不変の絶対的自己」というものが、実は錯覚であることがわかる。ならばそれ等のパーツを組み直しても、やはり「不変の絶対的自己」は錯覚である。


これは、これまでT庵のU和尚に何度も説明を受けた「無我」の概念と同じであった・・・。

問題は、何故「永遠不変の自己」という錯覚が起こるのか、であるが。これも、その「主体」の願望が原因であろう・・・。

では「諸行無常」「諸法無我」という真理を「諸行常」「諸法我」に転換し錯覚させ「一切階苦」せしめている「主体」とは何か・・・。

佐々木先生は、最後までその「主体」には言及されなかったが、僕はその事に強く執着した・・・。

マンションに帰って、いただいたレジメを読み返してみると、レジメの最後にこう書いてあった・・・。

「諸行無常、諸法無我を誤って認識させるのは、心の中にある煩悩の作用」

そ〜か・・・。これを読んだ僕は、あることに気付いた。って〜ことは、佐々木せんせ!つまり、煩悩とは自我そのもの、って〜ことですか〜?

明日も、建仁寺に参禅するつもりである。この続きは、又明日アップします<m(__)m>

イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

福岡伸一という生物学者の随筆が好きで、たまに読むのですが、彼は「動的平衡」という考えを看板にしています。それは「生命とは動的平衡にある流れである」つまり刹那で見ると別物なのだけど 時間の流れでは同一、平衡を確保していると。

2017/7/9(日) 午前 9:34 [ 長期漂流者 ] 返信する

長期漂流者さん、おはようございますd(^O^)b

>彼は「動的平衡」という考えを看板にしています。

福岡伸一なる人物を検索してみましたが、「動的平衡」全く意味が割りませんでした・・・^_^;まだまだ勉強不足ですね。貴兄はいろんな事をよくご存じですな〜・・・^_^;

2017/7/10(月) 午前 3:21 しゅ〜る之助 返信する

顔アイコン

いいえ、私の説明の拙さです。 削除

2017/7/10(月) 午後 1:14 [ 長期漂流者 ] 返信する

長期漂流者さん、こんばんわd(^O^)b

>いいえ、私の説明の拙さです。

何をご謙遜を・・・。どちらにしても、一度ゆっくり飲みながら語り合いたいものですね〜・・・^_^;

2017/7/13(木) 午後 8:39 しゅ〜る之助 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事