全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

↑今朝のアイキャッチ画像は、FB友達が載せた画像をパクってきた・・・^_^;

で、前フリでいろいろ書いていると、記事が長くなって、本ネタが最後まで書けなくなる恐れがあるので、早速昨日の続きを書こうd(^O^)b

真理系スピ寓話「イマダ電器」の紹介記事の最終回である・・・d(^O^)b

イメージ 2

五感をフルに駆使する、物語体験装置「マトリックサー」で、てんろうは、自分で設定した物語に没頭していのだが、突然叫び出した・・・ところからの続きである。

イマダ電器の店員が慌ててやってきて・・・・。

「ど、どうされましたお客さん」と言いながら、物語の強制解除スイッチをON!

てんろう「あまりにもリアルだったので、ゲームであることも忘れるスイッチもONにしてるし、悲しみとかも配合しちゃったもんだから、自分でその悲しみに耐えられなくなっちゃってさー」

店員「ただの、ゲームですよ?これは危ないという状況なんて、ありえますか?」

てんろう「あ、そうだった・・・・めっちゃリアルだったから、なんと本当に危ないことがあるんじゃないか、なんて勘違いしてた。悲しみのアトに設定しておいた最上の喜びを体験する前に、リタイアしちゃったから」

10分後・・・・。

てんろう「ぎゃ〜〜〜〜〜!!!」

イマダ電器店員「てめ〜、もう、帰れ!!!」

この寓話はここで終わるのだが、ブログでは、作者のさとうみつろうは、この寓話に込めた思いを説明する・・・。

「もしも、『あの世』というものがあったとしたら、あなたはきっと、このてんろうさんと、全く同じことを、したはずだ」

「この世がゲームんであるということを覚えていたら、臨場感を持って、楽しめないが、この世がゲームであることを忘れていたら、マジでこの世に怯えちゃう。これは本当に難しいバランスだ」

「あなたが作り上げていく人生に、今日も悲しい出来事が起きるでしょう。でもそれは、あなたが喜びを味わうために、その前フリとして、自分で設定したおいた出来事かも知れないよ?」


そして、最後にさとうみつろうは、こう訴えかけるのだ・・・。

「楽しい事しか起こらない物語って、意外と楽しくないんだね。こう、つらいことやら悲しいことやらがあっての、喜びなんだねー。そして、コレがゲームであるということを忘れないと、楽しめない。」

「だけどコレがゲームであることを忘れると、ただのゲームの内容なのに、悲しみにマジ怯えちゃう」

「この二つの事実が、あなたの人生観を、変えちゃわない?」

阿部敏郎さんの言う「スクリーンに映し出された物語を鑑賞している自分」或いは賢者テラさんの言う「ゲーム内のマリオを、コントローラーで操作している自分」・・・・つまりこの寓話の中の「てんろう」も、同じなのだろう・・・。

ゲームのマリオは、ゲームをやっている人の存在を永遠に知ることはないし、映画の主人公は、その映画を観賞している人に気づくことも不可能であろう・・・。

しかし、人間の中には、このことに気づいた人がいるらしいのだ・・・。

それは、坐禅や瞑想、あるいはそれ以外の手段で、自分は実は「てんろう」だった、あるいはスクリーンの鑑賞者だった、そしてゲームのコントローラーを握っている本
人だったて・・・気づいた人がいるらしいのだ・・・。

そんな人の事を、真理系のスピ業界では「覚者」と呼び・・・その気づき体験を「一瞥」ともいうらしい。

仏教の世界では、気づきの事を「悟り」というが、全く同じモノかどうかは、今のところ僕には分からない・・・。何せ、僕にはそんな大それた体験はないので・・・^_^;

でも、このさとうみつろうの言っていることは、「覚者」でなくても、非常に共感ができる・・・。

つまり「楽しいばかりの人生は、実はつまらない」ということである。

いや、それ以上に「煩悩(楽しい事)は煩悩(さらに楽しい事)を呼ぶ」という言葉もあるよ〜に「さらなる刺激を求める煩悩」の奴隷になって、逆に無間地獄に落ちてしまうことさえあるだろう・・・。

悲しみも苦しみもあってこそ、人生は豊かだし、楽しいものとなる・・・ということであろうか。「今のこの悲しみも苦しみも、次に訪れる楽しみの為の準備なのかもしれないよ」と、さとうみつろうは言っているのである。全くその通りだと思う・・・。

悟り体験が全くない僕にとっては「悟り」というものの内容が、この寓話によって、知識としては、少しわかりかけてきたのだが、最近読んだ本の中で「教えて、お坊さん!さとりってなんですか?(小出遥子著)」って〜本がある。

タイトルは、全くの直球勝負って〜感じで、実に興味津々で読んだ・・・。

イメージ 3

この本の内容についても、又いつか紹介したいと思っているd(^O^)b。え?「てめ〜の言ってることは、わけわからんから、も〜いらん」〜ってか?d(^O^)b

イメージ 4

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事