全体表示

[ リスト ]

イメージ 3

今朝も朝ラン・・・。空に描かれた雲を眺めながら、ゆっくり7キロほど走った・・・。

今朝のコースも非公認コースで、梅小路公園〜東寺〜清盛神社、って〜コースだった。

梅雨が明けて、猛暑に突入したアトは、公認四天コースは休日ランに限り、平日は非公認ではあるが、清盛神社と市比賣神社の水汲みランだけを繰り返している。

ま〜暑い間はこれでえ〜かな〜と思っている・・・d(^O^)b

ところで、台風10号が発生した時、位置と進行方向から「西日本には関係ね〜な、是非是非このまま東京方面に進んで、暴れてくれ!」と高を括っていたら、進路を徐々に変え、今では近畿直撃コースを進んでいる・・・。

やはり、「人を呪わば穴二つ」のたとえ通りで、やはり人の不幸を喜んでいると、自分に返ってくるもんだ・・・。

東京方面の皆さん、失礼しました。これからは、一緒に協力して、台風は半日運動活発な半島方面に進むよ〜に祈念しましょ〜・・・って〜それじゃ同じか・・・^_^;

さて、半日運動の活発な国と言えば、昨日のみゆき弁当であるが、SNSに投稿した時、こんなコメントを載せた・・・。

ーーー シャケ弁を目に前にした時、いつも思うことは・・・「全国の諸君、君らの中で、シャケ弁当嫌いな奴がいたら、わしの前に並べ!」と叫び、わしの前に並んだ奴らに「君らはそれでも日本人か!」と罵倒叱責した上で、ビンタを喰らわす自分の姿をイメージするのだーーー

イメージ 1

勿論、ギャグであるが、要はそれぐらい「シャケ弁当」が大好きであり、「シャケ弁」が嫌いな日本人がいるとは思えね〜・・・って〜ぐらい、シャケ弁は日本の正統的定番弁当である・・・って〜ことを強調したかったのである・・・。

で、今思ったのは、これが韓国の人たちなら、さしずめ・・・。

「我が同胞の中で、キムチ弁当が嫌いな奴がいたら、君らはそれでも朝鮮族か!と罵倒叱責してやるハシムニカ」・・・って〜のと同じレベルなのかな〜・・・と思ったのである・・・^_^;

さて、今朝走っていたら、ちょっと驚くような体験をしたので、記録しておこ〜・・・。

走り始めてちょうど一キロぐらいの梅小路公園に入る手前で、後ろの方から「おじさ〜ん!」と、呼ぶ声がしたので、振り返ると、自転車に乗った若者が僕をみつめていた・・・。

背中のザックの口が大きく開いてるのか、あるいは落とし物をしたのかな〜、とザックを確認したり、自分の周囲を観たが、なにも変わったことがなかったので、再び走り出した・・・。

するとまた「おじさ〜ん!」とその若者が呼ぶ声が聞こえたので、振り返ると、その若者が手を振って「頑張ってはりますね〜」と大きな声で言うので「お〜きに!」と返して手を振った・・・。

そこから梅小路公園に入って、さらに走っていると、また後ろから「おじさ〜ん!」と呼ぶ声がしたので、今度はさすがに振り返って、その青年の方に向かった・・・。

その若者は観たところ、知的障碍者って〜雰囲気もなく、普通の青年だったが、彼も自転車を降りて、僕の方に近づいてきた・・・。

咄嗟に、彼が何か凶器を手に持ってないか確認しながら近づき「なんか用か?」と聞いた・・・。

若者はさらに僕に近づき、僕の前に立つと「僕、今酔っぱらっているんですが、おじさん随分頑張ってはりますね」「お〜きに、この時間まで飲めるなんて、え〜身分やな〜」と、軽いジャブ的な会話のアト・・・。

「僕、自分の体から負のオーラが出まくってるのが解ってるんです」「そ〜でもないよ。きわめて普通やと思うよ」

「いえ、自分ではよ〜く分かるんです・・・。それで、今おじさんの頑張る姿を見て、とても感動したんです。よろしかったら、握手してもらませんか?」

「え〜よ」・・・と握手したアト、その若者は・・・。

「ほんと、元気をもらえたよ〜な気がします。ありがとうございました。」「そ〜か、そりゃよかった・・・。なんかよ〜わからんけど、頑張るんやで」「はい、ありがとうございます」

と、そのままその場で別れ、僕は再び朝ランに戻ったのであった・・・。

長い間走っているいるが、こんな経験は始めてである・・・。

あの、早朝に酔っぱらってふらふら自転車を漕いでた若者に何があったのかは、勿論分からね〜・・・・。

妄想するに「彼女にフラれた」「バイトを解雇された」「仲間に裏切られた」・・・って〜程度のことかも知れないが、自分に「負のオーラ」を感じる、って〜のは逆に言えば、普通の状態では、かなり頑張っている若者のよ〜な気がした・・・。

普段「負のオ〜ラ」とは無縁の生活をしてるから、何か落ち込んだ時に「負のオーラ」を感じることができるのだと思う・・・。

それに、見知らぬ汗だらけのおっさんに声をかける、って〜のも、よほどのことがない限り、できね〜ことだろ〜・・・。

僕にとっては普段通りに日常の行動である「朝ラン」の姿が、ある若者にとっては「励まし」となることもあるのだろう・・・。こちらこそ「お〜きに」である。

「若者よ、元気を出して、また新しい人生を切り開いてくれ!おじさんは走りながら君を応援しているぞ!」と思いながら、空を見上げたのであった・・・。

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事