エンタメ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

今朝は、二週間ぶりの東福寺日曜坐禅会に参禅してきた・・・。

昨日の日本シリーズでカープが負けて、ホークスの優勝が決まった・・・。終わってみれば、やはり予想通り、ホークスの強さだけが目立ったシリーズだった・・・。

一昨年のファイターズとのシリーズは最初二連勝して、そのアト4連敗って〜結果だったが、今年は一勝しかできなかったのだから、さらに結果的には前回を下回ったと言ってよいだろう・・・。

それも相手はパリーグ二位のチームである・・・(-_-;)

昔から「人気のセ実力のパ」とは言われていたが、やはり今回の日本シリーズが示す通り、実力的にはパリーグの方が上回っているようだ・・・。

過去の日本シリーズの戦績を観てみても、セリーグのチームは、2012年にジャイアンツが優勝して以来、今回でセリーグは6連敗なのだそうだ・・・。

交流戦でも、その傾向ははっきりしてるし、次にセリーグのチームが日本シリーズで優勝するのは、何年先になるのだろう・・・。

てなこって、これで何度も心乱された日本シリーズも終わり、今シーズンのプロ野球の日程はすべて終了した・・・。

シーズンオフの間は、しばらくはFAやドラフトの入団交渉の結果などが話題になるだろうが、来年のカープがどんな陣容になるのか注目したいと思っている。

資金力がないので、努力とアイデアと工夫で、自前の選手を育て上げるのがカープの魅力であるからFAでよそのチームからいい選手が来ることもないだろうし、逆に出ていく選手もいるだろうから、どうゆ〜結果になるのか・・・。

かってFAで出て行った選手で金本なんかは、タイガースで活躍したけど、今回引退した新井は、タイガーズからカープに戻ってきて、後輩たちにさんざん「新井さん、どのつらさげて戻ってきたんですか」と散々揶揄されたこともあったしね・・・(^^)

日本シリーズでのカープの敗戦のショックも、今朝の坐禅会での坐禅で完全に吹っ切れたし、今後しばらくは紅葉情報から目が離せね〜な〜・・・。

冒頭の画像は、東福寺坐禅会の日程であるが、11月の後半は全く休会になっていることに気づいただろうか・・・。

東福寺の坐禅会が休会になるのは、主に法要や行事の関係で休会になるのだが、この11月の後半の休会は・・・もちろん「紅葉」のせいである・・・。

11月の中盤以降は、東福寺は観光客で境内が埋め尽くされるので、その対応の為なのだろう・・・。

つまり、この時期は東福寺さんも、とにかく商売に全力を尽くさねば・・・って〜ことなんだろ〜ねd(^O^)b

イメージ 2

開く コメント(4)

今日もMバイトを無事終えて、マンションに帰ってきた・・・d(^O^)b

今日は境内で、京都府教育委員会主催の「文化財修理現場見学会」って〜イベントがあって、かなりの人出で賑わっていた・・・。

その相乗効果か、Mにもたくさんの来館者があり、一日中賑わっていた・・・。よって、ほぼ神戸市(KB市)の時レベルの売り上げがあった・・・。ありがて〜こった・・・^_^;

さて、日本シリーズの件である・・・(-_-;)

ご存知の通り、カープはホークスの地元福岡で三連敗した・・・(ToT)

三試合とも好ゲームだったと、巷では噂されているらしいが、僕に言わせたら、三試合ともホークスの圧勝だったと思う。

ホークスは打撃のチームだと聞いていたが、実際には投手陣はカープと互角だとしても、これほど堅実な守備のチームだとは、全くの予想外だった・・・。

キャッチャーの盗塁阻止率と言い、外野の守備のホームへの返球といい、内野の守備も固いし・・・。

守備に関してはカープを上回っている印象だし、打線もいいので、今回のカープの三連敗も「な〜るほどな〜」とうなづける気さえする・・・(-_-;)

この三連敗の間、僕は毎晩、がっかりするシーンを見せつけられ、試合後はやけ酒気味に麦ちゅ〜をあおっていた・・・。

その結果、朝起きられず、坐禅もさぼり気味だった・・・。

試合のなかった昨夜の金曜日の穏かな気持ちに、むしろ「や〜こんなに、穏やかな気持ちになれたのは久しぶりやな〜」と思ったほどだ・・・^_^;

さて、今日は地元に戻っての第6戦目である・・・。

いくら地元アドバンテージがあっても、今のホークスの勢いからしたら、たとえ前回いいピッチングをしたジョンソンであっても、やばい感じがしている。

今夜でホークスの日本イチが決まったら、それはそれでほっとする気もするが、やはりカープファンとしては、最後までしっかり闘って欲しいとも思ったりするのである。

今夜もしカープが勝ったら、又明日僕はせわしない気分を継続しながら夜の試合開始を待つことになるのだが、ファンとしてはそれも仕方ね〜と思うのである。

って〜ことで、今日もカープネタの記事になってしまったが、日本シリーズの最終決着がつくまで、しばらく我慢していただきて〜・・・のである。

それと、前回の記事の「おもしろ画像」に「意味が解らん」って〜コメントをいただいたので、説明したいと思う・・・。

イメージ 1
右から読むと「幸せになりたいの。嫌よ、貴方と別々になんて・・・そんなの私じゃないから。一生私の愛する人は貴方だから、おねがい。」・・・と読める。

では左端の行から、一行づつ右に向かって読むと「だから、おねがい。私の愛する人は貴方じゃないから。一生なんて・・・そんなの私嫌よ、貴方と別々に幸せになりたいの。」

って〜ことになり、全く意味が逆になるのである・・・。

不自然な言い回しではあるが、この文章を書いた人は、本当に凄いな〜・・・と、思うのである・・・d(^O^)b

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(2)

イメージ 1

↑の画像は、先日みゆきが活花教室の初伝の卒業作品として活けたものだが、これまでと違って、けっこう奥行きのある作品となっている・・・。

分かりづらいかも知れね〜が、奥側が低く、手前側が高くなり、それも手前側に傾いて、流れている・・・。

一見して「秋の深まり」がテーマなんだと分かるサマは、初伝コース終了に相応しい力作だと思った・・・。

せんせも「これはなかなか凄い」と誉めてくれた、と本人はほざいていたが、真偽程は解らね〜が、なかなかよい作品であることは間違いね〜・・・d(^O^)b

さて、話しはちょっと古くなるが、先月亀岡市の「森のステーション」を訪問して、名物の「秋の薬膳料理」を食べに行った報告をまだ記事にしてなかった・・・。

かなり遅くなったが、その時の様子を少し記録しておきたいと思うのだ・・・。

訪問したのは、9月15日の土曜日。まだMバイトが始まってなかったので、三連休の初日であった・・・。

その前の週に施設から連絡があって「大雨の被害で店がオープンできませんので、予約をキャンセルさせてください」と言われ、それで一週間後に予約変更したのであた・・。

まだ台風21号の被害が色濃く残っていた頃のことである・・・。

僕とみゆきは、JR嵯峨野線の千代川駅を降りて、そこから5キロの道をてくてく歩いて森のステーション亀岡に向かった・・・。

あの頃は、まだ足底筋膜炎疑惑のせいで、走れなかった時期である。

本来は車で行くべきなのだろうが、僕らは車を所有してね〜ので、こんな時は歩くか走るかして目的地に向かう・・・。

千代川駅からて歩いて、どんどん里山の近づき、周囲の風景を楽しみながらのんびり歩いて、ようやく到着した・・・。

テニスコートやロッジなどが併設されたこの施設は、いかにもバブルの頃、地方再生の掛け声で、いろんな場所にハコモノが作られた時代の産物を彷彿とさせる施設だった・・・。

イメージ 2


典型的な地方行政のハコモノ「森のステーション亀岡」の中にある「交流会館」の利用者があまりに減少したのだろう・・・。

で、てこ入れの為に今年の春、亀岡の伝統工芸品である「砥石」の紹介体験施設と、「ちょろぎ村」って〜地元の農業NPO法人が運営するレストランを入れて、施設の再活性を目的としてオープンしたのだろう・・・と思われた。

この日は小雨の混じる天気ではあったが、三連休の初日である・・・。薬膳レストランの客は僕らの他にもう一組だけだった・・・。

イメージ 3

このレストラン「忘れな」を運営するNPO法人ちょろぎ村は春夏秋冬のそれぞれの薬膳料理を提供しており、僕らは「夏の薬膳」が終わった直後の「秋の薬膳」を予約していたのだった・・・。

イメージ 4


イメージ 5

薬膳に豚肉はちょっと違和感があるような気がするが、それは薬膳料理と採食料理を混同してるからであり、豚肉も調理の仕方によっては、りっぱな薬膳料理の一品になるようだ・・・。

ちなみに、豚肉とかぼちゃは体を温める、って〜薬膳効果があるらしい・・・。

イメージ 6


イメージ 7

↑このご飯に載ってる「赤いいもむし」のようなのが、「ちょろぎ」って〜薬草である。

「細胞の働きを活性化させる可能性がある物質が含まれ
認知症予防なども期待でき、脳や腸にも良いと言われている(忘れなHPより)

って〜効能があって、そのちょろぎを栽培普及し、特産にしようとしているのが「NPO法人ちょろぎ村」らしいのである・・・。

ちなみに「ちょろぎ」は漢字にすると「長老喜」とか「千代呂木」って〜漢字を当てはめるそうで、いかにも「長寿」を表すめでたい食べ物、って〜イメージである・・・。

さて、その「秋の薬膳」のお味であるが、豚肉炒めがメインなのに、実にさっぱりとした味わいで、食べていて非常に爽やかさを感じる料理であった・・・。

東福寺僧堂で食べた「精進料理」も、そうだったが、「美味」って〜よりも「滋味」って〜のか、とても味わい深く・・・実に美味かった。

ちなみに、本来は、ご飯のお替りはないのだそうだが「とてもおいしいご飯なので、別料金を払ってもよいので、ご飯のお替りをお願いします」とお願いしたら、気持ちよく無料でお替りをしていただけた・・・d(^O^)b

秋の薬膳料理、↑の画像にデザートのアイスがついて1550円で、ご飯メニューは他に「チョロギうどん」と「薬膳カレー」だけである・・・。

アルコール類は一切ないので、物足りない気もするが、薬膳料理に「び〜る」って〜のも、ちょっと違う・・・かもな〜・・・^_^;

イメージ 8

食後は、レストランの裏にある薬草園を散歩したり、交流館の一階にある亀岡砥石の展示体験コーナーを観たりして、非常に充実したランチタイムだった・・・。

ちなみにこの「NPO法人チョロギ村」のマスコットキャラはこの人である↓

イメージ 9

正式な名前は「チョロばあ」って〜らしいけど、あ〜たも観た瞬間思ったと思うけど、ど〜見ても「〇んこば〜さん」だよな〜・・・^_^;

イメージ 10

開く コメント(0)

カープ先制!

イメージ 1

今日はみゆきの立ち飲み屋Fのバイトの日なので、夜はおひとり様ディナーである・・・。

おひとり様ディナーの時は、あまり手をかけたくね〜ので、今回もスーパーの総菜中心である・・・。

左のメインディッシュは、ローストポークに玉ねぎとキャベツをのせたもので、アトは串カツと助六と酢納豆である・・・。

なかなかバライティーに富み尚且つ、ボリューミーなディナーである・・・。

と、記事を書きながらも、今夜から始まったセリーグのCSファイナルステージが気になってしょ〜がね〜のである・・・^_^;

ただいま4回裏の怒涛のカープの攻撃の真っ最中である・・・。三番丸のヒットに四番鈴木のツーランホームラン、會澤のタイムリーで4点目を採ったところである\(^o^)/

てなこって、申し訳ね〜が、今日のところはこの辺で・・・<m(__)m>

イメージ 2

開く コメント(2)

イメージ 1

昨日、S社で仕事をしていて、夕方になって、患部が痛み出したが、多分ロキソニンの鎮痛効果が切れたからだろ〜・・・。帰宅する時には、再びびっこ状態になっていた・・・(-_-;)

昨夜は、「翌朝の状態が悪化してるか改善されているかで、今後の進展がほぼ判断できるな〜」と思いながら眠たったが、今朝起きたら・・・痛みは殆どなくなっていた\(^o^)/。

やはりこれはロキソニン軍団の消炎効果が出てる、って〜ことなんだろ〜な〜・・・。

この調子なら、明日の朝から「朝散歩」復活の可能性も出てきたが、とりあえず、今日のS社での仕事のアトの状態がど〜なるかだな〜・・・。昨日よりも改善されていれば、よいのだが・・・d(^O^)b

さて、月曜日は、午前中病院に行って、昼からヒマだったので、久しぶりの「暗闇の中の愉しみ」に出かけた・・・。

「検察側の罪人」・・・である。

イメージ 2


キムタクとニノのジャニーズ映画ではあるが、予告編がよかったので、以前から楽しみにしていた作品だ。

監督は原田真人(「関ケ原」の監督)だから、いくらジャニーズ映画とはいえ、そこそこ骨太の作品になってるだろう、って〜期待もあったし・・・d(^O^)b

月曜日の午後、って〜時間帯にも関わらず、かなりの客入りで、いつもの指定位置の席は取れなかったので、割と前の方の端の席を選んだ・・・。

「カメラを止めるな」の時は、満席を覚悟してたので、酒類の持ち込みはしなかったが、今回はさすがにそこまではなかろ〜と、いつもの鑑賞セット(ウィスキーの小瓶と梅塩こんぶちょ〜とスモークタン)を持ち込んだ・・・。

ところが、今回も両隣の席に人が座ったので、ウィスキーはちょっとだけ飲んだが、おつまみ類は「臭い発散リスク」があるので、一切出せなかった・・・(-_-;)

そんな窮屈なシチュエーションでの映画鑑賞であったが、作品自体は非常によかった・・・。

まず、ストーリーがけっこう上質のサスペンスで、複雑ではあるが、脚本がいいのか、難解なわけでもなく、すっと頭の中に整理されて入ってくる・・・。

巷のネットレビューでは、セリフが聞きづらいくて、意味が解らなかった、って〜声もあったが、僕はそんなことはなかった・・・。

演技力の評価の高い「ニノ」演技が上手いのかど〜か、僕にはわからないが、熱演だったとは思う・・・。

一方キムタクは、相変わらずキムタクだったが、さすがに存在感は出していて、貫禄さえ感じるほどの好演だったと思う。

テレビドラマの「ボディーガード」の主人公の雰囲気やキャラクターと殆ど違わね〜のは、いつもと同じだけどね・・・(^_^;)

吉高由里子も好演だったと思うけど、役柄(潜入ルポライター役)と山瀬まみに似たあのしゃべり方は合ってなかったな〜「ゆりごころ」はよかったけど・・・^_^;

その他松重豊や平岳大などの脇役陣も非常に適役でよかった・・・。

ストーリー展開にぐいぐい引っ張られて、最後までだれることのない演出はさすがだったが、ネットのレビューで評価が分かれたのはラストシーンである・・・。

ラストのラストでニノが「Waaa!」と叫ぶシーンであるが、この点についても僕は割と高評価である。

って〜のは、話しの流れからしたら、犯人が捕まって逮捕されれば、殆どの人は納得したのであろうが、その辺りは非常に曖昧なまま終わってしまうので「中途半端」とか「残尿感が残った」とか「意味不明」とか言われてしまったのだろう・・・。

通常のサスペンスであれば、その通りなのだが、この作品が問うテーマはもっと深いもので「人が人を裁く怖さ」をテーマにしている・・・。

よって、原田監督も、安易に「勧善懲悪的定石」通りの終わり方をして、「めでたしめだたし」にはしたくなかったのだろ〜と思った・・・。

僕はあのシーンは、ニノがその「人が人を裁く恐さと法の限界」に気づいたことの象徴表現だと思ったし、ダークヒーローのキムタクに対して、自分の非力を実感したシーンだったと受け止めた・・・。

今回のキムタクの役はダークヒーローである・・・。

この作品で、キムタクは完全にジャニーズのアイドルからの脱皮を成し遂げたと思う。

そ〜ゆ〜意味では、結果的にナカイ以外のメンバーそれぞれが、自由に活躍し、新境地を開きつつある今、SMAPは終わるべくして終わったんだな〜、って〜感じがするねd(^O^)b

キムタクの次の作品は東野圭吾原作の「マスカレードホテル」である・・・。

原作もよかったし、実に楽しみなのだが、キムタクが今回の「アイドルから本物の役者」への脱皮からさらに、どう展開するのかも楽しみである・・・。

それにしても、非常に予想外だったが「ナカイ」の今の低迷ぶりはひどいね〜・・・d(^O^)b

イメージ 3

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事