キュウちゃんのスポーツパラダイス☆

永らくのご愛読ありがとうございました。当ブログはhttp://ameblo.jp/baseball-fan/に引越ししました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

工藤にやられたっ!

イメージ 1

ども〜☆いや〜ホークスファンとしては昨日は工藤にやられたっ!て感じでした。9回の満塁のチャンスの時はいけるかなぁと思ったんだけど、最後は工藤の粘り勝ちでしたね。42歳で完投勝利はセ・リーグ新記録だそうですがあのピッチング見てるとまだまだ更新できそうな気がしました。いや恐れいりました。

                ○カーブを有効に
しかし昨日の工藤のピッチングはすごかったですが、うま〜くカーブを巧みに使ってホークス打線をかわしてましたね。最初の方はあまりカーブを使ってなさそうでしたけど途中からカーブとスライダーの割合が増えて右バッターの内角低めにどんどん投げてましたね。これに右バッターは6回ぐらいまではバンバン空振りしてましたね。特にズレータとカブレラはそのカーブに手こずっていた印象がありました。パ・リーグではああいう風な左ピッチャーって杉内ぐらいしかいないから、ホークス打線が打てないのもある意味納得かも?最後の方はカーブが見られてきてさらにすっぽ抜けてきたから、そのうち崩れるかなぁと思ってましたけどそこは工藤の巧みな投球術と気合でやられましたね。

                ○思い出のマウンド
さて工藤にとって公式戦で福岡ドームで投げるのは5年ぶりで、工藤自身も「慣れ親しんだマウンドで昔の良い時のフォームを思い出した」と言ってました。私も昨日ピッチングを見てて何か最近の工藤とは違うような気がしました。直球はやっぱり昔のいい時に比べるとノビが落ちてるかなぁとは思いましたが、それでも最近の工藤からしたら1番直球のノビがありました。それだから13奪三振を記録したのだと思いますが、それだったら工藤にはもう1回ホークスに戻ってもらって福岡ドーム限定で投げてもらうのも面白いかも?そしたら50歳ぐらいまで投げられるかもしれないですね(笑)

                ○師弟対決
昨日は工藤ワンマンショーといった感じでしたが忘れちゃいけないのが城島との師弟対決!この2人の対決は2000年の日本シリーズ以来でしたが、昨日の工藤のピッチングに何か城島がビックリしてたような印象を受けました。まぁお互いのことは知り尽くしてると思いますが、昨日だけに限定すれば工藤の貫禄勝ちだと思います。城島はスタメンの中では唯一三振をしなかったそうですが、それでも城島の中では「このオヤジすげぇ」とか思ってたかもしれないですね(笑)

この3連戦は話題は結構豊富でしたが昨日おとといと守備のミスがすごく目立ってお互いに自滅したような試合でした。今度は6月3日から東京ドームで3連戦がありますがその時はお互いに力でねじ伏せて勝つ試合を見せてほしいと思います。だって両チームは「世界一を目指す球団」と「球界の盟主」なんだから・・・。

イメージ 1

ども〜☆サッカーのブラジル代表のメンバーが発表されましたが、コンフェデ杯のブラジルのメンバーは実に豪華ですよね。カフーとロベルト・カルロスはW杯予選のみでコンフェデには出場しないそうですがロナウドやロナウジーニョ、カカにアドリアーノといったブラジルが誇る豪華攻撃陣はコンフェデに出場ということで日本vsブラジル戦を見る楽しみがめちゃめちゃ増えました!特に私はロナウジーニョが大好きなので彼のプレーがTV中継ではあるけれど見れるのはすごく楽しみです。たぶんこの試合は日本の勝敗抜きにブラジルの方ばっかり見てる可能性が大です。(こんなこと言ったら非国民と言われそうだけど)

でもブラジルと対戦することは日本にとってプラスだと思いますね。力は向こうの方が全然上だけど例え負けたとしてもその世界最強チームから何かを吸収してもらいたいですね。特に日本は南米のチームにはめちゃんこ弱いから、その対策とかもブラジル戦で学びとってほしいと思います。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事