ここから本文です
全日本初入賞記念
もうすぐゴールデンウィークに突入ですが、恒例の大会は1週間後の京都オープンとその3日後の関東社会人選手権です。京都オープンは今年で29回目で関東社会人選手権は今年で丁度30回目を迎えます。6月のブロック大会前の大会参戦はこの2大会なので、上半期の大一番に繋げたいところです。

この記事に

仮装ブロック大会

以下の表は先日の定期大会の上位までの結果です。

1位 T沢九段 4勝1敗 +132
2位 A原三段 4勝1敗 +104
3位 N崎六段 4勝1敗 +80
4位 U沢五段 4勝1敗 +50
5位 N尾六段 3勝2敗 +102
6位 K田四段 3勝2敗 +84
7位 U澤初段 3勝2敗 +66
8位 O原初段 3勝2敗 +52
以下省略
定期大会は5回戦までですが、ブロック大会は6回戦まであります。ここで、最終戦の組み合わせです。
T沢九段vsA原三段
N崎六段vsU沢五段
N尾六段vsU澤初段
K田四段vsO原初段
以下省略
そう言えば昨年のブロック大会も最終戦の時点で全勝なしの1敗が4人でした。因みに以下の表です。

1位 A部四段 4勝1敗 +92
2位 N尾六段 4勝1敗 +74
3位 N崎六段 4勝1敗 +44
4位 U沢五段 4勝1敗 +34
5位 A原三段 3勝2敗 +24
6位 N方初段 3勝2敗 +12
7位 O原初段 3勝2敗 +6
以下省略
最終戦の組み合わせは、
A部四段vsU沢五段
N尾六段vsN崎六段
A原三段vsN方初段
O原初段vs2勝3敗の方
でした。
昨年との違いは石数の関係ですね。昨年の場合は2敗組にとっては余程大勝しない限り無差別代表は厳しい状況でした。今回(仮)の場合は特にN崎六段vsU沢五段の敗者が無差別どころかフリークラス代表も危ぶまれそうな状況になっています。カギを握っているのは参加人数ですね。昨年は16名の参加で今年は昨年よりは若干上回りそうな勢いです。少なければ3敗でも石数が多ければフリークラスの代表は確保出来ますが、今の状況ならば3敗はともかく下手すれば2敗の下位でも厳しい状況となっております。今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

この記事に

4月9日(日)は新潟県定期オセロ大会に参加しました。
1回戦:U田無級 勝
2回戦:K田四段 勝
3回戦:S藤四段 負
4回戦:N崎六段 負
5回戦:T辺無級 勝
で、3勝2敗の5位でした(優勝はT沢九段)。ブロック大会の前哨戦としては内容は不満で展開は満足といったところでしょうか。ブロック大会で上位に入らないと全日本どころか最大の目標でもある王座戦もオジャンになってしまいますから、2ヶ月後が今年最大の大勝負です。

この記事に

第5期横浜最高位戦結果

4月2日(日)は横浜最高位戦に参加しました。
1回戦:N村三段 勝
2回戦:H山四段 負
3回戦:K野五段 負
4回戦:K野三段 負
5回戦:S木二段 勝
6回戦:T見六段 負
で、2勝4敗の21位でした(優勝はO森六段)。また名人戦の悪夢再びですね。まだ後遺症が取れていません。4日後のホームの大会で巻き返したいところです。

この記事に

巻き返しへ向けて

残念ながら名人戦での王座戦出場の権利は得られませんでした。目指すは全日本選手権での王座戦出場の権利ですが、その前にブロック大会で好成績を残さないと出られません。今後の大会参加日程は、
4月2日(日)第5期神奈川最高位戦
4月9日(日)第72回新潟県定期オセロ大会
5月3日(水)第29回京都オープン
5月初旬(予定)関東社会人選手権
6月18日(日)2017年新潟ブロック大会
の予定です。まずは1年の決戦でもあるブロック大会を目標に頑張ります。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事