ここから本文です
全日本初入賞記念

久々の大会

全日本が終わって今日で丁度1ヶ月。4日後には日本海オープンを控えており、悪夢のブロック大会以来の公式戦となります。年内はこの大会を含めて10月開催のスタキャンと暮れの忘年会付きの定期大会の3大会参戦を予定しています。この大会はその2週間後の王座戦にブロックから出場する4人に対するスパーリングパートナー役も務めることになっています(他にも2〜3名程度?)。6年前には当時は新潟ブロック所属ではなかったですが、そのスパーリングパートナー役で優勝しています。その時は全日本も王座戦も出れない年でした。今回も当時のように奇跡は起こるのでしょうか。

この記事に

残念ながら上位入賞までは進出できませんでした。共に同じブロックでU澤1級は17位、K林1級は8位でした。U澤1級は6年生で最後の小学生グランプリですが、K林1級はまだ4年生。あと2年チャンスがありますし更に上位を期待しています。

この記事に

小学生グランプリ

4日後の8月6日(日)には小学生グランプリ2017が開催されます。今年も優勝者には世界選手権の出場権が与えられます。何と言ってもF地五段とT橋三段の一騎打ちでしょうけども、我が新潟勢2人も応援します。信越ブロックで優勝のU澤1級。親子での王座戦出場は絶たれましたが、姉妹での王座戦出場には望みは残されています。同ブロック2位のK林1級。小学生名人戦は7位タイで王座戦出場権をゲット、春の再現を期待しています。2人とも頑張って下さい。

この記事に

全日本も終わって1週間が過ぎました。新潟の無差別で気付いたことが1つありました。今年で全日本の無差別の新オセロ方式になって13回目で新潟勢が4勝が2人達成したのは初めてのことで、しかもいずれもベスト16でこれに関しては実に18年ぶりです。新潟勢は私が入賞してから4年継続していることはいい傾向であるということです。それよりも無差別枠は3つというよりは4つほしいのが現実です。それに関しては3人で一丸になって好成績を残すしかないのです。

この記事に

7月16日(日)に行なわれた全日本オセロ選手権は無差別級の部はK田七段、女子の部はS原三段、フリークラスの部はY崎五段がいずれも優勝を果たしました。おめでとうございます。
気になる新潟ブロック代表選手の成績は、
無差別級の部
T沢九段 4勝2敗 11位
A原三段 4勝2敗 16位 →四段昇段
O原初段 1勝5敗 61位
女子の部
U澤初段 3勝3敗 14位
フリークラスの部
U沢五段 3勝3敗 23位タイ
K田四段 3勝3敗 23位タイ
でした。
来年の新潟ブロックの全日本無差別枠は例年通り現状維持に落ち着きそうです。選手の皆さんお疲れ様でした。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事