星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

全体表示

[ リスト ]

刺さない蜂!?ライポン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

「ライポン」という刺さないハチ。これを素手でつかまえたり、リードをつけてペットのように散歩させる──そんな遊びが昭和の後期、一部の地域の子どもたちの間で流行ったという。
「ライポン」が吸蜜におとずれる白い花には子どもたちがこぞって集まり、その木(ネズミモチ)は「ライポングサ」とか「ライポンの木」と呼ばれていたそうだ。
ネット検索して得た情報を総合すると昭和40〜50年前後、東京の城南地区といわれる大田区、目黒区、品川区あたりでは「ライポン」を知らない子はいなかったらしい。

コマルハナバチの♂が「ライポン」と呼ばれ、ある時期、限定的な地域で子どもたちに大人気だった──ということを僕が知ったのはだいぶ後の事である。
なんだかちょっと面白い話だと心に残った。

ライポンは「刺さない蜂」として子どもたちの間には広まっていたようだが、正確には「蜂の♂だから刺さない」というべきだろう。ハチの毒針は♀の産卵管が変化したものだ(全ての種類のハチが「刺す」わけではないそうだ)。だから同じ種類のハチでも♂は刺さない。コマルハナバチも♀は針を持っていて刺すが、刺さない♂(ライポン)とは、まったく違う色(黒い体に尻が黄色)をしているので間違える事は無い。むしろ一見別の種類のように見える(コマルハナバチ♀はクマバチとよく間違えられる)。それで全身黄色っぽく見える「コマルハナバチの♂」が「刺さない(種類の)蜂」として知られ、広まっていったのだろう。

それにしても、ハチを捕まえて糸につないで「空中散歩させる」なんていう遊びがどうして流行ったのだろう。
ハチといえば一般的には「毒針で刺す」イメージから恐れられたり嫌われる存在だろう。実際にスズメバチに刺されて死ぬ人も毎年後を絶たない。
昆虫の中には毒を持たないカミキリやガでハチに擬態して身を守っているものさえいる──ハチは「敬遠される虫」である。

※ハチを思わせる蛾/http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/17900912.html
※ハチそっくりのカミキリ/http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/17936577.html

そんな恐れられ、嫌われている存在を遊び相手にするというのは──ちょっと意外な感じもするが、その「意外性」が逆にウケたのかもしれない。

おそらくその頃人気だったTVアニメのキャラクターに「オバQ(オバケのQ太郎)」というのがあった。
オバケも、もともとは恐れられたり忌み嫌われたりする存在である。しかし、それを友達としてしまう設定の意外性──これが子どもたちにはウケた理由の一つだったろうと思う。
「ライポン」にも「オバQ」同様、ハチの怖いイメージを払拭しペット化して迎え入れるという意識改革による快感(?)のようなものがあったのではないだろうか?

さて、そうした「嫌われ者が一転して人気者になる」という意外性にブームになり得る要素が潜んでいたとして……疑問なのが、どうして1地域に限って大流行したのかという点である。
コマルハナバチは城南地区限定の昆虫ではない。分布は全国的であり、当然「黄色い♂は刺さない」という条件(生態)も全国一緒である。なのに、大ブームが限定的だったという点が不思議な気がする。
城南地区で子ども時代を過ごし「ライポン」で遊んだことがある人達は、その後別の地域で育った人に「ライポン」が通用しない事を知って大きく驚くようだ。

実は「ライポン」というネーミングにブームの秘密があったのではないか──と僕はひそかに(?)考えている。
「ライポン」という愛称の可愛らしい響きは、このハチにピッタリである。そしてこの愛称によって、このハチの可愛さが強調されて子どもたちの注目を集める効果をはたしたのではないか。
「コマルハナバチ」では一般的なキャッチは良くない。標準和名で子どもたちが感心を示す事も無いだろうが、「ライポンをとりに行こう」と言えば「それは何?」と感心が呼び覚まされるのではないだろうか。そこで「刺さないハチ」「空中散歩ができるハチ」という意外なキャッチフレーズ(?)が認識として浸透・広まり、ライポン遊びのブームにつながったのではないか?

狂牛病やクロイツフェルト=ヤコブ病の病原体として浮上した仮説の感染単位が「プリオン」という名前の発明によって、脚光を浴び確固たる概念を構築したように、キャッチの良いネーミングは革新的なイメージを構築することがあるのだろうと思う。

城南地区に「ライポン」ブームがおこったのは、そこに「ライポン」という呼び名が生まれたからだ……という気がしないでもない。

そこで「ライポン」というネーミングの由来について知りたいところなのだが……これがよくわからない。
本当の所は「ライポン」と呼び始めた人たちにしか判らないのだろうが……その情報をみつけることができないので、無理矢理想像するに──、

「ライポン」の「ライ」あるいは「ライ○ン」の部分は「ライオン」に由来するのではないかという気がする。
「ライポン」は別名「キグマ」とも呼ばれていたらしい。これは「黄熊」つまり「黄色い熊蜂(クマバチ)」という意味だろう。
体の(腹の)黒いハチを「熊」蜂と呼ぶのにならって(?)、黄色い蜂に「ライオン」を当てはめるのは発想としてあっても良さそうな気がする。
「ライオン蜂」では長いし語呂も悪いので「ライポン」になった……と想像するのは不自然ではないだろう。

では「ポン」にはどんな意味があるのだろう? まず思い浮かんだのが「ポンポン」──玉房状の飾りである。Wikipediaによれば、服飾用語で毛糸やリボン、毛皮などで作った小さな飾り玉のことを「ポンポン」(フランス語のpomponからの外来語と考えられているとのこと)と呼ぶという。
「ライポン」の毛羽立ったフワフワの体は「玉房状の飾り」を思わせる。「ポン」の由来がここにあったとしても違和感は無い。

次に想像したのが「蜂」という漢字は「ポウ」とも読めることから「ライオン蜂」が縮められ「ライ蜂(ポウ)」→「ライポン」と呼ばれるようになったという可能性である。
「蜂」が「ポウ」と読まれるケースには、ミツバチの「分蜂(ぶんぽう)」などがある。
「ポウ」ではないが「ボウ」で呼ばれるハチもいる。メタリック・ブルーが美しいセイボウは漢字で書くと「青蜂」である。

※メタリックに輝く虹色のハチ/http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/4654866.html

「青色の蜂」が「青蜂」と呼ばれているのだから「ライオン色の蜂」が「ライ蜂」と呼ばれ、それが「ライポン」になった──という説があっても、おかしくはあるまい。

また調べてみると、「ポン」にはアイヌ語で「小さい」という意味があることがわかった。地名の「ポンピラ」は「小さい(ポン)崖(ピラ)」、「ポンモシリ」は「小さい(ポン)島(モシリ)」というアイヌ語に由来するそうだ。
余談だが「ポン」の反対語は「ポロ」で、「札幌」はアイヌ語の「乾いた(サッ)大きな(ポロ)川(ペッ)」とする説もあるそうな。

「ポン」を「小さい」という意味でとらえると「ライオンっぽい小さなハチ」を「ライポン」と呼ぶのは実にピッタリくる(と個人的には感じる)。
ただ、東京でなぜアイヌ語なのか……という疑問は浮かばないでもないが……。

当時は「ライポンF」という家庭用台所洗剤(現在は業務用のみ)があってテレビCMも放送されていたので、単に響きの良い耳に残るこの「ライポン」とかけて(?)こう呼ばれるようになっただけなのかもしれない。

いずれにしても想像の域を出ないだけに「ライポンの謎」はずっと解けずに残ったままである。
「ライポン」と初めて呼び始めた人やネーミングの経緯を知っている人は、まだ生きているのではないか?
生き証人がいるうちに誰かがこの源泉をつきとめ「ライポンの謎」を解明してくれないものだろうか?──そう思わないでもない。

全然話は違うが、一時期流行った「ピーマン」という言葉の語源──野菜のピーマンに由来するとの認識が一般的だが、僕はある人物のあだ名「プチコンマン」が源泉ではないかと考えている。


※【追記】「ライポン」の由来につついて、kz_**さんより貴重なコメントをいただきました。
《ライポンは触ったあとの手の匂いが洗剤の匂いに似ていることから着いたニックネームだったと思います。音感もハチのイメージとマッチしたので(この地域では)定着したのでしょうね。》
ニックネームの由来が、香りにあったとは……貴重な情報をありがとうございました!



※昔流行った「ピーマン」語源/震源地は僕ら?
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/22219276.html

●昆虫など〜メニュー〜
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-902.html

※Yahoo!ブログ終了に伴う移行先→チャンネルF+
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-894.html

閉じる コメント(116)

> まるはなさん

やはり中野区方面では「なると」でしたか。子どもたちの間では標準和名より愛称が通称だったんでしょうね。

2018/5/5(土) 午後 10:36 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

私は昭和44年組です。目黒区の東山と言う下町っくな生まれです! 我々は、きいぐまと呼んでいたと記憶しています。ちょっと訛りですかねw きぐまとは誰も言っていなかったような…
紐で括って走ってすっ転んで胴体真っ二つ… と大人になった今では恐ろしい事を平気だった幼少時。今のちびっ子にもそんな元気さは有るのでしょうかね?

2018/5/13(日) 午後 4:32 [ けいちゃん ]

> けいちゃんさん

けいちゃんさんたちの間では「きいぐま」でしたか。「黄色い熊(蜂)」から来ているのではないかと想像します。
今はハチで遊ぶ子はいなそうですが……当時でもハチをペットにして遊ぶ子がいたのは限られた地域だったのでなかろうかと思います。ちょっとユニークな「文化」ですね。

2018/5/13(日) 午後 5:04 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

どうも44年組で私も林試の森の近く下目黒、西五反田界隈で近所の友達とよくライポンを捕まえに行きました。ライポンの呼び名が城南地区限定だったなんてなんか嬉しいですね。お尻が丸くて毛がふさふさしているからポンで見た目がライオンとかトラっぽいから子供目線でライポンと言うネーミングをつけたんじゃないですかね。

2018/5/19(土) 午前 9:07 [ あちゃこやとせんべやの常連 ]

> あちゃこやとせんべやの常連さん

「ライポン」は、とてもピッタリくるネーミングですね。ハチというと怖れられがちですが、そんなイメージを払拭する可愛らしい響きが感じられます。
最初にこのハチで遊ぶことを始めた人・この愛称で呼んだ人は、どんな人だったんでしょうかね?

2018/5/19(土) 午前 10:27 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

大人になった今でも初夏になると
あの手に残る香りを思い出します。40年代世田谷の代田住まいでした。
呼び名は花バチと呼んでいた記憶があります。ネット上にこんな記憶宝箱があるなんて。有難いです。

2019/3/27(水) 午後 2:43 [ 花バチさんに会いたい。 ]

> 花バチさんに会いたい。さん

今はインターネットで個人が情報を簡単に発信できますが……当時はそんなツールもなかったので、「ライポン」も世間に広まることなく地域限定の文化という形にとどまっていたのでしょうね。
ハナバチは花に来るハチ(幼虫の餌として花粉や蜜を蓄えるものの)の総称で、コマルハナバチもその1つということになります。

2019/3/27(水) 午後 4:04 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

ネズミモチの花が香って、ライポンを思い出して検索したらヒットしました。昭和48年生まれ、港区白金台でもライポンを捕まえて遊んでいたことを思い出し、懐かしく思いました。城南地区限定だったなんて知りませんでした。

2019/5/23(木) 午後 0:35 [ qwn*32*2 ]

> qwn*32*2さん

今ならインターネットで情報が拡散しますが、当時は地域の中で生まれた遊びは校区の壁(?)などもあってよその地域に拡散しにくかったのかもしれませんね。限られた地域では誰もが知っていたのに、他の地域の人は全然知らないという現象は面白いですね。

2019/5/23(木) 午後 2:33 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

47年組です。中野区でも東中野では「キバチ」でした。やっぱり大人気で、みんなで捕まえていましたが、後日図鑑で本物のキバチを見たら、全然違っていて驚いたのを思い出します。
メスのほうは、クマンバチとか、黒いのとか、適当に呼ばれていましたね。やはり別種のハチだと思われていました。

2019/6/6(木) 午後 4:57 [ supercondor ]

> supercondorさん

見た目が黄色いことからキバチ(黄蜂)と呼ばれていたんでしょうね。
コマルハナバチはオスとメスで見た目がかなり違うので、刺さない別の種類のハチと認識されていたのでしょう。もしオスとメスが同じカラーリングだったら(メスは刺すから)、捕まえて遊ぶという文化も生まれなかったかも!?

2019/6/12(水) 午後 1:32 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

1971年組です。
杉並区西部(西荻窪駅・上井草駅=善福寺・上井草・今川界隈)や隣接する練馬区上石神井・立野町でコマルハナバチに接し遊んでいた者です。
それら地域では「ナルトバチ」と呼ばれ親しんでいました。
黒の雌は別種として見ており、「くまんばち」と言って避けてました。一度だけ刺された事があり、親指の平を刺されてかなり痛かったですね。
10年ほど前の浦和美薗駅近隣にネズミモチノキがあり、しっかりと「ナルトバチ」もいまして久しぶりに捕まえてみたものです(すぐ逃がしました)。「わわわ!刺す刺す!」と言いながらその様子を見ていた後輩が逃げ回っていたのが面白かったですね。しかし浦和美薗駅近くにあったその場所も開発で住宅街と化してしまいました。
現在住の桶川市では一切見ていません...orz
因みに「ナルトバチ」と遊んでると、「エビハチ」と呼んで恐れていた海老のような巨体蜂が現れて逃げたりしましたが、それはコマルハナバチ同様に「モフモフ虫」が好きのコアなファンが多いスズメガの遠縁である人畜無害の「オオスカシバ」でした=確かにあの羽音と風貌は蛾とは程遠く、蜂だと思いますよね。
懐か

2019/6/13(木) 午後 5:15 [ mer*nn*tomo*ac*i ]

> mer*nn*tomo*ac*iさん

そちらでは「ナルトバチ」でしたか。「くまんばち」はふつう「クマバチ(キムネクマバチ)」のことですが、ずんぐりして黒っぽいコマルハナバチのメスは印象が似ているので混同され、そう認識されていたのかもしれませんね。
「エビハチ」は始めて知りましたが、すぐにオオスカシバだろうと思いました。僕も子どもの頃、この虫がザリガニに似てると思ったりハチドリに似てると思っていました。蛾だと知ったのはだいぶ後でした。

2019/6/13(木) 午後 5:55 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

>補足です。
浦和美薗駅=×
浦和美園駅=〇
でした。ミスタイプの確認せずに打ってしまいました。
あと、文末「懐か」で尻切れトンボになってますが、「懐かしいです。」と打ったつもりでした^^;
失礼しました。

2019/6/13(木) 午後 10:02 [ mer*nn*tomo*ac*i ]

昭和47年生まれ。
昭和55年前後、阿佐ヶ谷団地に住んでいた頃、みんな「プーヤン」と呼んでました。
手の中に捕まえると、くすぐったかった記憶があります。

2019/6/25(火) 午前 6:50 [ aki*iko*2*6 ]

> aki*iko*2*6さん

aki*iko*2*6さんのところでは「プーヤン」でしたか。可愛らしい響きですね。
手の中ににぎると羽ばたきながら這い出そうとして、そのときの高速の振動はくすぐったいですね。

2019/7/1(月) 午後 1:02 [ 星谷 仁 ]

昭和50年 目黒生まれ 油面小卒です。 今日ライポンの木があってしげしげと観察するも1匹もおらず。ライポンどうしているんだろうと検索して来ました。小4の夏に朝から晩まで友人と駆けずり回って100匹以上捕まえた事があります。夕方になって帰る間際に、保育器の蓋を開けて放流した時の光景を今でも鮮明に覚えています。庭の無い家が増えた昨今、ライポンも城南地区絶滅なんだろうか…寂しいですね。

2019/7/6(土) 午後 2:39 [ tbf*nt ]

> tbf*ntさん

今年はちょっと気象がおかしく(?)、昆虫の発生時期がズレたり個体数も少ない傾向があるのかも?
昆虫は、いるときはふんだんに見られるのに、何かの加減でいなくなるとめっきり見なくなることがありますね。
絶滅でなければいいのですが……。

2019/7/6(土) 午後 4:14 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

昭和60年代前半生まれ。
阿佐ヶ谷団地の近くで育ちました。
小学生時代、プーヤンって呼んでました!家の庭にも「プーヤンの木」があり素手で捕まえてました!!懐かしい。

先日職場でプーヤンが全国区ではないとはじめて知り( ; ゚Д゚)いろいろ調べた結果こちらにたどり着きました(*^^*)

2019/8/12(月) 午後 9:10 [ ぷー ]

> ぷーさん

「プーヤン」はかわいい響きですね。由来は想像できませんが、音の響きが「そんな感じ」という気もしますね。
今と違って当時は個人で情報を発信するツールがなかったから、呼び名(愛称)も子どもたちの狭い繋がりの中での共通認識にとどまっていたということだったのかもしれませんね。

2019/8/12(月) 午後 10:16 [ 星谷 仁 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事