星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

全体表示

[ リスト ]

今年もフユシャク(冬尺蛾)が見られるようになった。フユシャクは冬に出現する蛾のグループ(*)。昆虫なのにわざわざ冬に成虫が出現して繁殖活動するという生態もユニークだが、メスは翅が退化し、オスとは全く違う容姿であることも興味深い。
翅が退化したメスは飛ぶことができないから、性誘因物質(性フェロモン)を放出してオス(は翅を持ち飛ぶことができる)が訪れるのを待つ。
イメージ 1
クロスジフユエダシャクは早い時期に現れる昼行性のフユシャク。今年は11月の終わりから見かけるようになった。
1年前、クロスジフユエダシャク♂たちが死んだ♀のまわりで【婚礼ダンス】を舞うのを観察できた(*)が、機会があったら【婚礼ダンス】を経て交尾に至ることを確認してみたいと思っていた。
そして、その機会は今シーズン、意外にあっさり訪れた。

蛾の【婚礼ダンス】は鳥の【求愛ダンス】にあらず

ここでいう【婚礼ダンス】とは「カイコガの婚礼ダンス」にみられる行動のこと。家畜化されたカイコガは羽化しても(成虫になっても)飛ぶことができない。にもかかわらずカイコガ♂は♀の匂い(性フェロモン)を感じると翅をふるわせてダンスを踊る(これが「婚礼ダンス」と呼ばれる)──そして行き会った♀と交尾をする。
【婚礼ダンス】というと鳥のオスがメスの気をひくために踊る【求愛ダンス】を連想するが、蛾のオスが踊る【婚礼ダンス】は「メスの気をひくための行動」ではなく「メスの位置を探るための行動」だと考えられる。

オスとメス 触角の違い

蛾は♀が性誘因物質(性フェロモン)を放出する種類が多く(チョウでは♂が多い)、♂の触角が立派な(発達した)ものが多い。
フユシャクも飛べない♀が性フェロモンを放出し、♂がその匂いをたよりに♀を探しあてなくてはならないので♂の触角の方が複雑な構造をしている。
イメージ 2
♀の触角はシンプルな糸状だが、♂の触角は細かい毛が密集してクシかブラシのようにも見える。
♂の触角は【空気中にただようニオイ物質(性フェロモン)をより多くキャッチするため】に【空気に接する表面積を増やす】形へと進化してきたのだろう。
しかし、【空気中にただようニオイ物質をより多くキャッチするため】には別の方法も考えられる。【触角に接する空気の量を増やす】ことである。
たとえば──触角の表面積は同じでも、そのうしろに電気掃除機の吸入口をかまえて空気を吸い込めば、触角を通過する空気の量は格段に増える。そのぶんキャッチできるニオイ物質も増えるはずである。

蛾にはモーターはついてないが、翅をはばたかせることによって空気の流れを作ることはできる。とまった状態で羽ばたき、空気を後方(あるいは左右方向でもかまわないが)に押し出せば、そこへ前方の空気が流れ込み、そのさいニオイ物質を含む空気が触角を通過することになる。
羽ばたきながら体の向きを変えることによって(感知されるニオイの強弱によって)どの方角からニオイがやってくるのかも判るはずだ。

イメージ 16
イメージ 17

触角の表面積を広げるような(?)進化をとげてきたのだから、翅を使って「触角に接する空気の量を増やす」ことくらいしても不思議ではないだろう。むしろその程度の活用はあって自然な気がする。

じっさい、カイコガでは♂が【婚礼ダンス】の羽ばたき運動によって♀を探し出すことが確認されている。
センサーである触角に異常はなくても、翅を固定させた♂や翅を切除した♂(つまり婚礼ダンスを封印した♂)は♀をみつけることができなくなるという。カイコガ♂が【婚礼ダンス】を舞うのは、単に興奮しての行動ではなく、♀の位置をけんめいに探り当てようとする捜索運動だったのだ。
(※平凡社『アニマ』1980年12月号<No.93>/【カイコガの婚礼ダンス なぜ踊るのか】<文・小原嘉明/写真・松香宏隆>に詳しく検証されている)

1年前に複数のクロスジフユエダシャク♂が轢死した♀のまわりで【婚礼ダンス】と思われる行動をとっている場面に遭遇し、【婚礼ダンス】がカイコの専売特許ではないことを知った。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/cc/0f/ho4ta214/folder/260812/img_260812_28652023_13?1348883319
(*フユシャク:翅が退化した♀/翅でニオイを嗅ぐ♂より)

蛾がペアになるシーンを観察したことはないが、多くの種類が【婚礼ダンス】によって相手をみつけているのではないか……と考えるようになった。

クロスジフユエダシャクの婚礼ダンス

ということで、クロスジフユエダシャクが【婚礼ダンス】を経て実際に交尾に至ることを観察し確かめてみたいと思っていたわけである。
フユシャクの時期がまたやってきた──そこでクロスジフユエダシャク♂があちこちで舞う雑木林を訪れてみた。

落ち葉がつもった地上付近を低く、クロスジフユエダシャク♂が飛んでいた。その飛び方はランダムで♀の匂いを探してさまよっているように見える。
ときどき枯れ葉に降りる♂もいるが、降りて動きを止めたときは♀が見つけられなかったときのようだ。

実は以前、♀を探す♂を追って♀に行き着けないか試してみたことがある。地上に降りた♂をみつけるとそのたびに周辺を探してみたが収穫は得られなかった。
そこで今回は、ただ地上に降りただけの♂はスルー。【婚礼ダンス】のみに注目することにした。
落ち葉の上をランダムに飛ぶ♂たちをみていると、ほとんどが休息に入ってしまう時間があったかと思うと、あるときいっせいに舞い始めることもあり、おそらく風によって運ばれる♀の匂いがスイッチになってのことだろうと想像した。

さまようように飛んでいた♂が、狭いエリアで舞ったり降りたりを繰り返しはじめると♀の匂いを嗅ぎ付けた可能性が高い。降りて羽ばたきながら歩きまわる【婚礼ダンス】を始めると♀は近い──そう推理して、該当する行動をとった♂を追うと、♂は翅をふるわせながら落ち葉の下に潜り込んで行った。
イメージ 3
イメージ 4
「そんなところに♀がいるのか?」と半信半疑で落ち葉をめくり覗き込んでみると……あっさりペアになっているのが見つかった。
実は僕のイメージでは──♀は落ち葉の上にでて性フェロモンを放出しているのだろうと想像していた。ニオイ物質を効率よく飛ばし、♂に見つけてもらうにはその方が自然だと考えていたのだ。表面積の大きい♂でさえ落ち葉の上でじっとしていると見つけるのは難しい。翅が退化した小さな♀なら葉の上に出ていてもじっとしていれば天敵にみつかる危険は少ないだろう……そんなふうに思っていたので、♀が落ち葉の奥にかくれており、それを♂が見つけ出すとは意外だった。
しかし「落ち葉の下に隠れている♀を♂がみつける」パターンは特別なことではないらしい。このあとに【婚礼ダンス】をたよりに見つかった♀もやはり同じような状況だった。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
さらに別の個体でも──、
イメージ 10
イメージ 11
【追記1例】
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
これまでクロスジフユエダシャクの♀については、手すりなどの人工物にとまっているケース(見つけやすい状況)ばかりしか見てこなかったので、ナチュラルな状態を見てみたいと思っていた。
落ち葉の下に隠れているのが普通なら、なかなか見つけられなかったわけである。よくそんなところにいる♀を♂は見つけ出すものだとクロスジフユエダシャク♂の【婚礼ダンス】に改めて感心した。
冬、補食昆虫や寄生昆虫など天敵が少ない時期を選んでの繁殖──そう思っていたが、《(昼行性のクロスジフユエダシャクが)無防備で目立ちがちな交尾を隠れて行う》のが基本だとすると、これは鳥などの目をのがれるため身につけた習性なのだろう。冬でも鳥の補食圧はそれなりに掛かっている──ということを示唆する行動のようにも思われた(それでフユシャクの多くは夜活動するのかもしれない)。
鳥であれヒトであれ、落ち葉の下に隠れたフユシャクを見つけだすのは難しい。しかし、♂の【婚礼ダンス】に注目すれば、効率的に♀をみつけられることもわかって、スッキリした。
イメージ 12


この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

名前がわかってウレシイです♬生態もとてもくわしくて昆虫図鑑以上です。グッジョブです!ナイスです!

2012/12/7(金) 午前 10:57 NAZCO 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。
昔は、冬には昆虫は活動しないものだと思っていたので、あえてそんな時期に活動する蛾がいると知ったときにはビックリしました。
身近に「へえ!」と感心するようなことって、まだまだあるものですね(昆虫関係は特に)。

2012/12/7(金) 午後 3:12 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして!
クロスジフユエダシャクの♀の探し方、大変参考になりました。
明日にでもクロスジフユエダシャクが飛び回っている雑木林に行って、♀探しをしてみます。
ありがとうございました。

2012/12/12(水) 午後 3:22 [ shino ] 返信する

顔アイコン

地面ふきんを飛んでいる♂たちを見ていて、降りる♂を探し、降りてすぐ動きを止めるようならスルー、翅を振るわせながら歩き回って落ち葉の下に潜り込むようならアタリ──クロスジフユエダシャクはそんな感じでした。
♂が♀をみつけられるか──頼りで、待たされる時は待たされますが、見つかる時はあっけないほどすんなり見つかると思います。
うまくみつかるといいですね。

こちらではチャバネフユエダシャクやクロオビフユナミシャクも出てきています。

2012/12/12(水) 午後 10:13 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

フユシャクの♀、見つかりました!
クロスジフユエダシャクが飛び回っている雑木林で♂の婚礼ダンスを頼りに♀探しをしたのですが、見つかったのは違う種類(クロオビフユナミシャク?)のようです。
クロスジフユエダシャクの♂がクロオビフユナミシャクの♀のフェロモンに誘われていたのでしょうかねー?
いずれにしても今年初めてフユシャクの♀に出会えました。
ありがとうございました。
写真あります→http://blogs.yahoo.co.jp/hazimetenotouroku/10209593.html

2012/12/13(木) 午後 7:21 [ shino ] 返信する

顔アイコン

よかったですね!
それにしても、クロスジフユエダシャク♂を追っていてクロオビフユナミシャク♀がみつかるとは……これも新たな発見ですね。
フェロモントラップには複数の種類の蛾がかかるといいますから、蛾の♂を誘引するフェロモンには共通の(あるいは似た)成分が含まれているのかも?
クロオビフユナミシャク♀の発するフェロモンに(間違えて?)クロスジフユエダシャク♂がひきよせられる……なんてこともと考えられないではないのかもしれませんね。

2012/12/13(木) 午後 8:10 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

クロスジフユエダシャク♂の婚礼ダンスによる♀探し──一例の画像を追加しました。

2012/12/14(金) 午後 8:29 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

クロスジフユエダシャク♂の求愛ダンスから
♀および交尾ペアを見つけることが出来るとの
貴重な情報提供ありがとうございます。
冬尺蛾の仲間の♂を見つけたら早速チャレンジ
してみます。 削除

2012/12/22(土) 午前 9:38 [ ヒメオオ ] 返信する

顔アイコン

クロスジフユエダシャクは昼行性なので、♂がたくさん舞っている時期は(こちらではもうピークを過ぎてしまった感じですが)この方法で♀をみつけるのは有効だと思います。

これからの時期はイチモジフユナミシャク♀(フユシャク♀の中では一番きれいだと思っています/特に青・緑の濃い個体)が見つけやすいかもしれません。
桜の名所など古い桜が密集している所で、苔むした幹を探すと日陰側で見つかることが多いです。今はチャバネフユエダシャク♀もよく見つかりますね。

2012/12/22(土) 午前 10:10 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

ヒメアトスカシバ前後編を完読いただき、ありがとうございました。
私もフユエダシャクの記述を楽しく拝見いたしました。
本種はスカシバよりずっと肉が多く、かつ、鳥にとって餌の少ない時期の発生のため、得難い餌でしょうから、枯れ葉に隠れた交尾行動は必然なのでしょう。
有り難うございました。

2013/3/25(月) 午後 7:31 [ 上から目線 ] 返信する

顔アイコン

おつき合いいただきありがとうございます。

もの言わぬ昆虫ですが、よく見ると色々なことを物語っているようにも感じます。
自然が築いたしくみをあれこれ想像しながら観察するのは楽しいですね。

2013/3/25(月) 午後 9:16 [ 星谷 仁 ] 返信する

文章だけだとわかりにくいかと思い、図解部分を追加してみました。

2013/11/28(木) 午前 9:47 [ 星谷 仁 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事