星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

全体表示

[ リスト ]

タキシード姿のキョンシーか!?パンダカミキリか?

「礼服を着たガチャピン」とか「パンダカミキリ」とか呼ばれ、僕には「タキシード姿のキョンシー」に見える【ラミーカミキリ】。
いつも虫見をしている狭山丘陵の緑地ではまだ見たことが無いのだが(※訂正:2013年6月に多摩湖南側のムクゲでラミーカミキリを1匹見ていた)、自宅近くの市街地では今年も発生を確認することができた。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
ラミーカミキリというユニークなデザインの昆虫の存在を知ったのは小学館・刊【BE-PAL】2004年8月号の『西原理恵子さん親子がムシのお兄さんと昆虫採集』という記事だった(当時【BE-PAL】には昆虫フォーラムのメンバーが時折登場していおり「ムシのお兄さん」またの名を「ピンガ大王」もその1人)。誌面に写真で紹介されていたラミーカミキリを見て、「こんなカミキリがいるのなら見てみたい」と思った(漫画家のサイバラ氏もお気に入り)。が、当時は関東では一部の地域でしか見られないものだと思ってあきらめていた(以前は西日本限定の外来種だったらしい)。
ところが2005年、奥多摩で偶然ラミーカミキリを発見。初めて見る憧れのカミキリだったので、3匹(成虫)を持ち帰って飼育してみたりした。そして2012年には自宅近くで発生しているのを確認。それ以来、毎年発生を確認するのが楽しみになっている。
ラミーカミキリ@武蔵野

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-cc-0f/ho4ta214/folder/260812/90/32943190/img_0?1370567492
※↑ラミーカミキリ/オスとメスの違いより

追記:市街地のムクゲでも確認・ラミーカミキリ

イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
……ということで、自宅近くのムクゲでも出ているたので追記↑。

スイカズラとシラハタリンゴカミキリ

毎年この時期に発生を確認したくなるカミキリをもうひとつ。スイカズラが咲く頃になると現れるシラハタリンゴカミキリだ。
このカミキリのことを知ったのは、今はなきニフティの昆虫フォーラム時代。スイカズラが咲いているのを見るとチェックするようになったものの、当初は葉に残された痕跡(食痕)を確認しただけで本体は見つけることができなかった。食痕を見つけた翌年──1年後にその場所でようやくシラハタリンゴカミキリを初めて見ることができた。スイカズラの咲く頃に現れていつの間にかいなくなる──季節限定のカミキリという印象がある。
そして今年もスイカズラが咲き出した──ということで、毎年発生を確認している埼玉県側へチェックに行ってみた。いつも歩いている虫見コース(東京都側)にもスイカズラはあちこちにあるのだが、なぜか東京都側でシラハタリンゴカミキリを見たことはない。
イメージ 7
イメージ 8
咲き始めたスイカズラのそばに座り込み、シラハタリンゴカミキリの姿を探す。
暖かい日差しを浴び、スイカズラの花の甘い香りにつつまれていると、ついくつろいだ気分になってしまいがちだが……ぼんやり眺めているのどかな景色の中にオレンジと黒の動くモノ──目的のシラハタリンゴカミキリを発見したときの「!」感──リラックス状態だった脳みそに一気に緊張が走る感じがなんともいえない。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
希望のアングルで撮らせてもらえず、飛び去られることのくり返し……飛翔の瞬間が撮れたから、とりあえずこれで良しとして、その場を離れた。
帰りに別の場所のスイカズラを見ながら歩いていると──独特の食痕がある葉が目に止まった。で、その葉の裏をのぞいてみると……。
イメージ 18
イメージ 19
ちなみに、このショットを撮影した直後、やっぱり飛び去られた……。
子どもの頃は夏に樹液のニオイを嗅ぐとカブトムシやクワガタが恋しくなったものだが、最近は毎年スイカズラの香りを感じるとシラハタリンゴカミキリを連想し、見てみたくなるようになった。
とりあえず今年も見る事ができたことに満足。

アカボシゴマダラ・春型にまじって、すで夏型も

ところで、最近はあちこちでアカボシゴマダラの春型をみる。もうすっかりおなじみの光景になってしまったが、先日夏型を確認し「もう夏型が出ているのか!?」と驚いた。「夏型」というが、春でもこのタイプは出ることがあるのだろうか。ちなみに今年「夏型」は2匹見ている。
イメージ 20
イメージ 21
アカボシゴマダラ急増中
擬態する幼虫&蛹:アカボシゴマダラ

昆虫など〜メニュー〜
※Yahoo!ブログ終了に伴う移行先→FC2ブログ>チャンネルF+

閉じる コメント(13)

お早うございます!
とても分かり易い説明で早速探してみます。
ラミーも年々増えている気がします。
シラハタリンゴカミキリはお初ですがスイカズラの場所に
行ってみたいです。

2014/5/18(日) 午前 5:25 まあさ

顔アイコン

おはようございます。いつもながら見応え、読み応えのある内容です。ナイス。

2014/5/18(日) 午前 7:17 [ 白樺平(シラカバビラ) ]

顔アイコン

ラミーカミキリとシラハタリンゴカミキリ早いですね。
ラミーは昨年から一挙に増え彼方此方で見られました。
シラハタは出会いは少ないのでしっかり撮りたいです。
先日狭山でアカボシの春型を撮りましたがもう夏型発生ですね。

2014/5/18(日) 午前 8:55 市川

>>まあささん

ラミーカミキリは生息地も個体数も増えつつあるのかもしれませんね。
図鑑には載っていても、僕が子どもの頃には(関東では)見たことが無い昆虫でした。
シラハタリンゴカミキリはよく似たニセリンゴカミキリと分布地域で分けらるそうな(愛知県以西→ニセリンゴ/静岡県以北→シラハタリンゴ)。
このカミキリに出会うのはいつもスイカズラの咲く時期なので、スイカズラの花の香りを嗅ぐとシラハタリンゴカミキリを連想するようになってしまいました。

2014/5/18(日) 午前 10:01 [ 星谷 仁 ]

>>白樺平さん

おつき合いくださって、ありがとうございます。気に入ったショットが数点撮れれば少数精鋭(?)でもっとシンプルにできるのでしょうが……帯に短いものが多く、ついあれこれ載せて増えてしまいがちです……。

2014/5/18(日) 午前 10:02 [ 星谷 仁 ]

>>市川さん

ヨコヤマトラカミキリの次は、シラハタリンゴカミキリ・ラミーカミキリ・ルリカミキリの出番だと思って気をつけていました。ルリカミキリは現時点で(今年は)まだ確認していないのですが、もう出ていておかしくないと思っています(これも市街地)。
アカボシゴマダラは最初に春型を見たときは「なんだ!? このデカイ白いチョウは?」と驚きましたが、今は市街地でも緑地でも普通に見かけます。でも今に時期に夏型が出ていたのには驚きました。

2014/5/18(日) 午前 10:03 [ 星谷 仁 ]

今日(5/18)、近所のムクゲでもラミーカミキリを見かけたので、その画像を追記しました。

2014/5/18(日) 午後 2:21 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

シラハタリンゴカミキリはスイカズラの裏に多いのですね。
今度見てみようと思います。
リンゴカミキリの仲間は葉裏ばかりで、いらいらが溜まります。。。
テイクオフのシーン、すごいです。
ラミーカミキリももうたくさん出てるのですね。

2014/5/18(日) 午後 8:55 [ nori ]

シラハタリンゴカミキリはスイカズラですね。葉の裏にいることが多いので、食痕を探すと効率的かも(食痕は葉の表からでも判るので)。食痕があれば近くにいる可能性が高いです。
ラミーカミキリはまだ狭山湖周辺で見たことは無いのですが、市街地では定着しつつあるような。以前あしがくぼでも見た事がありますが、川沿いのカラムシが多いところで発生しがちな感じもしています(単なる印象ですが)。

2014/5/18(日) 午後 9:23 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

こんばんは。
・・・初めてラミーカミキリを観た時の感動を思い出します!!!
あの模様にも心引き付けられますが、色彩も好きで・・・ああ!虫ファンでよかった〜と思えた瞬間でした・・・
・・・シラハタリンゴカミキリは、ユニークな食痕を残すのですね!
探す際には、この食痕が大きな手掛かりになりそうですね!・・・
素敵にテイクオフする姿・・・私も是非!観てみたいです・・・☆

2014/5/18(日) 午後 10:41 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

ラミーカミキリは心引かれるものがありますね(笑)。虫に感心が無い人のブログでも、しばしば取り上げられていたりしますし。
ラミーカミキリも葉の裏にとまって葉脈を齧ったりしますが、リラハタリンゴカミキリも、そんな食痕跡が顕著ですね。
あとカナメモチの植込みで葉脈が黒くなったりスリット状に穴が開いているとルリカミキリを探してしまいます。こちらでもそろそろかと思っているます(今季はまだ見ていないのですが)。

2014/5/18(日) 午後 11:48 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

本日、シラハタリンゴカミキリに出会うことができました♪(^○^)

ラミーの姿は見れませんでしたので、またいってみたいと思います!(^○^)

2014/5/25(日) 午後 8:10 [ hir*ri*papa ]

シラハタリンゴカミキリとの出会いが果たせたとのこと、良かったですね。
けっこう期間限定のイメージがあるカミキリなので、発生時期を逃すと見られない──という危機感(?)があります。

ラミーカミキリの発生場所はまた別のところなのですが、カラムシやムクゲで見ています。

2014/5/25(日) 午後 9:34 [ 星谷 仁 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事