星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

全体表示

[ リスト ]

牙つきバージョンのマツトビゾウムシ新成虫

イメージ 1
草食のゾウムシにするどい鉤のような牙!?──なんともミスマッチな感じがするが……通常みかけるマツトビゾウムシには、こんな《牙》はついていない。この《牙》は新成虫が《蛹室から地上へ出る土掘りに役だつ》器官だそうで、地上に出てくるとほどなく脱落してしまうらしい。
つまりこの奇妙な《牙つきバージョン》のマツトビゾウムシが見られるのは、新成虫初期のわずかな間のみ──そういった意味ではちょっとレア感(?)がないでもない。
イメージ 2
擬木の上にいたマツトビゾウムシ新成虫《牙つきバージョン》。近くには松の木がある(画面左に写っているのが松/マツトビゾウムシ成虫は松の新葉を食べる)。
イメージ 3
《牙つきバージョン》のマツトビゾウムシは、これまで何度が遭遇しているが、動き回ったり飛び去ったりで、その特徴を思うように撮れずにいた。今回は(これまでに比べれば)いくらかマシなショットを撮ることができた。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
大顎の一部である脱落性牙状付属突起↑。《蛹室から地上へ出る土掘りに役だつ》というが、この形状は土掘り向きではないような気もする……蛹室を壊すさいに威力を発揮するのだろうか? それにしても大顎を閉じた状態で交差する牙は使い勝手が悪そうな気もするが……。一方、羽化したのち松の新葉を食べるさいには、むしろジャマになりそうなので、早々に脱落させるというのは判らないではない。
いったいどうしてこんな形の牙が形成されることになったのか、この牙がどう使われるのか、不思議でならない。謎めいた《牙》は妄想力を刺激するが、まだそれらしい解釈に到達できずにいる。
ところで、今回この《牙つきバージョン》個体を見つける直前、すでに《牙》が脱落したマツトビゾウムシを目にしていた↓。
イメージ 7
擬木のすきまに隠れた《通常(牙なし)バージョン》のマツトビゾウムシ↑。《牙》がないと印象が変わる。目元パッチリのカピバラ系な感じがしないでもない? この個体は《牙》がないことを確認して、あっさりと撮影終了。この後、《牙つきバージョン》を見つけてテンションが上がったのだった……。
イメージ 8
今回は《牙》がよくわかるような画像を記録したかったのだが、カメラを近づけると、(過去そうだったように)マツトビゾウムシは擬木の上を歩き回り始め、モデルはイヤだと抵抗……。
イメージ 9
1度は翅を広げたので、(また)飛び去ってしまうかとあきらめかけたが……飛翔筋がまだ充分温まっていなかったためか、離陸できず翅をたたんだ。ゾウムシの短吻類は後翅が退化した種が多いそうだが、マツトビゾウムシは飛ぶことができる。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
せわしなく動き続けるので、実はしばらくてこずっていたのだが、やがて擬木支柱の縁で静止モードに入り、ようやく上に挙げたシーンを撮ることができたのであった。
この時期にマツトビゾウムシを見かけると、つい《牙つきバージョン》かどうかを確かめてしまう。


昆虫など〜メニュー〜
※Yahoo!ブログ終了に伴う移行先→FC2ブログ>チャンネルF+

閉じる コメント(8)

牙のあるゾウムシは初めてです。まるで肉食のハンミョウのようです。ナイス!

2017/3/17(金) 午後 10:28 [ nika4 ]

> nika4さん

そうなんですよね。ゾウムシなのにハンミョウ風!?──につかわしくない牙にビックリです。
この時期にこの虫をみつけると、つい口元をのぞき込んでしまいます。

2017/3/17(金) 午後 10:49 [ 星谷 仁 ]

こういうものもいるんですね。自然界の不思議です。私はこれで草でもかるのかと思いましたが、そうならなくなる事は無いですよね。ナイス!

2017/3/17(金) 午後 11:52 四季の風

> 四季の風さん

これだけ立派な牙なのに(?)羽化して地上に出てくるとまもなく取れてしまうというのが不思議ですね。なので地上に出てくるまでの間に使われるのだろうという解釈なのでしょうが……牙の形は土をかきわけるにはふさわしくないようにも思えて……やっぱり不思議です。

2017/3/18(土) 午前 1:38 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

マツトビゾウムシ、この時期なんですよね〜。
相性が悪く、会えません…
松のそばの擬木を丹念に見てもヤニサシガメ幼虫ばかりで…(- -;
牙つきは、とくにかっこいいですよね!
正面顔は哺乳類に見えてきます。
昨年の記事も拝見しましたが、緑色のかっこいいゾウムシ、なんでしょうね。

2017/3/18(土) 午後 5:13 [ nori ]

> noriさん

先日、マツトビゾウムシを見つけて「今年もそんな時期になったか……」と季節を感じました。その口元を見て……1匹目は「ハズレ」でしたが、2匹目は「アタリ!」でした。牙付きだと、ついテンションが上がってしまいます(笑)。
マツトビゾウムシがいるところではヤニサシガメも見かけますね。先日も近くにいました。去年はヤニサシガメ幼虫に片キバが残るマツトビゾウムシが捕食されているシーンも目撃しています。

去年の緑色のゾウムシ──あの一度しか見ていないのですが、ツメクサタコゾウムシという外来種ではないかというハナシもありました。ゾウムシも種類が多いので迷うことが多いです。

2017/3/18(土) 午後 5:47 [ 星谷 仁 ]

牙付きマツトビゾウムシ、本当に格好いいし、違和感もありますよね。
ただ、この牙は土をかき分けるのにふさわしくない気もするので、すごい不思議です。
ナイス!

2017/3/19(日) 午前 7:28 [ タイコウッチ ]

> タイコウッチさん

ゾウムシに期間限定の牙──なんとも奇妙ですよね。
土をかき分けるのであれば、もっとヘラ状だったり、蛹室をこわすのであればペンチのような形の方がふさわしい気もします。見た目も使い方にも興味シンシンです。

2017/3/19(日) 午前 8:32 [ 星谷 仁 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事