星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

全体表示

[ リスト ]

立冬を過ぎて鳴いていたアブラゼミ

蝉と言えば夏の風物詩だが……立冬(11/7)を3日も過ぎて、まだ鳴いているアブラゼミがいた!
今日(2018/11/10)午前11時半頃、都内の公園でアブラゼミの鳴き声を確認。前回(11/5)アブラゼミを確認した場所から400〜500mほど離れた雑木林の中だった。
これで僕が確認した《最も遅いセミの終鳴日(シーズン最後に鳴き声を聞いた日)》は《アブラゼミの11月10日》となった。
イメージ 1
アブラゼミの鳴き声はハッキリと聞こえてくるが、木の高いところにとまっているらしく、姿が確認できない。これまでの経験から、鳴き終わった後に飛んで移動するだろうと予想し、見つけやすい飛翔の瞬間を待つことにした。やがて思った通りアブラゼミが飛び立つのが見えた。その姿を目で追ったのだが……交錯する枝にまぎれて着地点がよくわからない……。移動後またすぐに鳴き出したので、その音をたよりに姿を探すが……なかなか見つからない……。
それでも飛び立つのを待って、その姿を追い続けていれば、いずれ見つけやすい位置にとまることもあるだろう──そう考えて気長に粘ることにした……のだが……。飛翔待ちをしているとき、突然それまでとは違う、ヂヂッという短い鳴き声がひびいた。ヂヂッ! ヂヂッ!──という断続的な鳴き声はみるみる遠ざかって行く。この鳴き方には聞き覚えがある……2014年10月27日にアブラゼミの終鳴を確認したのと同じ──おそらく鳥にゲットされ、連れ去られて行くアブラゼミの断末魔だったのではないかと思われる。その後、雑木林は静かになった……。

そんなわけで、今回はアブラゼミの鳴き声と飛翔する姿は確認(目視)できたものの、その姿を画像に収めることはできなかった。話題にしている昆虫の画像がないのは寂しいので、今シーズン終盤のアブラゼミの画像を載せておく。
終鳴日(シーズン最後に鳴き声を聞いた日)ならぬ終接写日(10/29)のアブラゼミ↓
イメージ 2
(※【10月29日の油蝉】参照)

終鳴日ならぬ終撮影日(11/5)のアブラゼミ↓
イメージ 3
(※【11月に鳴くアブラゼミ】より)

セミといえば(特にアブラゼミは)夏の昆虫というイメージがあったが、意外に遅くまで鳴いている(個体もいる)ものである……。『八日目の蝉』なんていうタイトルの作品があったが、立冬過ぎのアブラゼミは、いったいいつ羽化したもので、これが何日目になるのだろう?
もしかすると、遅めに出て来てしまい繁殖活動を果たせなかったオスが意外に長く生き続けることで(未交尾成虫は長生きしがち?)、こんな時期まで鳴き続けることがあるのではないか……などと思ってみたりもしたが、本当のところはわからない……。

昆虫など〜メニュー〜
※Yahoo!ブログ終了に伴う移行先→FC2ブログ>チャンネルF+

閉じる コメント(10)

私も最近どこかで聞いた覚えがあります。夏でも気温が低いと全然鳴かないですけどね〜。

2018/11/11(日) 午前 0:11 四季の風

> 四季の風さん

そちらでも鳴いていましたか。今年は特に遅くまで鳴いているのかも知れませんね。

2018/11/11(日) 午前 1:10 [ 星谷 仁 ]

私のアブラゼミ終認は10月1日でした(^^;)

山ではフユシャクが沢山いました。
平地では月末くらいにスタートでしょうか。

早いフユシャクと遅いセミが同じ日に確認できたりして(笑)

2018/11/11(日) 午前 8:04 ともっく

> ともっくさん

場所は違っていても同時期にフユシャクとセミが出ていたとは!
こちらでは今月の後半あたりからクロスジフユエダシャクあるいはチャバネフユエダシャクが出てくるのではないかと予想しています。

2018/11/11(日) 午前 8:44 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

11月に鳴くアブラゼミってなんかロマンティックですよね〜(^^♪☆

2018/11/11(日) 午後 9:16 ローマ

県で言えば隣です(笑)
11月末にはクロスジが平地にも出てきますもんね。
すごく楽しみな季節が来ましたね。

11月16日、昼過ぎに予約投稿しましたのでお楽しみに!?

2018/11/11(日) 午後 10:11 ともっく

> ローマさん

ロマンティックといえばロマンティックかもしれませんね。
切ないといえば切ない気もするし……集合する時間を間違えて1人だけ大遅刻で集合場所に来てみたら誰もいなかった……みたいに擬人化すると、ちょっとマヌケな感じもするかも?

2018/11/11(日) 午後 10:25 [ 星谷 仁 ]

> ともっくさん

フユシャク、お隣の県でしたか! それなら、アブラゼミとフユシャクを同じ日に確認できた可能性は充分ありましたね。

加齢による時間の加速感で年々、フユシャクが来る時期が早くなっているような気がしてなりません(笑)。

2018/11/11(日) 午後 10:26 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

私も蝉が鳥に捕まって 断末魔の鳴き声を聞いたことが何度もあります。
一説によると、セミは1週間しか生きられないと言うのは、短い命だと言う意味で実際はもっと生きられると聞いたことがあります。事実がどうかは不明ですが。

2018/11/16(金) 午後 3:47 [ みずき ]

> みずきさん

セミの成虫に寄生する蛾(セミヤドリガ)の幼虫もいて、セミが生きているうちに終齢幼虫まで育たなくてはならないので、セミの寿命が1週間ではちょっと厳しいかもしれませんね。
セミは成虫になって1ヶ月ほど生きるそうですが、それにしても11/10にまだ鳴いているアブラゼミがいたのには驚きました。

2018/11/16(金) 午後 4:37 [ 星谷 仁 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事