星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

全体表示

[ リスト ]

ツマアカセイボウ

イメージ 1
今年5月に撮影した【ツマアカセイボウ】という美しいハチ。
去年も今年も同じ時期に何度が出会っているが、せわしなく動き回り、すぐに飛んでしまうので、なかなか撮影させてもらえなかった。
セイボウ(青蜂)の仲間はその名の通り青〜緑がかった金属光沢の美しいものが多いが、ツマアカセイボウの腹の虹のようなグラデーションは特に美しい。
ツマアカセイボウはハラナガハムシドロバチというハチに寄生するらしい。
(※【追記】月刊むし/2010年6月号の「日本のセイボウ類の宿主」表では、
      ツマアカセイボウの宿主はシブヤスジドロバチとなっていた。)
 
セイボウの仲間ということで【イラガイツツバセイボウ】の画像(2006年9月撮影)もついでに貼っておく。こちらもブルー〜グリーンのメタリックなボディが美しい(撮影しているときは気づかなかったが翅の先が損傷している)。
イメージ 2
イラガイツツバセイボウはイラガ(「刺されると痛い幼虫」で有名な蛾)に寄生する(硬い繭に穴を開けて産卵するらしい)。「イツツバ」というのは腹端にある歯状突起の数に由来するだそうだ。他にフタツバ・ミツバ・ヨツバ・ムツバの名を持つセイボウもいる。



昆虫など〜メニュー〜
※Yahoo!ブログ終了に伴う移行先→FC2ブログ>チャンネルF+

閉じる コメント(33)

顔アイコン

おせわさまです!アカガネサルハムシですが、5月11日から約1ヵ月間、我が家でブドウの葉やヤブガラシなどを食べて元気でした。それで、昨日故郷の萩山に帰りました。生まれた地なら、きっと仲間もたくさんいるはずですから。これで私も肩の荷がおりました。

2010/6/9(水) 午前 0:27 [ hos**kawa*3 ]

顔アイコン

例のアカガネサルハムシ──ブドウの葉やヤブガラシなどを食べて元気でしたか。良かったですね。
小さな虫とはいっても採ってきた餌を食べてくれるとホッとします(笑)。
普段はあまり目にとまらない小さな存在ですが、こうした機会に人工物にはない生命の不思議を実感しますね。

2010/6/9(水) 午前 0:40 [ 星谷 仁 ]

こんばんは。
きれいなハチですね。
疑問に思ったのですが、このハチはどこに生息しているのですか?
見たことないです…

2011/2/10(木) 午後 10:54 [ みつばち ]

顔アイコン

>>みつばちさん

このハチは雑木林ぞいの遊歩道や雑木林に接するひらけた場所で、ときどき見かけます。

「月刊むし」という雑誌の2010年6月号には日本のセイボウの特集がのっているのですが、これによると──、
ツマアカセイボウは山地にひかく的多く、5月から9月ごろまでみられるとか。分布は、北海道・本州・四国・九州・口永良部島・朝鮮半島・ヨーロツパ。
イラガセイボウ(イラガイツツバセイボウ)は、6月から7月にかけてイラガのマユから成虫が羽化するとあります。分布は、本州・四国・九州・台湾・中国・東南アジア・ヒマラヤ。

セイボウの仲間は日本に38種類いるそうですが、植物の蜜腺やアブラムシの落とした甘露に来たりもするそうで、砂糖水や蜂蜜溶液を植物の葉にふりかけて、よびよせることもできるみたいです。

2011/2/11(金) 午前 0:27 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

遠州地方にも10種類くらいのセイボウがいましたが、寄生するドロバチ等の減少、建物のプレハブ化、農業の近代化・・・・より見かけなくなり残念です。今年はイラガイツツバセイボウを捜してみたいと思っています。よろしくお願い致します。

2011/2/18(金) 午前 9:22 [ 浜名湖畔 礫島便り ]

顔アイコン

>>浜名湖畔 礫島便りさん

コメントありがとうございます。セイボウはどれもキレイですね。
僕の場合、出会いは偶然であることが多く、見ようとおもって探してもなかなか見つからない印象があります。
宿主が少なくなってしまうとセイボウの数もぐっと減ってしまうのでしょうね。
「昆虫」関連のキーワードで検索することが良くありますので、僕の方もおジャマするかも知れません。こちらこそ宜しくお願いします。

2011/2/18(金) 午後 0:30 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

質問です。
セイボウには、毒針ありますか?

2012/2/26(日) 午後 7:08 [ はりはり仮面 ]

顔アイコン

僕は刺されたことがないのですが、分類的にはセイボウ科は刺毒(しどく)蜂(=刺すハチ)に入っているようです。
(「手で持っても刺さない」と記してあるサイトもありましたが)

ちなみにハチの毒針は産卵管由来の器官なので、オスにはありません(オスは刺さない)。
セイボウのメスは長く伸びる産卵管(腹部第4節以降の腹節が組合わさっている)を持っています。

2012/2/26(日) 午後 10:15 [ 星谷 仁 ]

こんにちわ〜、オイラのブログにご訪問、コメントを頂きありがとうございました。
セイボウ科の蜂はなかなか見かけないので、貴重な画像を見させて頂きました。
まぁ捜しても見つかるものではないですが…
カミキリやゼフィロスを捜してるときや、草むらに蝶などを追いかけて入り込んだときには、アシナガバチとかスズメバチに気を付ける方が先になっちゃいますしね。
凸ヾです。

2012/5/27(日) 午前 1:38 カメレオンーアームス

顔アイコン

セイボウの仲間は本当に美しいですね。
珍しい種類でなくても、やはり出会うとちょっとトクした気分になります(笑)。
昆虫はユニークな姿のもの、美しいものが色々いるので、面白いです。

2012/5/27(日) 午前 2:24 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

はじめまして。ブログの訪問ありがとうございました。
こ、こんな綺麗なハチもいるのですか・・・・
それにしても、僕の住んでいる地域ではコイツを見かけないので、
貴重な写真を見せていただきありがとうございました。

2012/8/9(木) 午後 3:21 憎しみの塊

顔アイコン

昆虫関連の記事はよく閲覧しているもので。
セイボウの仲間にはキレイな種類が多いです。
先日はツマムラサキセイボウという種類を撮ることができたのですが、残念ながら片方の翅が大きく欠けていました……。

またおじゃますることがあるかと思いますが、よろしくお願いします。

2012/8/9(木) 午後 3:49 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

返事ありがとうございます。
僕も、今日は星谷 仁さんのすばらしいコノハムシの記事を興味津々で見ていました。
こちらこそまたおじゃますることがあるかと思いますので、よろしくお願いします。

2012/8/9(木) 午後 3:59 憎しみの塊

顔アイコン

コノハムシの記事、読んでいただき、ありがとうございます。
昆虫は色々な不思議や驚き・おもしろさを感じさせてくれますね。
自分なりに感じたり考えた事を少しずつ記事にしていけたらと考えています。

2012/8/9(木) 午後 9:56 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

お久しぶりです。
虹色の蜂良いな!私も逢いたいです。

2012/10/2(火) 午後 9:06 [ ヒメオオ ]

顔アイコン

セイボウの仲間はキレイなのが多いですね。これでオオスズメバチくらい大きければ存在感抜群で言う事ないんですけどね(笑)。

今年はイラガの幼虫が多いように感じているのですが、イラガセイボウも増えないだろうか……と期待しています。

2012/10/2(火) 午後 9:31 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

はじめまして。COLORSです。ツマアカセイボウ凄いですね。当店のイメージカラーそのものでびっくりしました良かったら皆にも教えたいです(笑)

2013/4/17(水) 午前 11:45 [ COLORS ]

顔アイコン

ツマアカセイボウのメタリックな輝きは感嘆に値しますね。
とっても美しいのに肉眼で鑑賞するには小さいのが、ちょっと残念(笑)。
これでもう少し大きかったらなぁ……と思わないでもありません。
オオスズメバチくらい大きかったら……それはそれで怖いと感じる人もいるかも知れませんね。

2013/4/17(水) 午後 4:35 [ 星谷 仁 ]

顔アイコン

はじめまして、アカガネサルハムシ?長く生きて来ましたが初めてみました、新種かと思って・・・?星谷様からのコメントを拝見してやっと名前が判りました、昆虫に大変詳しいですね、感心しました
ツマアカセイボウも初めて知りました、日本にも綺麗な昆虫がいるんですね、本当にありがとうございました、感謝です

2015/5/7(木) 午後 6:23 [ ま〜ちゃん ]

アカガネサルハムシの美しい輝きは、初めてみたらビックリしますね。
僕は昆虫に詳しいわけではないのですが……身近な虫を見るようになって、感心したり驚いたり不思議に思ったり疑問に感じたりすることが多くなりました。
注意してみると身近なところにも、けっこう見応えのある虫はいるものですね。

2015/5/7(木) 午後 6:44 [ 星谷 仁 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事