星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全181ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

沈み行くYahoo!ブログから移行したFC2ブログ。
訪問者数が少ないが、ぼちぼち投稿している。
更新記事のタイトルを8月末まで(9月からは更新ができなきなる)少しずつ追記していくことにする。

●新成虫vs羽化殻@アカスジキンカメムシ

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-909.html

●ハリサシガメ@『アリの巣の生きもの図鑑』他
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-911.html

●12日ぶりのネット復帰
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

●好蟻性昆虫〜好虫性人間?『アリの巣をめぐる冒険』
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-913.html

●図鑑は虫屋のバイブル!?
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-914.html

●実録『怪喜!笑い袋爺』
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-915.html

●泣いてるとゾンビが脳みそ喰いに来る
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-916.html

●イタチmeets猫(実写4コマ)
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-917.html

●《かわいさ》は赤ちゃんの武器!?
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-918.html

●なじめなかったファーブル昆虫記
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-919.html

●ファーブルと寓話『セミとアリ』
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-920.html

●昆虫を見る意義!?〜人はなぜ死を恐れるのか?
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-921.html

●ファーブル昆虫記:ファーブらない昆虫記!?
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-922.html

●ファーブル昆虫記の違和感について
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-923.html

◎FC2ブログ〜抜粋メニュー〜
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-894.html

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

移行元と移行先の訪問者数比較

10年ほど利用してきたYahoo!ブログが12月15日で終了する(記事やコメントの投稿・編集ができるのは8月31日まで)というので4月に移行したFC2ブログ。移行元のYahoo!ブログや試しに開設してみたはてなブログではアクセス解析が標準装備されていて訪問者数がわかったが、FC2ブログのデフォルトではそうした機能がなく、訪問者がどの程度いるのかよくわからずにいた。
僕は訪問者数やランキングには興味が無いので「カウンター」がないことは気にしていなかったのだが、自分がFC2ブログで読みたいテーマの記事を探すのに難儀しているうちに、同じように僕の記事も他のFC2ブロガーさんに読まれる機会がないのではないかと気になってきた。
発信した情報が、欲する人の目にとまるようになっているのか──果たして訪問者がどれだけ来ているのか知りたくなった。
デフォルトではないが、FC2ブログには公式プラグインのFC2カウンターというのがあって、これを追加するとアクセス数が表示されるようになるらしい。そこで先日(5/22)設定してみた。
イメージ 1
移行元のYahoo!ブログと移行先のFC2ブログでは内容(コンテンツ)はほぼ同じ(移行前の記事は同じ)なわけだが……1日のアクセス数がまるっきり違う。内容が同じなら、以前からネット上にあって閲覧されているYahoo!ブログの記事の方が検索の網にかかりやすくなるということなのだろうが……それにしてもFC2ブログの訪問者の少なさは予想以上だった。これがYahoo!ブログであれば、カテゴリ検索やワード検索等でやってくる閲覧者がもう少しあっただろうにという気がする。興味のあるテーマでそのつど最新記事が表示さされる機能があれば、古参人気ブロガーの記事も新参者の記事も公平に読まれる機会がありそうなものだが、FC2ブログではその機能がないようだ(FC2ブログの検索はほとんど使えない)。ランキング表示機能はあるから上位ランカーの記事は読まれる機会も多そうだが、FC2ブログでは新たに開設したブログの記事が読まれる機会は少ないのではなかろうか……。

ブログの訪問者には大別して「ブックマークやリンクをしてお気に入りのブログを読む《固定読者》」と「ワード検索して記事を読む《フリの読者》」の2つがあると思う。人気ブログには前者が多そうな気がする。僕の場合、訪問者の多くが後者──《フリの読者》のようだ。《固定読者》が多ければ新しい記事へのアクセスが増えそうだが、僕のブログでは過去の記事へのアクセスが多い。昆虫の記事が多いためだろう──昆虫が少ない冬には訪問者が減り、昆虫の活動する春から夏ごろに訪問者が増えるという現象が顕著だ。個別の昆虫の発生時期にその昆虫の記事へのアクセスが増えたりする。「刺さない蜂!?ライポン」(コマルハマバチ♂)は2011年6月に投稿した記事だが、毎年その時期になるとアクセスが増え、コメントも100を越えている(*FC2ブログには最新の20件しかコメントが移行できていない)。最近多い検索ワードは「キアシドクガ」だ。5月26日は「キアシドクガ大発生」(昨年の記事)へのアクセスが158件あった。

僕のブログ訪問者は「ワード検索して記事を読む《フリの読者》」が多いようだが、僕自身もそういう使い方──ワード検索でブログを読むことが多い。閲覧者としては、欲する情報に速やかにみつかりアクセスできることが望ましいし、自分が発信した記事も興味がある人の目にとまるようであってほしいと思う。

ブロガーの中には訪問者数を増やすことやランキング順位を上げることに関心が高い人も少なくないようだ。アフィリエイトで稼ごうとするならそれが目的や励みになるのは当然かもしれない。
それを批判するつもりはないが、僕はブログ記事の価値は訪問者数やランキングではなく記事の内容にあると考えている。閲覧者としては、アクセスした記事が充実した内容であれば嬉しいし、自分の記事も訪問者にとって充実した内容でありたいと思う。
また、そうした記事の充実度がワード検索にも反映されるべきだと考えているが、実際は必ずしもそうではない。
移行元のYahoo!ブログと移行先のFC2ブログでは記事のタイトルも内容も同じ(コンテンツとしては等価)なのに訪問者数にかなりの隔たりがあることが確認できた。これは単純に記事の内容(価値)が、検索順位に反映するわけではなという例ともいえる。

僕としてはYahoo!ブログにしろFC2ブログにしろ、欲する人に記事が届くのであれば、どちらでもかまわないわけだが……沈みかけたYahoo!ブログの方に訪問者が集中し、移行先のFC2ブログの方は閑散とした状態はしばらく続きそうな気がする。Yahoo!ブログが消失した後、それまで読まれていた記事が移行版(FC2ブログ)で読まれるようになるのか……ちょっと気掛かりだったりする。




■FC2ブログ【チャンネルF+

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

●Yahoo!ブログ→FC2ブログへの引っ越し
Yahoo!ブログからFC2ブログへの引っ越しが、ようやく一区切りついた。引っ越し自体はすんなり運んだが、その後の荷解き整理に時間がかかったといったところ。そのあたりの経緯や感想など。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-cc-0f/ho4ta214/folder/972713/22/39481922/img_0_m?1556236727

僕が10年ほど利用してきたYahoo!ブログが突然「サービスを終了する」と宣言したのが今年(2019年)2月終わり。実はYahoo!ブログは2017年にはブログの「リニューアルをする」と宣言していた。その後リニューアルを延期をするとの訂正を発表したものの、そのあとは何のアナウンスも無いまま放置状態……。リニューアルの話はどうなったのだろうといぶかしく思っていたところへ、いきなりの「サービス終了」宣言である。突然ではあったが、それまでの利用者への対応を考えると「さもありなん」という印象だった。
サービス終了の告知では、影響を受けるいわば《Yahoo!ブログ終了難民》に対して「他のブログへの移行ツールを準備している」と救済の道を約束して理解を求めていた。しかしその移行ツールも、リリース日直前(僕がYahoo!ブログで【移行ツールを利用するさいの注意点】という記事を投稿した3時間後)になって「延期」となった。リニューアル騒動の時も、すんなり進まず「延期」を発表しておきながら何のフォローも無いまま、いきなり「サービス終了」を打ち出してきたのだから、今回の移行ツールの「延期」も、どうなることやら……と、疑いたくもなってしまう。

僕は自分の感じたこと・考えたこと・書いた(描いた)り撮ったりしたものをまとめ保管するするツールとしてYahoo!ブログを利用してきた(Yahoo!ブログの可能性)。また、そうしてまとめた記事が、同様の関心をもつ人の目にとまり何かの参考になればと思い公開してきた。僕にとってブログは個人誌のようなものであり、記事は個人誌に掲載した作品のようなものであったともいえる。10年かけて蓄積して来きた記事(作品)をYahoo!ブログのサービス終了で消失させるのはしのびない。あれこれ考え、迷いもあったが、Yahoo!ブログでまとめてきた情報は、Yahoo!ブログが準備しているという移行ツールのリリースを待たずに、FC2ブログへ引っ越してみることにした。FC2ブログはすでに移行ツールを備えており、もし移行に失敗したり移行後問題があったとしても、移行元のYahoo!ブログはそのまま保全されているので「試してみて損は無い」という考えがあったからだ。

*FC2ブログに引っ越ししよう!〜Yahoo!ブログ編〜
https://fc2blogstaff.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

これ↑を参考にFC2ブログインポートツールを使ってYahoo!ブログからFC2ブログへの引っ越しを実行。午前中にインポート登録をすると、その日の夕方に「引越し処理完了」のメールが届いた。
移行した記事の数は892件。一部レイアウトの崩れなどがあったが、文書の内容や画像はすべて無事に移行できたようだった。

●移行後の問題
移行自体は案外楽だったが、移行した記事内の別記事へのリンクは移行元のURL(やがて消滅するYahoo!ブログの記事)のままなので、これを移行したFC2記事のURLに書き換える必要があった。また、Yahoo!ブログの「Wiki文法使用」で作成した記事では引用記号を使った部分がテンプレートの文章枠の外へはみ出すという現象が発覚──この修復もしなければならなかった。引っ越し(移行)そのものは思っていたより楽だったが、引っ越し後の荷解き整理に時間と労力がかかった──といった感じ。

移行によって発生した問題を改めて整理すると──

〃箚嵬気靴寮瀋蠅悩鄒した組画像が分断されてしまう
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-cc-0f/ho4ta214/folder/972713/30/39499730/img_0_m?1555865090

Wiki文法記事の引用記号で囲った文章が、文章枠外にはみだしてしまう
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-cc-0f/ho4ta214/folder/972713/30/39499730/img_1_m?1555865090

レイアウトの乱れ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-cc-0f/ho4ta214/folder/972713/05/39509305/img_0_m?1556287101

ぐ楾圓気譴織灰瓮鵐箸20件まで

テ睇凜螢鵐の再構築(移行元のYahoo!ブログ記事のURLを移行先のFC2ブログ記事のものに書き換えなくてはならない)


,料伐菫が分断されてしまう問題については、これを修正する方法があるのかどうか、現在のところわからない。分断した画像は見苦しいものの、とりあえず必要な内容そのものは表示されているので、(現段階では)許容の範囲内と判断。
(※FC2ブログへ移行してきて気づいた問題点

△諒絃呂枠外にはみだしてしまう問題は、見苦しいばかりでなく、一部読めなくなっているところもあったので、修復は必須。この現象が発生している記事を探し、編集画面でタグを書き換えることで修復した。
(※FC2ブログ移行記事の不具合

レイアウトの乱れ
移行した892件の記事の中で、レイアウトの乱れがあったのは(今のところ確認できているのは)2件のみ。これも見苦しいので直せるものなら直したいと思ってFC2ブログのサポートに問い合わせてみたところ「弊社サポート対象外」とのこと。これも、とりあえず主要部(本文と画像)は普通に表示されているし、2件だけなので、今のところそのままにしてある。
(※移行記事の表示不具合

ぐ楾垈椎修淵灰瓮鵐箸20件まで……という情報は色々な方が書かれていたので知っていた。Yahoo!ブログが準備している移行ツールでは移行できないとされている記事へのコメントが、FC2ブログインポートツールを使えば一部移行できるということでこれを選択した人もいるようだ。僕のブログでは【刺さない蜂!?ライポン】で移行元記事のコメントが100を越えているが、移行先の記事を見ると、ちょうど20件になっている。僕は本文が移行できたことが重要で、コメントの移行は「おまけ」みたいなもの──20件でも移行できたのはありがたいことだと考えている。

テ睇凜螢鵐の再構築──これが最も大変だった。僕は、関連する記事をすぐに開けるようにブログ内リンクを多用している。カテゴリのような分類はあるが、これは例えてみれば「引き出し」のようなもの。引き出しの中に何がしまってあるか──目録のようなものも必要だと考え、目次にあたる一覧ページを作っていたりもする。僕のブログ投稿基準の1つは「あとで読み返したいと思うかどうか(読み返したくなる内容の記事であること)」だが、読み返したいと思い立った時に各記事にリンクしたタイトルを一覧できるページは欲しい。そのためには内部リンクのURLを、移行元のYahoo!ブログ記事から移行先のFC2ブログ記事のものに書き換える必要がある。

この作業はそれ自体面倒なものだが、よりやっかいに感じたのが、FC2ブログの「編集手順」だった。Yahoo!ブログやはてなブログでは、開いた記事に訂正したい箇所を見つけた場合、その記事から編集画面をワンクリックで開くことができる。これに対し、FC2ブログでは、記事画面から管理画面>記事の管理>投稿年月あるいはカテゴリで絞り込み>該当記事を探して「編集」をクリック──という手順を経て、ようやく編集画面が開く(「管理画面」を経由するのが面倒なので「記事の管理」をブックマークして利用していた)。通常の使い方をしているぶんには大して負担を感じないのだろうが、大量の過去記事の修正を続けざまに行うには、この手続きが面倒で、おそらくこれに起因する夢まで見たくらいだ(遠いロッカールーム〜夢の話〜)。

この面倒な内部リンク再構築(修復)作業をしていて感じたのが、FC2ブログへの移行をして良かった──ということだ。Yahoo!ブログが準備しているという移行ツールを使った場合、(デフォルト設定では?)移行後にYahoo!ブログを閲覧することは出来なくなるという。しかし、そうなると、内部リンクがどの(Yahoo!ブログ)記事に繋がっているかを確かめることができなくなってしまい、修復作業の障害となりかねない。

FC2ブログインポートツールを使って移行した場合は移行元のYahoo!ブログ記事は変わりなく閲覧できるので、移行したFC2ブログ記事の文字リンクをたどって移行元のYahoo!ブログ記事を開くことができる。そのタイトルや投稿日を確認することで、対応する移行先のFC2ブログ記事を特定してURLを書き換えることができわけだ。しかしこれが(リンク先の記事を確かめることが)できなくなると、かなり厄介なことになる。

あまり深く考えずにFC2ブログへの移行を実行していたが、こうしたことに考えが及ばないままYahoo!ブログが用意した移行ツールを使っていたら、移行後(移行元のリンク記事を確認することができなくなって)内部リンク再構築が、もっと面倒なことになっていただろう。
FC2ブログでは編集手順に手間がかかって苦労したが、Yahoo!ブログが準備している移行ツールのリリースを待たずに、早い段階で移行することができたことは良かったと感じている。

●FC2ブログで感じていること
Yahoo!ブログでは、カテゴリやキーワード検索で、最新記事の一覧から興味のあるタイトルを訪問することができたが、FC2ブログでは興味のある個別テーマ(キーワードやカテゴリ)で書かれた最新記事を探すのが難しい!? ブログのキーワード検索で、例えば「昆虫」と入力すると、Yahoo!ブログでは、そのつど最新記事リストが表示されるが、FC2ブログではトップに表示されるのはいつも同じ(?)……2027年に投稿された内容の薄い記事で、利用者が期待する最新記事ではない。
FC2ブログではトップページを固定する機能がないので、トップページを設定するには、投稿日を未来のものに設定するという手法がよく使われているが、これが「最新記事」の検索順位を狂わせているのだろうか? 僕もトップページ(抜粋目次ページ)に固定したい記事を2030年に設定してあるが、これは「昆虫」の検索結果には出てこない(?)ので、単に設定投稿年月日で「最新記事」を検索しているわけでもないようだ。いずれにしても、その時々の「気になる(テーマで書かれた)最新記事」を探すことがではないのは事実で、不便きわりない。これでは検索機能を果たしているとはとても言いがたい。
キーワード検索で最新記事の一覧を見ることができれば、読みたい記事を簡単に探すことができるし、新しく参入した人の記事も読まれる機会が増える──逆の言い方をすれば、新参者の書く記事が他の人の目に触れる機会はFC2ブログでは少ないのではないか?──という気がしている。
最新記事一覧をキーワード検索で表示する機能があれば、FC2ブログ全体としても活性化するだろうに……どうして、そうした機能がないのか不思議な気がしている。それともFC2ブログに不慣れな僕の「探し方が悪い」だけなのだろうか?
とりあえず引っ越し作業もひと区切りついたので、少しずつ慣れて行ければと思っている。
今後の方針はまだ未定だが、とりあえず、沈み行くYahoo!ブログでまとめてきた情報をサルベージすることができてホッとしている。


※引っ越し先のFC2ブログ>チャンネルF+
https://hoshtani.blog.fc2.com/

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

Yahoo!ブログの《移行ツール》が間もなくリリースされるようだが、これを使ってブログの引っ越しをするさいに注意しておくべきではないかと気づいた点があるので記しておく。

僕はすでにFC2ブログに引っ越しをしているが、一番大変だったのが、自分のブログ内で多用していた内部リンクの修復で、現在も再構築作業を続けている。《内部リンクの修復》はどのブログへ移行しても避けられない問題だろうが、Yahoo!ブログが準備している《移行ツール》を使って引っ越しすると、この《内部リンクの修復》が困難になるのではないか……と気がついた。

Yahoo!ブログが準備した《移行ツール》を利用すると、(設定によって?)移行後は移行元のYahoo!ブログを閲覧することができなくなるらしい。つまり移行した記事の内部リンクがどの記事につながっていたのかを確認することができなくなってしまうわけで、これが内部リンク修復・再構築の障害になる可能性がある。

僕が行ったFC2ブログへの引っ越しでは移行後も移行元のYahoo!ブログの記事は残っており、閲覧することができる。移行したFC2ブログ記事の内部リンク(文字リンク)は「移行元の記事」のままなので、クリックするとYahoo!ブログ記事が開く。なので、この移行元(Yahoo!ブログ)の記事のタイトルや投稿日を手がかりに、これに対応する移行先(FC2ブログ)の記事を特定して、内部リンクのURLをYahoo!ブログ記事→FC2ブログ記事へと書き換えることができる。
しかし、移行後に移行元の記事が閲覧できなくなってしまうと、移行先の内部リンクがどの記事につながっていたのかを把握できなくなってしまうことになりかねない。こうした状況では内部リンクの修復作業は難しい。

Yahoo!ブログのアナウンスでは──、


移行ツールで移行した場合、Yahoo!ブログのURLから移行先のブログトップへ転送設定が可能となる予定です。移行と転送設定が完了すると、移行元のYahoo!ブログは閲覧・更新できなくなります。転送期間は2019年12月15日までです。
転送設定を希望しない場合は設定しないことも可能です。その場合でも移行ツールで移行すると、その後Yahoo!ブログの投稿や編集ができなくなります。


とあるので、「転送設定」をしなければ、移行元の記事(内部リンクした記事)の閲覧はできるのかもしれないが……このあたりのことは注意しておく必要があるのではないかと思う。


※僕の引っ越し先は↓
FC2ブログ>チャンネルF+
https://hoshtani.blog.fc2.com/

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

Yahoo!ブログの終了を受け、あれこれ考えてみたが、とりあえずメインのブログはFC2ブログに移行して、そこで続けて行くことにした。
FC2ブログへの移行に関する記事はYahoo!ブログの方でも更新することがあるかもしれないが、基本的にはFC2ブログでの更新ということになるだろう。

FC2ブログでの最新記事↓
●令和時代の到来〜加齢による重力加速度増加現象!?

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-906.html

■FC2ブログ>チャンネルF+
https://hoshtani.blog.fc2.com/


はてなブログの方には創作(読み切り童話・ショートショートなどの小品&創作関連のエッセイ)を置いておくことにした。

はてなブログ>チャンネルF

https://miraclehosshy.hatenablog.com/

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全181ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事