星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ベイビー・シャッチー(シャチホコガ若齢幼虫)

イメージ 1
先日、シャチホコガの若齢幼虫と思われるイモムシが擬木遭難(食樹から離れてしまい擬木上で迷子状態になることを僕はこう呼んでいる)しているのを見つけた。
シャッチーことシャチホコガ幼虫の記事は8月にもアップしているが、今回は初めて見る若齢幼虫。
イメージ 2
イメージ 3
前回(【シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?】)撮った終齢幼虫に比べるとだいぶ小さく、ほっそりしている。しかし、ちゃんとシャチホコガ幼虫の特徴を持っているのが可愛らしい。
レスキューして近くのサクラに移したが、そのさいに撮った画像をば。
イメージ 4
画像では止まってみえるが、動き回っていたのでブレ画像を量産。特に長い胸脚をせわしなく動かし続けていた。ハチの中には触角をしきりに動かしているものがいるが、それを連想させる。シャチホコガ幼虫の長い胸脚には触角のような感覚器官としての役割りもあるのだろうか?
イメージ 5
イモムシとは思えないような長い脚、怪獣のような背中のギザギザ突起、触角をはやしたコブラのような腹端の第2の頭!?──なんともユニークな造型だ。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イモムシの脚は胸脚3対・腹脚4対・尾脚1対が基本らしい。末端に位置する尾脚は体を支えるのに重要な部分という気がするが(腹脚が少ないシャクガ幼虫などは尾脚のグリップ力はかなり強い)、その尾脚の脚としての役割りを放棄し、こんな形──ダミー触角(?)に変化させたということは、それなりの意味があってのことなのだろうか……。
ところで、シャチホコガといえば、やはりその名が示すとおり《反り返ったシャチホコ》ポーズ。若齢幼虫もシャチホコってくれた。(レイバック)イナバウアるともいう──のは僕だけであろうか?
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
このあと、近くのサクラのひこばえならぬ胴吹き(?)に移したのだが……その翌日↓。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
実は撮っているときは気がつかなかったのだが、後に画像を確認すると頭のうしろが大きくふくらんでいた。こんな状態は以前も一度見ていた(【怪獣のような幼虫!?】)ので、脱皮前の兆候だとわかった。
ということで、さらに翌日チェックに行くと、脱皮後のシャッチーをみることができた↓。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
シャチホコガの幼虫齢数は7齢まであるらしいが、この個体はまだまだ小さい。
大きなシャッチーは怪獣のような迫力が魅力だが、小さなベイビーもこれはこれで可愛らしくて魅力的だ。

余談だが……よく「動物の赤ちゃんがかわいいのは、(ひとりでは生きられないから、せわをしてくれる)親の愛情行動を引き起こすようにできているため」──みたなことがいわれる。しかし「かわいがられるように《赤ちゃんがかわいくできている》」というのは、ちょっと違う気がする。親が子育てしない種類の動物でも赤ちゃんはかわいい。カメ、トカゲ、ヘビでもベイビーはかわいく見えるものだ。こうしたことを考えると、《赤ちゃんがかわいくできている》のではなく、「子育てする動物は、大人(成体)の側に《赤ちゃん(幼体)をかわいく感じるしくみ》がある」というのが解釈としては正しいのではないかと思う。

ベイビー・シャッチーを可愛いと思うかどうかは、人それぞれだろうが……とりあえず、今回みつけた個体が、無事に脱皮をクリアしていたのでホッとした。
がんばれシャッチー! 大きくなれよ!
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-cc-0f/ho4ta214/folder/260812/25/34762625/img_8?1404130592
※【怪虫シャッチー(シャチホコガ幼虫)イモコレ!2に!】より


昆虫など〜メニュー〜
※Yahoo!ブログ終了に伴う移行先→FC2ブログ>チャンネルF+

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事