星谷 仁のブログ

↑クリックでTOPへ/★メニュー★自作ヒーロー/フェレット漫画/童話/コノハムシほか

コノハムシ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

擬態のスペシャリスト・コノハムシ

イメージ 1
「《擬態》で思い浮かぶ生き物といえば?」──そんな質問をし集計をとったら、コノハムシはおそらくかなり上位にランキングされるだろう。
葉にそっくりな姿で知られるコノハムシ──実際に見たことがある人は少ないだろうが、その存在は多くの人の知るところだと思う。
以前、タイ産コノハムシ(画像)を飼育したことがあったが、その擬態っぷりには驚くばかりだった。姿が木の葉に似ているのは見ての通りだが、とまり方がまた絶妙だったりする。
イメージ 2
コノハムシは必ず腹面を上、背面を下に向けてとまる。ポジションもうまく葉にまぎれる位置を選んでいる。
イメージ 3
単に体の形を葉に似せているというだけではない。体を葉のように薄くすれば、ふつうならばどうしたって内蔵が(透過光で)透けて見えてしまう。いくらボディーラインを葉に似せても、内蔵の影が透けていたのでは、そこにいるのがバレバレ。ところが、コノハムシは通常のとまり方をしたときのみ内蔵の影が透けて見えないようになっている。
イメージ 4
イメージ 5
そして視覚的な擬態だけではなく、おそらく化学擬態もしておりニオイもホストの植物に似せている──というのは、次のようなエピソードがあったからだ。
イメージ 6
コノハムシは食べる葉(種類)が限られている。他の葉を与えても食べなかったのだが……あるとき、なんとキッチンペーパーを食べた個体がいた。キッチンペーパーにはコノハムシの糞(ほのかにエサの葉のニオイがする)の染みがついており、この染みにそって食痕が残されていたのだ。
イメージ 7
食草以外の葉は食べようとしなかったコノハムシがキッチンペーパーを誤食した──これは《コノハムシがエサとなる葉を「ニオイ」で識別している》ということなのだろう(だから、そのニオイが染みたキッチンペーパーをエサの葉と誤認した)。
誤食といえば……コノハムシの密度が高くなると、他の個体の体を齧ってしまうという事故が起きる。最初はケンカかとも思ったのだが、どうもそうではないようで……どうやら《仲間の体をエサの葉と誤認して食ってしまう》らしい。
イメージ 8

 團灰離魯爛靴魯┘気箸覆詬佞髻屮縫イ」で識別している》
◆埣膣屬梁里鬟┘気陵佞噺軫Г靴匿ってしまうことがある》

──この2つのことから、《コノハムシの体はエサの葉と同じニオイがする》ということが推察できる。コノハムシは容姿をホストの葉に似せているだけでなく、ニオイも似せてアリなどを欺いているのではないか──僕はそう考えるようになった。

コノハムシの木の葉への擬態の完成度には感心するが、さらには……自らを木の葉に似せているばかりか、周囲の木の葉を自分に似せて加工している可能性すらある。
ふつうに考えると、葉を食べる虫は食痕をあまり残し(広げ)たがらないのではないか? 食痕は天敵が獲物を見つけるさいの手がかりになるだろうから、食い散らかしてあちこちに食痕を拡大させるより、食い始めた葉はキチンと食べて(処理して)次の葉に移った方が手がかり(食痕)を少なく抑えられる。チョウやガの幼虫には寝床(?)と食事の葉を分けているものもいるようだが、これも食痕の近くにいると寄生蜂などの天敵に見つかりやすくなるため、その危険回避の行動という気がする。
ところが、飼育していたコノハムシは食痕を残したまま他の葉を食い始めたりしていた。最初は食べ散らかして行儀が悪い虫だと思ったのだが……コノハムシが葉を齧ったあとのカーブはコノハムシの脇のカーブに似ている。つまり、コノハムシは《コノハムシの食痕のある葉》のように見えるわけだ。
イメージ 9
(※【コノハムシ〜卵から成虫まで〜】より再掲載↑)
《コノハムシの食痕のある(コノハムシに似た)葉》が散在することで、コノハムシ本体がそれにまぎれて、どこにいるのか見つけにくくなる効果があることに気がついた。これは《周囲の葉を自分に似せて加工する事で自らのカムフラージュ効果を高めている》とも言えるわけで──自らの体を葉に似せる一方、周囲の葉を自らに似せているとすれば、これぞ《擬態》の奥義という気がする。
イメージ 10

コノハムシがテレビ番組で取り上げられる!?

こんなユニークな昆虫・コノハムシの記事を過去にいくつか投稿しているが、最近(先月初旬)、テレビ番組の制作スタッフの方からコノハムシの画像を使わせて欲しいという連絡があった。許諾していくつか画像をお送りしたので、番組内で1枚か2枚、使われるかもしれない。
その番組とはテレビ東京のリトルトーキョーライフ(毎週水曜日24:12〜25:00)というバラエティ番組。来週の「へんないきもの」というテーマの回でコノハムシの画像が使われるらしい。
番組ホームページの「次回予告」には──、
2018年9月26日(水) 24時12分〜
食事中に餓死!?「へんないきもの」について質問!!

▽負けたら性転換!!性別をかけた交尾とは!?
▽食事中に餓死する生き物とは!?
▽ゾウは耳と○○○で音を聴く!?
▽擬態がヘタクソすぎる生き物とは!?ほか

出演者
【MC】
 Hey!Say!JUMP
 川島明(麒麟)
【アシスタント】
 繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
【師範】
 早川いくを

番組概要
「質問道場」とは…知っていそうで、意外と知らない世の中の事。その道に詳しい師範(専門家)を招き、Hey!Say!JUMPとジャニーズWESTが質問攻め!「良い角度の質問」をするセンスを競い合う!はたして、どんな質問が飛び出すのか…!?
──とある。
果たしてコノハムシの話題がどれだけ取り上げられるものか……僕はテレビを離脱しているので、放送内容を確かめることはできないが、コノハムシのアッパレな魅力が紹介されることを期待している。
そんなことがあったので、あらためてコノハムシのことを記してみた。


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

コノハムシの誤食

コノハムシの誤食〜コノハムシはどうやってエサを認識するのか

コノハムシは葉にそっくりな姿から想像できるように、葉にまぎれて生活している。エサとなるのは木の葉である。
しかし、木の葉なら何でも食うというわけではなく、食草(樹)の確保が飼育の第一条件といえるかもしれない。
ウチではシラカシ・アラカシの枝を水容器にさして与えている。
イメージ 1
シラカシやアラカシは常緑樹なので冬でも調達ができるのが良い。クヌギやコナラの葉も食うが水差ししたときの日持ちがあまり良くないのでほとんど利用していない。アカメガシワを食うという話も聞いた事があるがウチでは試した事は無い。グアバの葉で飼育している人も多いようだ。

マテバシイやカナメモチなど他の種類の葉を与えてみたことがあったが、僕が試した限りでは食わなかった。

コノハムシに限らず葉を食う昆虫で食草(樹)=餌となる植物の種類が限定されているものは多い。
栄養的には食草(樹)以外の種類でもOKなものは、いくらでもありそうな気もするのだが……しかし食べない。
飼育する立場からすると「偏食」などせずに幅広く食ってくれた方が管理しやすいし、その方が虫にとっても生活域を広められるのではないか……などと、つい思ってしまいがちだ。

しかし「偏食」が多いのには、きっとそれなりの理由があるのだろう。
植物の中は対虫用に(?)毒を装備した種類もあるので、毒草を食うリスクを避けるために食草(樹)を限定的に設定しておいた方が安全──ということなのだろうか?
あるいは食草が限定的な方が昆虫の密度が高まることで繁殖率も高められる──そんな利点があって「偏食」の方が生存率が高まるということなのかもしれない。

さて、そんなわけでコノハムシにも与えても食べない葉は多い。
ところが、先日コノハムシの餌交換&ケージ掃除をしたとき、床に敷いていたキッチンペーパー片になんと食痕を発見した。
食草(樹)でなければ葉であっても食わないのに、キッチンペーパーを食うとは意外だった。
イメージ 2
齧られたキッチンペーパーは枝をさした水容器の下に敷いていたもの。水容器は使っているうちにフタの機密度が落ちて水がもれたり、夏には交換後結露するので、床が濡れないように水容器の下にキッチンペーパーを切ったものをコースターのように敷いていたのだ。

元気なコノハムシは葉についているから床のキッチンペーパーをかじることなど無い。
ただ、脱皮不全や弱った個体は葉から脱落して床付近にとどまりがちになることがある。こうした個体が手近にあったキッチンペーパーを誤食したのだろう。
それにしても、どうしてコノハムシはキッチンペーパーをエサと間違えたのだろう?

かじられた部分をよく見ると、茶色いシミがついており、ここを限定的に食べていた事がわかる。
イメージ 3
このシミは餌交換後、水を吸ってぬれているキッチンペーパーの上にコノハムシの糞が落ちたことで、糞からとけだした成分がしみた跡だろう。
コノハムシの糞は葉のニオイがする。グアバを食べさせたコノハムシの糞から「グアバ茶」が作れないかと考えた事があるほどだ(コノハムシ由来のグァバ茶!?)。
ということは、糞からしみだした成分が、キッチンペーパーにエサの葉のニオイをつけ、これによってエサの葉と誤認したコノハムシが誤食したと考えられる。

イメージ 4
イメージ 5

コノハムシにとって「ニオイ」が食草を認識する手がかりの一つ──ということは言えそうだ。

コノハムシの糞を溶いたものをコノハムシの糞をマテバシイやカナメモチなど、今まで食わなかった葉に塗れば食うかもしれない……などと考えたが、まだ実験はしていない。

ところで、このときの餌交換では1匹が死亡していた。弱っていた個体が死んだのか、キッチンペーパーの誤食が原因で死んだのか、あるいは双方からんでのことなのかは定かではない。

今回の誤食事故(?)から、コノハムシはどうやってエサを認識しているのかなど、あらためて色々なことを考えさせられた。
さて、コノハムシの誤食といえば……こんな例もある。

葉と間違われて齧られるコノハムシ

イメージ 6
コノハムシが仲間に齧られるのは、最初は縄張り争い(?)のケンカが原因ではないかと考えていたが、どうもそうではないらしい。
コノハムシは仲間に接触されると大きく腹を振って、これを嫌うアピールをする。接触した側もそれで気づいて離れる事が普通だが、密度が高くなると、けっきょく仲間と近い位置で安定してしまう事も多く、そのまま食事タイム(?)になると手近にある仲間を食い始めるということが起こる。齧られた方はそのときになって暴れるが、相手が離れる前にいくらか食われてしまっている──ということが起こるのである。

食草(樹)でない葉は食べないコノハムシが葉と間違えて仲間を齧るということは、コノハムシの体も食草(樹)と同じニオイがするのかもしれない。鳥などの天敵に対しては色や形の擬態が有効だが、アリ等の相手にはこうしたニオイ次元の化学擬態が有効だろうと想像できる。

トビモンオオエダシャクの幼虫(ネコのような虫!?)は食草に合わせてニオイも化学擬態しているというが、コノハムシもニオイの擬態を身につけているのかもしれない。
カムフラージュをきわめた結果(?)、密度の高い所では仲間に齧られるという、一見ギャグのような事態が発生する。
しかし、よく考えてみると密度の高いところでは「食痕がある葉」が多いため、「食痕のあるコノハムシ」は、これによってカムフラージュの精度をさらに上げているといえなくもない!?

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

コノハムシの体色変化

枯れ葉色のコノハムシ

ウチで飼育中のタイ産コノハムシは現在4代目。初代の3匹が全てメスで、単為生殖をくり返してきたので全てがメスである。
餌はシラカシとアラカシ──常緑樹なので、その葉はいつも緑(若葉は赤いが水差しすると日持ちが悪いので、緑の葉がついた枝をセットしている)。こうした環境で飼育していた我が家のコノハムシは、これまで全て緑だった(孵化して何日かは赤)。

だか最近1例だけ、枯れ葉色になったコノハムシがいる。
この個体は脱皮不全で葉にうまくとまっておれず、床面にいることが多かった。コノハムシを入れたプラケ容器は塗装していない木の棚に乗せてあり、透明な床の下は枯れ木・枯れ葉の色に近い。
そうしたことが影響してだろうか、床で過ごす脱皮不全個体の体色が枯れ葉色に変化したのである。
イメージ 1
イメージ 2
この個体は、脱皮不全で前脚と頭が古い殻からぬけきれずに固まってしまっていた。我が家のコノハムシの2齢以降の死亡原因のトップは脱皮不全である。「不全」の具合からして、この個体もダメかと思っていたのだが……その状態で何日か生きていた。固まった抜け殻を壊して身動きできるようにしてやったが、右前脚を失い左前脚もまともに使えない状態だった。葉に乗せてやると不自由ながら葉を食いだし、なんとか生き延びていた。
イメージ 3
コノハムシには再生力があるので、次の脱皮がちゃんとできれば(右前脚は再生するだろうから)もう大丈夫だろうが……この体でちゃんと足場を選んで脱皮できるのかが心配だった。
果たしてこの個体は次の脱皮でまた失敗。右前脚は小さいながら再生していたものの、左前脚と左中脚を失い、さらに左後脚は抜け殻の中に残ってしまってうまく使えないという前にも増して不自由な状態になってしまった。

これでは歩行もままならない。葉にうまくとまっておられず、床に降り(落ち)がちとなった。それでも餌の葉を床に届くようにセットすると、それを食べて生きながらえているといった状況である。
そうしているうちに体色の緑が薄くなって枯れ葉色に変化していったわけである。
イメージ 4
枝から落ちた木の葉が枯れていくかのような変化は驚きであり、この体色変化が脱皮を経ずに起こることにも驚いた。

実はコノハムシがとまる葉によって体色を返るという事は、かわはぎさんが実験で確かめている。
枯れた葉にとまっているとコノハムシは黄色っぽくなり、緑の葉にもどすと体色も緑に戻るという。そして赤い葉(レッドグァバ)で育てる実験もしている(※)。画像を拝見すると黄色を経てオレンジ色になるらしい。


常緑樹で育てている我が家では緑にしかならないものと思っていたが、はからずしも、我が家でも「枯れ葉色」が出現したので、いちおう記録としてアップしておく。

それにしても、この体色の変化は何によって起こるのだろう?
コノハムシは「眼で見て」周囲の色に体色を似せているのか?
眼を塞いだり、あるいはサングラスのようなものをつけても体色の変化が起こるのか、実験で確かめてみたい気もするが……そこは一般民間人なので、あまり虫に失礼な事はできないのである……。

脱落した前脚は緑色のまま

床に降りたコノハムシ本体は枯れ葉のように変色したが、数ヶ月前の脱皮で脱落した前脚(枯れ葉色のコノハムシとは別個体のもの)がまだ緑色をしていたので現在の画像を追記しておく。何によって体色の変化が起こるのか……フシギである。
イメージ 5

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

コノハムシの歌〜考察

野口雨情・作詞/中山晋平・作曲の童謡『黄金虫(こがねむし)』
 黄金虫は 金持ちだ
 金蔵建てた 蔵建てた
 飴屋で水飴 買ってきた
は有名だが……金蔵を建てるほどの金持ちの歌のサビに、なんで安価な水飴が出て来るのかよくわからない。
どう解釈すべきか考えているうちに、頭の中で「コガネムシ」が「コノハムシ」に置き換わってしまった……。

童謡『こがねむし』のメロディーにのせて…

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
コノハムシが仲間にかじられるという事故はしばしば発生する。最初はなわばり争い等のケンカで噛み付くのだろうかとも考えたのだが、どうも本気でエサと間違えて食ってしまうことがあるようだ。
コノハムシは仲間が接触すると、体を揺すって追い払おうとするが、それでもたまにとまられてしまうことがある。そのまま食餌タイムになると、とまったコノハムシは葉を食うように相手の翅や腹のふちをかじり始めてしまう。
コノハムシの腹や脚の張り出した部分には初めから穴があいていることもあり(虫食いの葉に擬態)、多少かじられた程度ではあまり問題ないようだ。
上の(3枚目)画像の個体の腹の欠けた部分は、かじられた痕なのか最初からこうなのかハッキリわからない(この個体は右側の中脚・後脚に最初から穴があいているので、腹のふちもこの延長かもしれない)。
で、実際に翅をかじられた個体が↓
イメージ 4

4コマ漫画だと…

イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
コノハムシ漫画より

完璧なカムフラージュゆえの事故!?

こうした事故(?)は、コノハムシが密集していると起こりやすいようだ。
「過ぎたるは なお及ばざるがごとし」──完璧なカムフラージュのデメリットのようにも思えるが、よく考えてみると、コノハムシが密集しているということは、周辺の葉には食痕のあるものが多いということだ。食痕のある葉が多いところでは、食痕のあるカムフラージュの方が目立ちにくい。
密集域のコノハムシは齧られることで、より隠蔽擬態(カムフラージュ)を完璧なものにしているのかもしれない。

コノハムシ〜卵から成虫まで〜 ※タイ産コノハムシ まとめ編

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

タイ産コノハムシ4代目♀:成虫&終齢幼虫

3月に孵化が始まったタイ産コノハムシの4代目。現在31匹を飼育中だが、12月下旬に2匹が羽化。次の脱皮が羽化であろうと思われるのが4〜5匹。成長スピードは個体によってバラバラだ。
今年最後の餌交換をしたので、ついでに成虫と終齢幼虫(いずれも♀)を撮っておいた。

イメージ 1
12月26日に羽化した個体。葉脈のようなもようが入った翅は木の葉そっくり。
(オスはスリムで似ていない)

イメージ 2
幼虫ながら翅が目立つようになってきた。次の脱皮が羽化だろう。

パツッ…パツッ……と傘に雨粒がはじけるようなコノハムシが葉をかじる音──これをこたつにはいって聞く。なんとも風情のある大晦日である。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事