ここから本文です

秋の長雨

秋霖。
やっと涼しくなったと思ったらひたすら雨が続いていますね。
今日は晴れ間が出たので慌てて厚物大物を洗濯しましたがな

さて。少しばかり時間がたってしまいましたが週末に諏訪まで行ってきました。
ほぼ一年ぶりです。
今回もタイトなスケジュールだったのでしっかり行きたい場所を決めておこうと珍しく諏訪の観光地を検索したりしていました。
前回は諏訪湖を一周して諏訪大社の上社下社を巡ったから今回はどうしようか…。
そうだ。霧ヶ峰高原に行こう。晴れていれば富士山も拝めるって云うじゃないか

が。
雨でした

諏訪に到着した土曜日はほぼ一日曇りでしたが少しだけ晴れ間もありました。

イメージ 1

夜景も星空も期待できないけどちょっとドライブがてら霧ヶ峰に行ってみようと茅野からビーナスラインを目指してみればそこは一面の霧。
もうね。な〜〜〜んにも見えません←当たり前だ
もちろん霧に覆われた夜道を走るモノ好きなどそうそう居るはずもないので誰にも会わず、カーブの先に何があるかもまるで見当がつきません
ハンドルを握りしめて(べにおせんせ〜なら肉球に大汗でしょう)おっかなびっくりそろそろ〜り運転で走りましたよ
引き返すこともできないままメルヘン街道に入ったら突然ホラー風味の音が響いてきて
「何これ。何の音??怖いよう!」と、思わず悲鳴
よくよく聞けばなにがしかのメロディーが奏でられてるっぽい?
メロディーロードって奴だ!しかしこれはいったい何の曲だ?
余りのノロノロ運転のせいでおどろおどろしい怪奇な音にしか聞こえませんでした。
後から検索してみたらどうやらサイモン&ガーファンクルのスカボロフェアだったようです。
なるほど、あの楽曲を超スローで流したらホラーかもしれない
しかし何故スカボロフェアなんだろう?
すれ違う車はほとんどいなかったけれど、鹿、狸、蛇。と遭遇しましたわ。


翌朝。
気を取り直して雨の中再び霧ケ峰高原へ。←懲りない
前日とは逆のルートから登ります。
遠景は望めないけど木々が少しずつ紅葉しているのが見られるし、関西では見ることのない白樺の木もたくさん。
標高が上がるにつれて景色が変わっていくのも気持ちよかったです。

イメージ 2

霧の駅に着いたら小雨になって少しだけ周辺の景色も観られました。

イメージ 3

イメージ 4

そのまま富士見台に向かって車を走らせていると再び霧の中。


富士山どころか数十メートル先も見えませんでしたとさ
そんなこんなで今回の旅は雨と霧で終了

それでもせめて温泉と蕎麦だけはしっかり堪能しましたよ

イメージ 5

そばごころ小坂 私は「八ヶ岳」二八蕎麦かな?連れは十割蕎麦でした。茄子の田楽も美味しかったです。

イメージ 6

そば処とみや 地元の常連さんと相席でした。蕎麦小銃の蕎麦湯割りを呑んでいたその女性お勧めの十割蕎麦。
          もりでよかったのにうっかり笊。勧められるままに頼んだからです。

イメージ 7
イメージ 8

そば処岳家 今回一番気に入ったのがここ。鴨ときのこのつけ蕎麦。お出汁の風味が食欲をそそりました。
         美味しかった〜

おまけは峠の釜めし。イメージ 9

食べ過ぎです。体重計に乗れましぇん

イメージ 13

今回の走行距離。これだけ走って滞在時間が24時間も無いのが勿体ない。まとまった休みが欲しい〜。

イメージ 10 雨だったので全身ポリ。

季節感もゼロです。
出掛ける前にちゃんと画像を撮らなかったので画像はこれだけ。
激安白黒格子袷(Lサイズ)に猫ぎっしり帯、藍色の帯揚げにスワロの帯留(自作)帯留金具を付けると出っ張り過ぎるのでワイヤーでぐるぐる。雑です。そのうちやり直そうと思っています。実行に移すのはいつになるか分かりませんが。ひめ吉さんの真田紐に帯飾りはもんさん。久しぶりに見たらすっかり黄変していました。色だけで選んだ季節外れの牡丹の半衿、白黒花柄のたびっくすに小倉さんの下駄でした。画像なしです。

イメージ 11イメージ 12

さて、今度の週末のお天気はどうなるでしょうね。
次回のお出掛けがまた雨だったら困るなあ。
ハロウィン物とか紅葉とか季節のもの。正絹。いつになったら着られるんでしょ

この記事に

坊主放屁

「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」と云う展示のタダ券をもらったので行ってきました。http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20170810siebold/index
場所は万博記念公園、国立民族学博物館。大好きな「みんぱく」です
ピクニック日和だしついでに太陽の塔を拝んで日本庭園をぶらぶらしようかねえ。
ってことで日曜日、朝イチで行ってきました

イメージ 1

しかしみんぱくは広い。迷います
ぐるぐるしていたら係員のおねーさんがこちらが○○ですよ〜。もうご覧になりましたか?そちらは○○ですね。さっき歩いておられました〜。と、心配げに声をかけてくれましたわ

イメージ 2
撮ってもらった画像がことごとくピンぼけ。まあボケてるくらいが丁度いいんですが

ミュージアムショップで「コップのフチの太陽の塔」を見つけて飛び付きました。
そしたらさ。
イメージ 3

「一番要らねえタローが出やがったよ
思わず毒づくとツレが大歓びで人の不幸を笑ってくれました。いぢわるね
このままでは終われないので懲りずに二投目

イメージ 4

持ってるやつだよ〜〜〜〜
やはり私はガチャガチャとの相性が悪いようです。とほほほほ。
さすがにここで断念。小銭もなかったしね。一人だったら両替して再チャレンジしてたかもしれん

そして外に出て。
太陽の塔の後姿を眺めていたら隣にアドバルーンが
なんて書いてあるんだろうと目を凝らすと「カレーEXPO開催中」とな
時刻はちょうどお昼時。小腹も減っていたので行っちゃおうか
と、急遽カレーEXPOに参戦することにしました。

イメージ 5
カレー二種とライスで1200円。ナンは別売り300円でした。手でちぎったナンが汚いですね。お腹いっぱいになりました。

イメージ 6

お腹がいっぱいと云いつつも別腹デザートはかき氷
珍しく長蛇の列に並びました。並んだ甲斐は…。あったかなあ?ちょっと甘すぎたかも

イメージ 7イメージ 8

既にお気づきの方も居られるかもしれませんがこの日私は偶然にもカレー色を着ていました。外を歩き回る予定はなかったし、朝の時点では涼しかったので正絹です。これが大失敗。すんごく暑くて着物を脱いだ時には汗で伊達締めがじっとり濡れてました。やっと着たのに洗いに出さなきゃならないなんてしょぼ〜ん(´・ω・`)
半衿は紫に金の木綿(なんだかいつもと違って衿元が開いちゃってるし半衿もあまり見えないのが残念)
たまさまからの頂き物の臙脂の単帯を角出しに。トンボのブローチを帯留に、吉田戦車の雀の帯飾りに草色の帯揚げ、芥子色のたびっくす、紫の鼻緒の下駄でした。

イメージ 9
  
     イメージ 10

                 イメージ 11

腹ごなしに日本庭園をぶらぶら。もう少し秋が深まるともっと綺麗かな〜
人が少なくてのんびりできました


巷で着物にどえんと乗っかっている猫の画像をよく拝見しますが

イメージ 12

うちの嵩張る男も何を思ったかやってくれました。悪気はないようです。
着物を踏んでいるという意識もなさそうです。

反対にこちらは悪いと分かっている顔 イメージ 13

私が背中を向けているとクッションを噛み噛み。
気配を察知して振り返るとこうして誤魔化す
「だるまさんが転んだ」をやっているようです。関西では「坊(ぼん)さんが屁をこいた」ですね。この違いは何なんでしょうね。
悪いことしてる!と、睨み付けると誤魔化そうと必死で尻尾を振り振り甘えてくる。
可愛いじゃないかっでも腹立つなあ

イメージ 14
何故にパンイチなのか似てないタロウ。

この記事に

グンイデ

亜紅美ちゃんと草間彌生展に行ってきました。http://www.fmoca.jp/
祇園甲部歌舞練場です。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 1

このミスマッチな佇まいは何なんでしょうね

イメージ 2

中は一部撮影可でした。

イメージ 3

イメージ 4イメージ 17

イメージ 5

庭。こちらは二階の窓から見た様子

  イメージ 6

                   イメージ 7

ミュージアムショップでは欲しいものもあったのだけど、どれも結構な価格帯だったので断念。隣のミュージアムカフェでランチをしました。

イメージ 8イメージ 9

亜紅美ちゃんはツナサンド。食の細い彼女は半分残してましたが私はデザートとドリンク付きのランチセットをぺろりと完食。体重がずんずん増加中なのにやばいです。
本当にダイエットをせねば

イメージ 10

そんな私は画像を見ても丸々としてますよ。とほほほ。
綿の単衣に黒い博多帯、半衿は草間彌生の白地に赤のパンプキン。亜紅美ちゃんからの頂き物です。帯揚げはフレンチブルドッグ柄のグレーのスカーフ。急遽考えたコーディネートです仕上がりは不満だらけ。前もって決めておかないと残念な気分で一日過ごすことになりますね臙脂の三分紐にちょっとフライングなジャックオランタンの帯留は100均のフォトスタンド。グレーの足袋に小倉さんの蜆の下駄でした。

イメージ 13 こんなの

イメージ 11
イメージ 12

亜紅美ちゃんは墨流しの着物に自作の帯、ウサギの帯留、深い緑の帯揚げに三分紐は納戸色かな?半衿は私と一緒で草間さんの、カレンブロッソの草履画像を失念でした。

草間彌生展の後はキーヤンのお店と三条の小さなギャラリーを覗き、また四条に戻って「ほぼ日ストア」の「TOBICHI京都」というお店に行きました。

イメージ 14

イメージ 15

何やら古い感じの素敵なビルです。文化財に指定されてました。「ぐんいでビル?変わった名前だなあ」と、独り言のように呟くと亜紅美ちゃんが「え?寿ビルやで。」って。
私は「え?でもほら。ぐんいでビルって書いて…」と云いかけて絶句。
右から読んだら寿ビルデイングでした。
大真面目に「グンイデ」と読んでいた自分自身の惚けっぷりが信じられません。
情けなすぎて可笑しくなっちゃってしばらく笑いが止まりませんでした。
正真正銘、真正の莫迦ですね
TOBICHIでは来年の手帳とカバーとトートバッグを購入。

イメージ 16

手帳を買うとサイコロとボールペンがついてきました。
毎日の献立を考えてくれるサイコロ。いいかも

この記事に

晴れの国

連休の中日。
嵐の日に岡山まで行ってきました
何を好き好んで台風直撃の予報の日に?
無論わざわざ嵐の日を選んだ訳ではなく、たまたま嵐の日が重なっただけなんですけどね

不安に思いつつ車を走らせ(高速を使わず下道で行った)昼頃に倉敷に到着
道中風はかなり強かったけれども雨はまだ降り出していませんでした。

宿の場所を確認してから(チェックインの時間までしばらくあったのす)近場でランチできる場所を検索。
手ごろな和食屋さんを見つけたので入ってみたら…

イメージ 1

どやさ。
これでなんと880円信じられな〜い
倍の値段でも全く不思議じゃない。ツレと二人で感動のあまり絶句しちゃったさ。
味も文句なしだったのでこれは絶対に明日も来よう!と、大はしゃぎ。
したっけ翌日は定休日だったのさ。がっかり

大満足で外に出てみれば雨
段々強くなってくる事は分かっていたので海の荒れ具合を眺めてから宿に向かうことにしました。
観光は諦めてスパでまったり。ゆっくり汗を流してくつろぎ、早々に寝ました。

まるで洗車機の中にいるかのように窓を叩きつけていた雨は夜中にはすっかり上がって、工場のライトアップが綺麗でした。スマホのカメラじゃ綺麗さが伝わらないのよね〜

イメージ 2


台風一過。

翌日は予報通りとてもいい天気。朝からめっちゃ暑かったです

イメージ 3

イメージ 10

イメージ 4

イメージ 5

倉敷の美観地区で汗をかき。

イメージ 6

下津井回船問屋で遊び。

イメージ 7
 
 イメージ 8

      イメージ 9

鷲羽山の山頂で更に汗だくだくになり。
衣紋を大きく抜いていたので首が真っ赤に焼けちゃったさ。しくしく

イメージ 11 イメージ 12

前回と同じ綿麻のしじらを着ました。半衿と帯は萩。ダイソーの帯揚げにひめ吉さんの三分紐、ナスカなハチドリのブローチを帯留に、ベージュの足袋に小倉充子さんの蜆の鼻緒の下駄でした。

イメージ 13

たくさん綺麗なものを見たな〜。楽しかった
今回、大原美術館を諦めたのが心残りなのでまた近いうちに行きたいな。
そして「たき」でメシだ〜

この記事に

塞翁が馬

正雀寄席でした。

イメージ 1

今回のゲストは桂三金さん。
上方落語界で最重量だってことで、会議用テーブルを重ねてしつらえた高座がミシミシ音を立ててました。壊れるんじゃないかってちょっとドキドキ

  枝鶴 宗論
  三金 読書の時間
  枝鶴 つぼ算

寄席の後は交流会にお邪魔しました。

イメージ 2
                       調子乗っちゃって!

イメージ 4

イメージ 3
ちなみに私が右手にぶら下げている風呂敷包みは日本酒の一升瓶2本。

黒地に細かい縞の綿麻しじらを着ました。先日着た水色のしじらと色違いです。黒は着ていて違和感なし!落ち着きます。しじらはもう時期的に厳しいかな?
と、考えましたが今日はかなり暑かったのでちょうどよかったです
デイゴ柄の八寸に紺のグラデーション100均帯揚げに納戸色の三分紐、紺のトンボ玉、つる草柄の半衿に小倉充子さんの蜆柄の下駄、青い綿麻足袋でした。
この足袋がお気に入りで酷使していたら鼻緒が当たる部分が擦れてきました。ぼちぼち寿命です。同じもの、売ってるかなあ。どこで買ったんだっけ。足の形に問題があるので足袋選びは難しいです。

ところで。
あちこちの落語会で顔を合わせる知り合いの方が少し前にかかとを骨折しました。
暑い時期に片足にギプス+松葉杖で大変そうだなあ気の毒に。
と思っていたらご本人曰く。
 骨折以来禁酒していて今日で55日目。アルコール無しでも居られるんだと云う事を知ったし、おかげで体重も7㎏減った。怪我はしたけど代わりにとても良い事があった。と、さらりとおっさった。
そう話している感じが無理している風でもなく、本当に心からそう感じておられるようでなんだか感動?尊敬してしまったのでした。
私もそういう人になりたいなあ。

あ、勿論怪我はしたくないけど

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事