ここから本文です

頂きもの

先日。
仕事でヘロヘロに疲れて帰宅してみればポストにてんてんさんからのレターパックが届いていました。
きゃ〜〜〜
と、手に取るとはらりと不在通知柄が。
ん??
拾い上げてみたら差出人はたまさま。
きゃ〜〜〜〜
ダブルで嬉しい!

ここんところ気分が低空飛行だったところに何とも嬉しい事ったら。

イメージ 1

てんてんさんからいただいたのは落語のガチャガチャのストラップ。
「ちりとてちん」の壺。と、こればストラップじゃないんだけど番付けじゃないな。
なんていうのかな?名札みたいなの。
そしてふたば葵のお菓子。ハート形で可愛い。小豆の粒がしっかりしていて美味しゅうございました。下鴨神社に初詣に行ったときにも見かけていたんだけど食べたのは初めてでした。それから布2種。反物の端切れです。しかし帯に短し半衿にデカし。
てんてんさんは「半衿にでも」と仰せだったんですが半衿サイズに切るのは勿体ないぞ。作り帯にできまいか?と、考え中です。
ただ、半衿としても使ってみたかったので左の更紗柄の方を折りたたんで使ってみました。右の布の方は手提げバッグにしたいな〜。できるのか?わし。

たまさまからいただいたのはこちら

イメージ 2

可愛い雪ダルマのたびっくすに扇形の箸置き(あすかさんが南天の帯留を作成されていたのを見て真似させて!と叫んだらたまさまが送ってくださった。ありがたや)そしてとってもいい香りの入浴剤。早速届いたその日に一つ使わせていただきました。
気持ちよかったわ〜。で。右の着物二枚。左側の藍型風のはウール。そしてちゃくちゃくちゃくで100円だったそうな。私の手持ちの着物で一番安かったのは150円なので負けたわ!右の大島らしい紬は以前たまさまがブログに載せてらしたのをよく覚えてます。なんと。あの着物が私のところに嫁入り!?と、驚いたのでした。

てんてんさん。たまさま。本当にありがとうございました。
めっちゃ嬉しかったです。

で。早速日曜日にこれらを身につけましたよ!

  出掛けた先は松原市の市民プラザ。  イメージ 7

いつもの笑福亭枝鶴師匠のおっかけです。林家愛染さんとの会でした。

  枝鶴 短命
  愛染 寝床
  枝鶴 禁酒関所

禁酒関所では呑兵衛のお侍さんの名前を私の苗字で語ってくれたんですがどうやら客席に私と同じ苗字の呑兵衛の方が居られたようでした。一瞬えっ!?私?と、思ったけどあたしゃ今じゃ一滴も飲まないし、そういや誰かが〇〇さん!って私の名前を呼んでたっけ。(男性が返事をしてた)でもなんか嬉しかったっす。

イメージ 3
私の髪の毛がボサボサ

イメージ 4 イメージ 5

イメージ 6

100円だったらしい藍型風ウール。全体的にサイズが小さいのでかなり窮屈そうに見えますな。裄と袖丈の両方が短いので半襦袢は筒袖です。に、てんてんさんからの頂き物の更紗の端切れを半衿に。帯は棕櫚だか観音竹だかの柄の昼夜帯の裏面を表に。この帯、本来の表がどちらか分かりませんが私にとっての裏面を使おうと思った事はありませんでした。今回この藍型風ウールに合わせる帯を考えた時にまずは黒い帯を思いついたっけどうにも合わない。で、悩んだ結果この帯を思い出したんでした。締めてみたら結構な擦れがあって、元の持ち主はこちらを表として使っていたんだなあと今更知ったのでした。そして裏を使ってみたら意外と使い勝手がよさそうな事に気づいたんでした。ずっと持ってたのにわからないもんですねえ。こういう所も着物の面白さの一つのような気がします。藍色まではいかない濃い青の帯揚げに薄灰青?の3分紐。ターコイズっぽい石が付いたイヤリングを帯留に。髪はお団子にして自作の藍染のシュシュと簪。最近髪の毛が伸び放題で夜会巻きができなくなっています。ぼちぼち美容室に行かねば

イメージ 8

帯飾りはちりとてちん。ちょっと長かったのでちりとてちんと書かれた札を外して根付紐も交換しました。おーく損で買った鎌倉彫の下駄の鼻緒は小倉さん。自分で挿げ替えたので1日持つかどうか不安でしたが問題なしでした。それに茶色の足袋でした。

イメージ 9

そうそう。時々黒ぼんを連れて歩く公園が少し前に池の水を抜くと云う番組で水を抜いていました。現在も池の半分くらいはまだ干上がっています。
梅はもう少し。あと、1〜2週間で見頃でしょうかねえ。もう春ですね。
はっ梅とメジロの半衿を着けなきゃあっという間に季節が変わる〜






この記事に

隠忍自重

ご無沙汰しておりました。
皆様のところにもこれからぼちぼちお邪魔して記事をさかのぼって拝読したいと思います。

以下かなりの長文です。
愚痴たらたらなのでどうぞ読み飛ばしてくださいませ。

先々週の金曜日に父親が入院しました。

事の発端は「風邪を引いたかも。」という父の言葉でした。
熱は37度ちょっと。インフルエンザが大流行しているのでかかりつけ医のところで検査してもらうと結果は陰性。
まだ早すぎるのかもしれないから翌日になっても具合が悪かったらもう一度検査してもらえと伝えて私は仕事へ。
帰宅すると検査したけどやっぱり陰性だったと云う。
でも処方された薬を飲んでいても具合は全く好転せず息が苦しいと云うのでこれは肺炎かもしれないからすぐ病院へ行け!と云ったっけ「明日になったら」と、のんびり答える。
翌日はかかりつけのクリニックが休診。なので別の病院に行ってレントゲンを撮ってもらうんだよ。必ずだよ。入院かもしれないよ。覚悟して行ってきてね。と、念を押して私は仕事へ。
帰宅すると親父はテレビをぼんやりと眺めていて。←息苦しそう。
どうだった?と、たずねると「行ってへん。〇〇は今日休みやからな。」
だーかーらー!!!!休みだから代わりに△△で診てもらえってレントゲン撮れって云ったよね!!!肺炎は寝てたって治らないんだよ!一日で劇的に悪くなるんだよ!!!と、語気を荒くする私にうんざりしたように顔を背けて「明日行くがな」と、自分の部屋に逃亡。

そして翌朝。
起き出してきた親父は息も絶え絶え。
苦しいんでしょ。と、云うと「ああ。」と返事。
救急車呼ぶよ。と云うと「いや。朝一番に〇〇に行くから大丈夫や。」と答える。
何度か押し問答をしたっけ明らかに様子がただ事じゃない。クリニックが開く時間まで待ってる余裕はどう見ても、ない。待ったとてクリニックで対応できる状態はとうに過ぎていたし。
と、判断して救急車を呼んだんでした。

もちろん即入院。
肺は真っ白。胸水も溜まっていて危ないところでした。心不全もあったのよさ。
結局カテーテル検査では異常なしでした。
もうね。腹が立って腹が立って怒り過ぎて力が抜けて悲しさが残りましたでしゅ。

この入院のおかげで私は楽しみにしていた落語会に行けず。

イメージ 1

そしてこの連休で京丹後に間人ガニをたらふく食べるコースで予約していた旅館もキャンセルになりました。←キャンセル料も発生したさ。キャンペーン中の特別価格だったので別日に予約しようと思ったら金額が倍だったさ。もう行けないのよさ(号泣)

オヤジ曰く。「ええやないか。別に一生に一度の事じゃあるまいし。」
その通りですよ。親父が無事で何よりですよ。旅行や落語会くらいキャンセルしますよ。
でもね。それを散々迷惑をかけてくれた親父にへらへらと云われると無性に腹が立つのよねー!仕事場にも迷惑かけたしさ。

なんかね。この親父の頑迷さはきっと加齢によるもので認知障害の前兆なんだろうな。怒っても仕方のない事なんだろうな。とは思うんだけど、こちらの想像を超えてくるあり得ない態度や言動には本当に疲れてしまって。
理解力の低下が著しいと云うか…。

少し前に別件でも物凄く怒ったことがあって。
それは我が家の愛犬黒ぼんのことで。
私が朝晩しっかり散歩に連れて行ってるから親父は行かなくていい。と伝えてあるにもかかわらず連れて行くのはまあ良しとして。
勝手におやつをあげたり甘やかしたりして躾がままならないのも100歩譲ってまあ良しとして。
どうしても許せないのが散歩のときにリードを外して走り回らせる事。
これを何としても阻止したい。でも私も仕事があるし一日中見張ってるわけにもいかない。何度怒っても聞く耳を持たない。「誰も居ないところで放してるから大丈夫や。飛び付くのも遊びたいからや。」と、平然と云う。
一度見ず知らずの人に飛びかかってその人の怒りを買い、「訴えますよ!」って云われたこともあるのにそれを「大げさな。」と笑う。
笑い事じゃない。怒られて当たり前だ。世の中には犬が苦手な人もたくさん居る。犬が好きな人でも真っ黒な大型犬が全力で走ってきたらびっくりするし飛び付かれて汚されたくない服を着てたりもする。そもそもリードを外すことは条例違反だ。最低限のルールなんだから守ってくれ。
と、必死で云うと「何をそんなに興奮してるんや。しょーもない。鬱陶しい。」と逆切れする。
ああ、犬を飼っちゃいけなかったんだ我が家は。
だからといって今更黒ぼんを手放すなんて考えられないし。いっそ犬を連れて家を出ようかとも思うけどそういう訳にもいかないし。
悩みは尽きませんわ。

さて。そんな親父も土曜日に無事に退院しまして。
体力は落ちているものの、生活はもう全く普通通りにして問題ないって事なので私はストレス解消に出かけることにしました。

イメージ 10

「染織こだま」さんの木綿展が中之島であったんでした。

イメージ 2

朝一番にお邪魔したらお客さんはまだ誰も居なくてゆっくりお店の人のお話を聞きながら反物を物色。ああ幸せ
幸せついでにうっかり大散財してしもたがね

イメージ 3

モスリンの反物から羽織を。それと片貝木綿。二つも買っちゃった〜
こころやさんの赤札市もあったんだけど時間と予算の都合で行けず。残念。

こだまさんの後は天満天神繁昌亭の昼席へ。

イメージ 4

当日券を買おうとしたら満席で補助席しかなくてびっくり。休日は繁昌してるのね。

イメージ 11

イメージ 6

お隣の大阪天満宮も大賑わいでした。どうやら梅まつりってのが開催されていたようでアルコールも売られていてちょっとしたパーティー?フェス?状態でした。神社なのにクラブのような音楽がドンドン鳴ってて不思議でした。猿回しなんてのも見られました。

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

上方落語協会とsou・souのコラボの手拭を半衿とシュシュにしました。その半衿&シュシュからのコーデです。黒地に緑、ピンク、黄色のラインが入った着物(リサイクル)にひさかたろまんのいちじくの半幅帯、ピンクの帯締めにピンクの帯揚げ(100均)緑の足袋に玉子色の鼻緒の下駄でした。慌てて着付けたら尻から裾のラインが歪んじゃった。後ろもちゃんとチェックしないと駄目ですね。

イメージ 9

おまけは誕生日に友達がくれた手塚治虫の落雁!落雁って!!!好物なんですけどね。
緩衝材がしっかり入ってたのに火の鳥が欠けちゃってました。勿体ない。

この記事に

初弘法市

久しぶりに弘法市に行ってきました。
去年は一度も行けなかったんだっけ?一度くらい行ったかな?
ってくらいに久しぶりでした。
21日と日曜日が重なった時しか行けないんですわ。

そして初弘法と日曜日が重なったとあっちゃ混雑は必至。
なので朝も早よから出かけたんでした。それにね。近隣の駐車場が弘法市が開催される日だけ30分200円とお高くなるの。でも朝の8時までは通常料金なんです。

イメージ 1

護摩木を書いてお参りを済ませてからぶらぶら散策。
太陽が昇り始めたところだったのでまだ設営中のお店もありました。
でも、着物やさんにはすでに掘り掘りしている人が!
ちらっと見たところ、どのお店にも余り惹かれる物もなさそうだった(掘り起こす気力もなかった)のでちりめん山椒やら酒粕やら漬物やらを物色。
結局食べ物しか買わなんだ

イメージ 2

弘法市を冷やかした後はお正月に食べ損ねたあぶり餅屋さんへ

イメージ 3

朝が早すぎて開店前でした

帰ろうか。と、私が云うとツレが珍しく「待とう」と云ってくれました。わーい

イメージ 4

後からツレにどうして待つ気になったのか聞いてみたら、これを逃すとまた一日中「あぶりもち〜〜」と、うらめしや〜のトーンで云われると思ったからだそうです

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7イメージ 8

京都競馬場に寄って帰りました。

イメージ 9

おーく損で買った琉球絣風紬にたまさまからの頂き物のグレーの半幅帯。着物の柄の色と帯の色柄が合わせて買ったみたいにぴったりでした半衿は居内商店のアウトレット。臙脂の三分紐に梅の帯留、臙脂の別珍足袋に小倉さんの下駄でした。家を出た時間がまだ夜明け前で暗かったので全身画像は無し。
最初みんさー帯を合わせようと思ったんですがもっさりした私が着ると野良着感が果てしないのでこちらに変えたんでした。太っちゃってどうにも鏡を見たくないし着物のコーディネートを考えるのにも気持ちが入りません。悪循環です。体重を何とかせねば〜←ずっと云ってる

その一週間前は正雀寄席でした。

イメージ 10

   枝鶴 時うどん
   小鯛 ちりとてちん
   枝鶴 米揚げ笊

師匠が前座噺!?と思ったけどどっこい。さすが師匠。聞き飽きた噺なのにめっちゃ楽しく聞けたんでした。
バタバタしていて交流会に参加できず。ちょっと残念な一日だったかな〜。

イメージ 11

イメージ 12

縞の紬に南天柄の袋帯、白、緑、紫あともう一色は何だったかな?の、4色帯締めにくすんだ緑の帯揚げ居内商店の半衿に臙脂の別珍足袋(ヘビロテです)に小倉さんの鼻緒の下駄でした。台はちぐささん。御覧の通り小物が今週のコーディネートとほぼ同じです。洗濯して引き出しの一番上に仕舞ったものをそのまま使った感じですね。
半衿を外してから洗濯してればきっと違う半衿にしたんだろなあ。ズボラだなあ

あ、そうそう!落語会でよく顔を合わせる知り合いの方が全身SOU・SOUでした。
駄洒落じゃありませんよ!
ところでね、落語を通して知り合った友人を「落友」と表現するみたいなんですがこれ、なんて読むんでしょう?「おちとも」?それとも「らくとも」?

イメージ 13
それにしても全身を上から撮るのはやめて欲しい
少し前に地下足袋を買って以来すっかりSOU・SOUのファンになったそうです。
本物の芸人さんよりも芸人さんぽいね!なんて皆に云われてらっさった。
こんなの私も着てみたいわ〜

この記事に

走り初め

日曜日。
以前ほぼ毎週末一緒にトレーニングしていた仲間からのお誘いで「新春走り初め会」というのに参加してきました
半年以上走っていないくせに何故そんな会に参加したかと云うと…。
走った後の懇親会が目当てでした。←絶賛体重激増中なのにね!

イメージ 1

高さ制限2mのトンネル画像では分かりませんが、かなり急勾配で不思議な雰囲気でした。

イメージ 2

コースは平地半分山半分。トレーニング不足どころかゼロ状態+重量オーバーでの参加は本当に無謀でした

イメージ 3 

ところでねえ奥さん。スマホに搭載されているGPSを初めて使ってみたんですよ。
16㎞のコースの途中からGPSをオン。ゴールを14㎞に設定して走り出すと1㎞毎に残りの距離と1㎞何分ペースで走っているか、今のペースで走れば何分でゴールするかとを音声でお知らせしてくれるんです。立ち止まると「work out paused」と云われ。←スマホの言語を英語に設定してるんですわ。ゴールまで残りわずかのところで上り坂に負けて歩きかけると「You almost there. you can do it!」と叱咤激励され
驚きの連続だったのでした。スマホって賢くて恐ろしい

私の鼻先にぶら下がっていたご褒美はこちら美味しかった

イメージ 4

翌日の成人の日は神戸に出かける約束をしていました。が。
朝目覚めるとベッドがから起き上がれない。身動きができない。金縛りです。
嘘です。
全身筋肉痛でした
おまけに雨
もう全くやる気が起きません。出掛けるのを止めようかとも思ったんですが約束を反故にするわけにもいかず。ドタキャンして責められる方が厳しいの

怒られたくないから嫌々出かける用意をしたさ〜。

イメージ 5

やる気ゼロなので当然前回の使いまわし。そして雨なのでポリ。
向かった先は神戸市立博物館でした。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8 イメージ 9

神戸に着いた時には雨は上がっていたのですが展示を見終えて外に出たら土砂降りでした博物館内では「お腹空いたね!南京町で飲茶しよっか小籠包が食べたいねな〜んてはしゃいでたのにそんな気分も消え去り三宮オーパでご飯を食べて帰りましたとさ。ああぐったり

ちなみに私は未だに筋肉痛が治りません

イメージ 10

友達にキノットという炭酸飲料を貰いました。カンパリみたいな薬草系?の日本人には馴染みのない味。炭酸が抜けてたのでちゃんとしたのを飲んでみたい。それとも炭酸が抜けた感じなのが普通なのかしらん。

この記事に

新春満腹

イメージ 16
新春万福

少しばかり出遅れましたが(例年の事ですね)
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

ぼちぼち休みも終わって日常が戻ってきましたねえ。かくいう私も今日から仕事です。休み気分は抜けきらずだらけておりますけれどもさ。

休み中に片づけようと持ち帰った仕事は完全放置で(早くしなきゃ)とにかく食って食って喰いまくったおかげで顔がまん丸っすよ。
いまだかつてないくらいに体重が増えてしもた

元日は恒例の道頓堀角座での新春落語づくしの会に行ってきました。

イメージ 1

もちろん笑福亭枝鶴師匠の追っかけです

イメージ 2
左の画像は笑福亭松喬さんとチキチキジョニー。

イメージ 3

お正月なので一張羅を着ました。一見無地に小花模様に見える着物はよく見ると投網と貝が描かれている琉球藍型。半衿はひめ吉さんの独楽。帯は先日リサイクルショップで買った遠山風景。初めて締めたので前柄が横にずれちゃった。同系色の帯飾りをぶら下げて目の錯覚を狙っています。←無理かくすんだ水色の三分紐にパールの帯留、くすんだ青に雪を散らしたような帯揚げ、あずき色のたびっくすに畳表の下駄でした。
例によってお正月の道頓堀は外国人観光客しか歩いていなかったような気がします。


明けて2日はこれまた去年と一緒でツレと下鴨神社に初詣でした。

イメージ 4
イメージ 6

イメージ 5

橘や小鳥、雪輪などいろんな柄がぎっしりの小紋はおーく損で1000円くらい。帯は博多半幅。後から帯揚げを足しました。水色の三分紐にハチドリの帯留。帯と同系色の半衿、裏ネルの薄緑色の足袋に畳表の下駄でした。

イメージ 7 イメージ 9

下鴨神社なので葵の文様の羽織を着ました。羽織紐は自作。昭和感たっぷりの羽織の丈が気に入らないのですがこころやさんには長すぎるよりも好い。と云っていただいたので気にせず着ることにしました。羽織の丈を見てもらうために画像を貼りましたが目を閉じちゃってるよ。着物も帯も羽織も全部リサイクルで昭和臭満載ですね。この着姿を見てツレがいつもよりも気合が入ってる!と思ったそうです。着物の柄のせいですかねえ。柔らかモノだし。

そして3日。
これまた去年と同様高校時代の友人たちと新年会
違ったのは去年までは汚れてもいい着物で出掛けていたのを今年は犬達が居ないので縞の紬にたことくらいかな。帯は先日慌てて作った小倉充子さんの「食べる犬」。
半衿はひめ吉さんの松竹梅。抹茶色の三分紐に銀製の富士山帯留。赤紫の別珍足袋に小倉さんの虫の下駄でした。

イメージ 8

ところでこの帯。大失敗が発覚しました。
手ぬぐいの色と土台の帯の色が大きく違うので斜め横からお太鼓の裏側の雑な処理が丸見えなんですよ奥さん!迂闊でした。去年は黒い帯に黒っぽい手ぬぐいだった上に角出し風にしていたから裏は全く気にならなかった。ふが〜〜。この柄を角出し風にするのは難しいと思って普通のお太鼓にしたのが裏目に出るとは…。
ついでに云うとお太鼓がちょっと小さい。そして帯がとてつもなく短くて二重には巻けないんでした。三分割にする時に手先を短く取ったとしても短かったです。とほ。

出掛けた先はミナミ。とっても高級感あふれるお肉屋さんでした。

     イメージ 10

                                           イメージ 11  

イメージ 12 イメージ 13

イメージ 14

とても美しい料理の数々はきっとインスタ映えとかを意識されてるんでしょうねえ。
お腹がはちきれるくらいたらふく食べたのに友人宅でゆっくりコーヒーを飲んでから〆のラーメンを食べにもう一度外へ

イメージ 15

これまたフレンチみたいなクリーミー濃厚スープのラーメン都会は色々見たことないもんがたくさん溢れてますわ〜。びっくりですよ。

さ〜て。
溜まった仕事と脂肪をどうにかせにゃ。
皆さんのブログも読みたいし、録画したテレビ番組も見たいしたいへーん!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事