日本人は死んでしまったのか?

パソコンを使うのも、、、最近、疲れたな…

エンジニアはかく語りき

すべて表示

奴隷船に乗る名誉

奴隷船に乗る名誉

ソフトウェア開発プロジェクトは、有期限の作業という意味では、船の航海に近いのかもしれない。
準備をして港を出港し、進路を決め、目的地を目指す。
目的地に到着するためには、日々航路を確認し、微調整を繰り返し、進む。
海が穏やかな時もあれば、出港したことを後悔するような酷い嵐に巻き込まれることもある。
しかし、もう海の上である以上は、簡単には「あ、これはナシね」とはいかない。

プロジェクトが始まると、そう簡単にはメンバから抜け出すことは出来ない。
それは船と一緒で、目的地に着くまでは、途中で海に飛び込んでサメの餌食になるか、流木に捕まって流れていき、溢れんばかりの海水の上で喉が乾ききって死ぬ以外に選択肢は無い。
それ以外の選択肢があるとすれば、船の上で怒れる船長(管理者)にバラバラにされて、方法こそ違うがやはりサメの餌(悪くすれば、小魚の餌)になることになる。

乗船するも下船するも、選択の自由が無いという意味では、プロジェクトのメンバは奴隷船の奴隷だ。
奴隷だから、権利は無い。義務のみが課せられる。

船に乗ると、船長が声高に物申す。
この船の行く先には未来があり、そこは楽園である。(無事に着けばの話だが)
船に乗ることはとても名誉なことだとも語り、誰も目にも無謀だと分かる無邪気な計画をまくし立てる。
無邪気なだけで、害がなければ許されようが、無邪気ゆえに害以外の何者でもない。

やる前から分かっている無理な納期とコスト。
品質をまったく考慮しないとしても、潜在意識が「無理だ」と理解してしまう。
潜在意識は正直だ。
そうなると、集団で反乱を起こして船長をバラバラにしてサメの餌にしてやりたくなる。
本当の船ではそのような選択肢もあるかもしれないが、ソフトウェア開発プロジェクトでは、別な船長が配属されて終わりになるケースがほとんどだ。
奴隷が奴隷船を降りるには、死ぬ以外の選択肢が無い。

奴隷の中にも階級があり、リーダ、担当者、サポーターなどがある。
奴隷だから悲惨さに程度の差はあまりないが、上級奴隷ほど肉体的と精神的なストレスを受ける。
下級奴隷は体力さえあれば、次の航海まで生き延びることが可能だ。

リーダクラスの奴隷に多少の知恵があれば、他の奴隷をうまく使って、自分だけは生き延びることができるだろう。
だが、それも限度がある。
結局は奴隷なのだから。

航海の途中で、船長は奴隷をこき使うが、奴隷が全員死んでしまっては大変だ。
船長の役目は奴隷が死んだとしても、船を目的地に到着させること。
しかし、全奴隷が死んでしまっては船は目的地に到着できない。
「生かさず殺さず」といったコントロールが必要になる。
幸運なことに、日本では奴隷は非常に従順であることが多い。
これが欧米の奴隷だったら、船長ひとりで目的地につかなきゃならないだろう。
しかし、日本だ。そこが重要だ。
黙って働く。本心は地獄の業火のようにメラメラ燃えていても、だ。
いや、メラメラという表現は妥当ではないかもしれない。
奴隷にまで身を落とした段階で、そのようなモチベーションは破壊されているかもしれない。

昔読んだ「蟹工船」を思い出す。

希望の光が見えるときには、三途の川にかかった暗雲が切れたときだと知る。
ソビエト連邦は崩壊し、ベルリンの壁は崩れ去ったが、世界は混沌としたままであることに変わりはなく、
ソフトウェア開発プロジェクトも、一つの壁が崩壊しても、別の壁が立ちはだかる。
プロジェクトでは缶詰は作らないが、言ってはならないこと(プロジェクトが失敗するとか)は缶詰よりも硬いものに幽閉される。
出来ないはずは無いという、暗黙の了解という硬い缶詰の中に。

これがゲームなら、すぐにゲーム機の電源を切って、無意味な世界と隔絶できるだろう。
仮想と現実を分離することが可能なら。

危険な航海は、ときどき、船員たちを異常にハイな状態にすることがある。
一体感が生まれる。
正常な状態ならば、それはチームワークと呼ぶにふさわしいかも知れないが、極限の状態での「ハイ(高揚感)」は危険だ。
考えることを放棄して、自暴自棄になった可能性が高い。
誰もが考える。

「俺が失敗したってどうってことない。いずれは失敗するのだから」
「誰かが頑張って、きっとこの地獄を脱出できるに違いない。でも、ヒーローは俺じゃない」
「やるだけのことはやった。後は運を天に任せるだけだ」
「神も仏もないものか」
「この苦しみは自分のものじゃない。きっと他人のものだ」

出口の無い船上で、いろんな妄想がうずまく。

私はかつて、午前0時を過ぎたときに、横に座っていた先輩が突然笑い出すのを目撃したことがある。
笑わずにはいられないのだろう。
もう、何日も帰っていないのだから。
笑いは世界を救うか?いや、限られた人だけ救うのだ。大多数のその他の人は救われない。

運良く、死なずに目的地にまで辿り着いたときには、会社を辞めるかもしれない。
いや、潜在意識が「辞めろ」とつぶやく。
奴隷の身分から脱出するには、それ以外の選択肢が無いと思い込むようになる。
踏ん張れるのか?それとも脱落か?
脱落するという思考は日本人に強いようだ。欧米や中国ではそんな風には考えないと聞いた。
確かに、中国人はすぐに辞めていく。
ある意味、清々しいくらいにあっさりと。
夫婦別姓などの仕組みは受け入れがたいが、あの大胆さ(ときに、狡猾さ)は、今の日本人も学習したほうが良いかもしれない。

この世界はとても残酷、だ。

壁の外に出て行かなくても、実はこの壁(会社)の中にも、人を喰う巨人は存在するのだから。

その他の最新記事

すべて表示

「中国で模倣ガンダム?」 http://sankei.jp.msn.com/world/china/101218/chn1012181709004-n1.htm わはは。これのどこがオリジナルなんだろう? コピー天国とは ...すべて表示すべて表示

「防衛産業 維持に向け官民合同の研究会発足 F15後継機を共同開発へ 中朝にらみ「検討加速化」」 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101130/plc1011300155000-n1. ...すべて表示すべて表示

「60年代の中国地図、尖閣諸島は日本領と認識―米紙」 http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/100917-191757.html おい、中国、、、言ってること変わってるぞ。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事